« 3月5・6日の注目馬情報 | トップページ | 3月12・13日の注目馬情報 »

2016年3月 2日 (水)

少頭数ながら実績馬が揃った中山記念

先週の第90回中山記念は、出走頭数こそ11頭と少なめですが皐月賞馬が3頭集まり、他のメンバーも重賞での実績ある馬ばかりの何とも豪華なレースとなりました。

どの馬が勝ってもおかしくない今回は非常に予想が難しかったのですが、その中で僕が注目していたのが4番人気アンビシャス

鞍上のルメール騎手はこれまでに3戦騎乗し3勝、初重賞勝利となった昨年のラジオNIKKEI賞も彼が手綱を握り相性は抜群。

馬の良さを存分に引き出してくれる腕に期待をこめての本命です。

レースは後方で待機、脚をためるだけためて、最後の直線では豪快に大外を伸びてきたものの勝ち馬にクビ差届かず残念ながら2着に終わりました。

ただしスローペースでこの馬には不向きな展開だったことを考えれば、最後の上がりの脚も素晴らしいものだったし十分すぎるほどに力は見せてくれたと思います。


強敵にはやはり1番人気、昨年の2冠馬ドゥラメンテをあげました。

ただ本命としなかったのは、骨折による9か月のブランクと当日の馬体重がプラス18キロだったこともそうですが、復帰戦のここ(中山記念)を目標としていない陣営が、100パーセントの仕上げをしてこないと考えたからです。

結果はその予想をあっさりと覆すような凄い走り。

実績と能力からこの馬を外すわけにはいかないと思って強敵としましたが、今回の勝ちっぷりには脱帽ですね。

とにかく強いとしか言いようがない。

スタート良く5番手で流れに乗って、直線に向くと早めの先頭。

そのまま良い伸び脚を見せて後続の追い上げをしのぎ、ゴール板を1着で駆け抜けました。

さすがダービー馬。

レースを終えて、ここで負けてはいけない馬なのだと強く感じました。


またもやデムーロ騎手・ルメール騎手のワンツーです。

昨年JRA所属となってから何度この組み合わせを見てきたことでしょう。

有力馬に乗っているという点を除いても、彼らの騎乗は見るたびに感心させられ驚かされることが多く、この2人なら勝って当然だと納得してしまう腕を持っています。

本当にレース運びから馬の追い方・残し方など全てが上手です。

余談ですが、前日土曜日に阪神で行われたアーリントンCでのデムーロ騎手など、まさに神業としか思えない騎乗をしました。

騎乗馬レインボーラインの脚がすでにいっぱいいっぱいで、周りの馬が次々と追い上げて今にもズルズル後退していってもおかしくない様子であったにもかかわらず、その混戦のたたき合いを制し勝利をもぎ取りました。

馬の気持ちを諦めさせない、馬が最後の最後まで力を発揮できるような乗り方=技術がデムーロ騎手にはあります。

あの展開でレインボーラインを勝たせることができる騎手が他にいるでしょうか。

日本競馬で毎週、彼の騎乗が見られるのは幸せなことです。

元ジョッキーとして見ているだけでもワクワクするのだから、もし現役のジョッキーで同じレースに出ているとしたら尚更、かなりの刺激を受けるでしょう。

また今週末のレースが楽しみです。


3着に2番人気リアルスティールが入りました。

昨年の菊花賞以来のレースで身体に少し余裕があったのでしょうか、直線では思ったよりも弾けず、じわじわと差を詰めていっただけのように感じました。

鞍上の福永騎手は1番人気馬ドゥラメンテをマークする形でレースを進めて、じつに理想的なポジション・流れに持ち込んだと思いますが、差し切るまでには至りませんでした。

このレースで勝つか、負けてもハナ・クビ差の接戦になっていなければ、この先ドゥラメンテという怪物を負かすことができるのか少し不安です。

今回の福永騎手に関しては、優等生らしいとても上手な乗り方だったと思いますが、ドゥラメンテに勝つためには何か手を考えなければ、次に対戦するときも同じ結果に終わりそうな気がします。

|

« 3月5・6日の注目馬情報 | トップページ | 3月12・13日の注目馬情報 »

レース回顧」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1466872/64245427

この記事へのトラックバック一覧です: 少頭数ながら実績馬が揃った中山記念:

« 3月5・6日の注目馬情報 | トップページ | 3月12・13日の注目馬情報 »