« ジョッキー視点での若馬に乗る難しさ | トップページ | 武豊騎手の騎乗なくして語れないAJCC »

2016年1月24日 (日)

1月30・31日の注目馬情報

注目ランクB
加藤征 厩舎
ストライクショット
※東京2-1R・3歳未勝利牝・ダ1400mに出走予定

前走後は一息入れて放牧に出して立て直し。中山は見送り、東京開催までジックリと待った。「まだ折り合いに課題はありますが、休ませて成長は感じます。これまで戦ってきた相手を考えると、今の未勝利はだいぶ相手が楽になっているので、ここは決めたいです」とイキナリから勝負気配の陣営。

注目ランクB
伊藤大 厩舎
マリーズケイ
※東京1-12R・4歳上500万下・芝1600mに出走予定

これまでの良績が中山に偏っている分、前走でキッチリ決めたかったところと見ていたが、厩舎精通のブレーンによれば「完全に本格化した今なら、東京でも問題ないと見ているようです」と、陣営はコース替わりに不安はない様子。無理使いせずにジックリ待ったのも、その自信があるからこそということだろう。石川もこの馬は手の内に入れており、東京開幕週の星勘定に入れているそうだ。

注目ランクMM
藤沢和 厩舎
レッドルーファス
※東京2-10R・節分S・芝1600mに出走予定

昨年の夏以来の出走。だいぶ休養が長引いてしまったが、この厩舎らしく無理せず良くなるまで待った結果。先週あたりから馬はグンと良くなってきていると聞いており、緒戦から能力全開も十分可能だろう。既に現級も勝っている実力馬。もっと上の舞台での活躍も期待されているだけに、仕切り直しの一戦で無様な競馬はできないだろう。

|

« ジョッキー視点での若馬に乗る難しさ | トップページ | 武豊騎手の騎乗なくして語れないAJCC »

次週注目馬速報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1466872/63622684

この記事へのトラックバック一覧です: 1月30・31日の注目馬情報:

« ジョッキー視点での若馬に乗る難しさ | トップページ | 武豊騎手の騎乗なくして語れないAJCC »