« 抜けた3頭がやはり上位3着を独占 | トップページ | シュンドルボンを導いた吉田豊騎手の選択 »

2016年3月13日 (日)

3月19・20・21日の注目馬情報

注目ランクMM
手塚 厩舎
マレーナ
※中山7-12R・4歳上1000万下・ダ1200mに出走予定

人気を裏切る大敗を喫した前走だが、少々気難しさがある馬だけに、内枠で揉まれる競馬になったことが堪えた様子。「まともならあんなに負けることはありません」と、レース直後に次走での巻き返しを期す話が聞こえてきた。少し間隔は開いたが、仕上がりに問題はないとの報告。外枠が条件になるが、それが叶えば勝ち負けに持ち込める。

注目ランクB
国枝 厩舎
サトノセレリティ
※中山8-12R・4歳上1000万下・ダ2400mに出走予定

ダートの長距離戦というと淡々と流れる事が多いが、この馬が出走した前走は、スタート直後からガンガン前でやりあい、実況アナウンサーも思わず『まだ一周目です』と言った程。その厳しいペースに巻き込まれない様、慎重に流れに乗り、直線で先頭に立って押し切りを狙おうとしたが、展開が嵌ったシップウに差し切られてしまい2着だった。思えば、4走前の札幌戦でもこのシップウに負けており、相手が悪かったとも言える。この中間も順調に来ており、今週は長めから追い切って気配も絶好。今度こそ決めてもらいたいところだ。

注目ランクMM
宗像 厩舎
スマイルシャワー
※中山7-8R・4歳上1000万下牝・芝2000mに出走予定

乗り手に聞けば折り合いが相当に難しいとのこと。今回もそれが課題になりそうだが、テン乗りになる三浦は、放牧先にまで足を運んで感触を確かめているらしく、コンタクトはシッカリ取れている。実戦でもその効果でピタリと折り合ってくれれば、潜在能力の高さを発揮してくれるかもしれない。

|

« 抜けた3頭がやはり上位3着を独占 | トップページ | シュンドルボンを導いた吉田豊騎手の選択 »

次週注目馬速報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1466872/64431962

この記事へのトラックバック一覧です: 3月19・20・21日の注目馬情報:

« 抜けた3頭がやはり上位3着を独占 | トップページ | シュンドルボンを導いた吉田豊騎手の選択 »