« 短距離路線に新たなスターが誕生 | トップページ | 大阪杯で改めて感じた横山典騎手の凄さ »

2016年4月 3日 (日)

4月9・10日の注目馬情報

注目ランクB
中館 厩舎
チュラカーギー
※中山5-6R・3歳500万下・ダ1200mに出走予定

前走後、引き上げてきた石川は、開口一番「連勝できますよ!」と陣営に興奮気味に語ったそうだ。確かに、早め先頭から押し切る横綱相撲で好時計圧勝、鞍上が強気になるのも頷ける内容だった。レースを重ねるごとに時計を詰めているだけでなく、位置取りを上げている点も好感が持てる。昇級で他にも速い馬はいるだろうが、様々な位置取りで競馬をした経験値で勝る。

注目ランクB
鹿戸雄 厩舎
エフティスパークル
※中山5-5R・3歳未勝利・芝2000mに出走予定

デビュー戦の新潟戦で3着。札幌に転戦した前走は、後に重賞勝ちするキャンディバローズの2着。レコードのオマケ付きの決着だった。その後、中山開催は使わず、秋の東京戦で復帰の予定が、骨折が判明して長期休養を余儀なくされ、陣営としては、もう少し早くの出走を見込んでいたものの、ここまで延びてしまった。休み明けでイキナリ2000mだが、スタートが遅いのでむしろこれくらいあった方が良いとの見方もある。能力的に未勝利はアッサリの馬で、ここは待望の復帰戦となる。

注目ランクMM
梅田智 厩舎
ヒデノインペリアル
※阪神5-12R・4歳上1000万下・ダ1800mに出走予定

西のブレーンからチョッと面白い報告が入ってきた。際どい内容を含むため、ココではオフレコ、詳細は週末情報に譲ることにするが、これまで武豊がずっと乗ってきたこの馬、今回はワケあって荻野琢が乗ることになったようだ。稽古から乗ってクセを掴んでいるとのことで、「一発狙っていきますよ」と近しい関係者に威勢のイイ話をしているという。乗り替わりの真相とともに、最終情報を楽しみにしていただきたい1頭。

|

« 短距離路線に新たなスターが誕生 | トップページ | 大阪杯で改めて感じた横山典騎手の凄さ »

次週注目馬速報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1466872/64793032

この記事へのトラックバック一覧です: 4月9・10日の注目馬情報:

« 短距離路線に新たなスターが誕生 | トップページ | 大阪杯で改めて感じた横山典騎手の凄さ »