« 12月19・20日の注目馬情報 | トップページ | 12月26・27日の注目馬情報 »

2015年12月16日 (水)

抜群のスタートと高い完成度が呼んだ圧勝劇

[PR]
3連単10点で万馬券を当てるより、
圧倒的に簡単で同じだけ儲かる馬券
それが『穴の単複1点』勝負です。

完全無料
朝日杯FS
単複1点勝負

↓ ↓ ↓
情報はメールアドレスのみで見られます



12月も半ばを過ぎ、2015年の競馬も残りわずか。

先週は阪神競馬場で2歳牝馬のGⅠレース、第67回阪神ジュベナイルフィリーズが行われました。


2歳女王決定戦を制したのは、1番人気メジャーエンブレムでした。

ゲートが開いた瞬間に1頭だけ抜群のスタートを切ると、易々と2番手のポジションを確保し、逃げたキリシマオジョウがハナを主張した後にペースを落としたのと同時にその流れに乗りました。

この一連の動きを見て、ずいぶんと乗りやすそうな馬との印象を受けました。

鞍上のC.ルメール騎手の手綱操作をすぐさま受け入れられるあたり、馬がかなり賢いのでしょうし、2歳馬にしては完成度が高いと思います。

3番手以降の好位グループはこの遅くなった流れに対応できず、引っかかったりして折り合いに苦心する騎手の姿が多数見られました。

メジャーエンブレムにとっては後続馬に余裕をもって楽に追走してこられるよりも、うまく流れに乗れていない方が有利なわけで、まさに絶好の展開。

こうまで理想的なレースにもっていけた決定要因は、やはりスタートです。

スタートが良くすんなりと2番手につけられたおかげで、3番手以下が戸惑うようなペースダウンにもすぐに対応できたわけで、この乗り方でなければ今回の圧勝劇はなかったかもしれず、それほどまでにルメール騎手の騎乗が完璧だったと言えます。

これで来年の桜花賞最有力候補として名乗りを上げたことになりますが、同じ距離・舞台で行われる桜花賞はもちろん、僕としては更に距離が延びても全く問題ないと考えているので、ずっと先の話とはいえオークスでも好勝負になると踏んでいます。


2着には10番人気ウインファビラス

好位グループでポジション含め感じ良くレースを運べているように見えましたが、ゴチャつくシーンがあり少しかかり気味になってしまい、直線ではなかなかの脚いろで追い込むも前半にスムーズさを欠いたためか勝ち馬を脅かすまでには至りませんでした。

若馬にとっては1戦1戦の経験が成長につながるので、次走はもっと上手に息を入れることができているでしょうし、重賞でも十分に通用する馬と思います。


15番人気ながら僕がひそかに期待していたペルソナリテは6着でした。

鞍上の柴田大騎手が「レース間隔が空いた(8月末の新潟2歳S以来)せいか、行きっぷりが良くなかった」と語ったように、確かに行く気があまり無かったのかポジションは最後方になってしまいました。

競走馬はレース間隔が空くと、久しぶりの競馬でテンションが上がり入れ込んでしまう場合や、ペルソナリテみたいにハミを取っていかない場合があります。まぁ、これも成長とともに落ち着いてくるでしょう。

レースに参加したのは直線のみという内容で、勝ち馬には離されましたが2着馬とは0.6秒差ならば次走でもぜひ狙いたいと思います。



[PR]
3連単10点で万馬券を当てるより、
圧倒的に簡単で同じだけ儲かる馬券
それが『穴の単複1点』勝負です。

完全無料
朝日杯FS
単複1点勝負

↓ ↓ ↓
情報はメールアドレスのみで見られます



中央競馬 ブログランキングへ

|

« 12月19・20日の注目馬情報 | トップページ | 12月26・27日の注目馬情報 »

レース回顧」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1466872/62996344

この記事へのトラックバック一覧です: 抜群のスタートと高い完成度が呼んだ圧勝劇:

« 12月19・20日の注目馬情報 | トップページ | 12月26・27日の注目馬情報 »