« 武豊騎手の騎乗なくして語れないAJCC | トップページ | ダート界の新星がGI前哨戦を圧勝 »

2016年1月31日 (日)

2月6・7日の注目馬情報

注目ランクB
田中章 厩舎
ピュアコンチェルト
※東京4-9R・春菜賞・芝1400mに出走予定

新馬を勝って以降、目立った成績が出ていないこの馬だが、乗り手の評価はかなり高く、2走前に乗った小牧も『重賞級』と話していたそうだ。前走は菱田がジックリと構えすぎた挙句、外を回し過ぎるというロスの大きい競馬。「普通に乗ってくれれば勝ち負けできる馬」と、厩舎サイドは巻き返しを狙っているそうだ。鞍上は戸崎を予定しているとのこと。

注目ランクB
松永幹 厩舎
シャルール
※東京3-10R・初音S・芝1800mに出走予定

もどかしいほど勝ち切れなかったのも今は昔。中京で好時計勝ちすると、続く京都戦も強敵を完封する好内容での勝利。「完全に本格化しましたね」と厩舎サイドもかなり手応えを掴んでいるそうだ。今回は良い思い出のない東京遠征となるが、「あの頃とは馬が違いますから」と自信満々。連勝を延ばし、牝馬重賞戦線に名乗りを挙げる可能性大。

注目ランクMM
小島太 厩舎
メイショウカノン
※東京4-8R・4歳上1000万下・ダ1300mに出走予定

毎年、あまりスタートダッシュが良くないこの厩舎だが、今年は中山開催だけで早くも3勝をマーク。その内容も重賞、オープン特別と高額条件のレースを制しており、中身も優秀だ。来年の2月で引退~解散となるだけに、これまで以上に厩舎関係者の士気が上がっているらしい。そんな勢いに乗る厩舎から、前走後にジックリ立て直して、条件ベストのココまで待ったこの馬。500万2勝目を挙げるのに少し時間を要したが、前走の勝利をキッカケに、ココはポンポンと連勝と行きたいところ。

|

« 武豊騎手の騎乗なくして語れないAJCC | トップページ | ダート界の新星がGI前哨戦を圧勝 »

次週注目馬速報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1466872/63729830

この記事へのトラックバック一覧です: 2月6・7日の注目馬情報:

« 武豊騎手の騎乗なくして語れないAJCC | トップページ | ダート界の新星がGI前哨戦を圧勝 »