« シュンドルボンを導いた吉田豊騎手の選択 | トップページ | 皐月賞へ向けての最終便スプリングS »

2016年3月21日 (月)

3月26・27日の注目馬情報

注目ランクB
尾形充 厩舎
ラレッサングル
※中山1-4R・3歳未勝利・芝1600mに出走予定

当時、勝利に見放されて大スランプだった柴田善騎手、その不調ぶりを象徴する下手乗りとなった前走。その後は一息入れて立て直しての出走となる。坂路で軽快な動きを見せて、仕上がりは良さそうだ。新馬戦3着、2走前の未勝利戦2着と力上位は明らか。今回から馬主の要望で鞍上は吉田豊騎手に替わる予定。キッチリ決めてくれるだろう。

注目ランクB
鹿戸雄 厩舎
ネオヴェルザンディ
※中山2-3R・3歳未勝利・芝1800mに出走予定

ここまで連続2着。デビュー前から「ゆくゆくは短距離にシフトすると思う」と聞いている馬で、若干だが距離が長い分で終いの粘りを欠いているようにも思うのだが、素質のある馬は距離適性をギリギリまで狭めたくないというのは、調教師の心理としてよく分かる。その意味で、ココは結果を出しておかなければ今後の見通しが立たないというもの。3戦目でデキもイイ。勝機到来。

注目ランクMM
手塚 厩舎
パブロ
※中山2-6R・3歳500万下・芝1200mに出走予定

放牧先から帰厩して、まだ全体的に重いところがあるという話。最終的な出否は最終追い切りの動き次第ということになるようだが、「能力を出せる仕上がりに届けば、好勝負しますよ」と、周辺には楽しみにしている者が多いと聞く。ダートで勝ち上がっての芝転戦となるが、それもどうやらプラス材料と見られているようだ。出走してくるようなら走れる態勢ということ。その際は要注意。

|

« シュンドルボンを導いた吉田豊騎手の選択 | トップページ | 皐月賞へ向けての最終便スプリングS »

次週注目馬速報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1466872/64572529

この記事へのトラックバック一覧です: 3月26・27日の注目馬情報:

« シュンドルボンを導いた吉田豊騎手の選択 | トップページ | 皐月賞へ向けての最終便スプリングS »