« 2015年11月 | トップページ | 2016年1月 »

2015年12月

2015年12月31日 (木)

とうとう大きな舞台で大きな仕事をやってのけました

2015年を締めくくるGIレース、第60回有馬記念が中山競馬場で行われました。

今年最後の大一番を制したのは8番人気のゴールドアクター。僕も可能性のある穴馬として注目していました。

3歳時、春の青葉賞までも十分好走していますが、一息入れた8月に500万下を勝ち上がってからの勢いは凄まじく、菊花賞3着を除いた出走レース全てで勝利をおさめ、前走のG2アルゼンチン共和国杯で初重賞制覇。馬の飛躍的な成長ぶりに加え、今回の有馬記念は上位人気馬がピークの出来になく、また前走の疲れが残っていそうな顔ぶれだったため、一発があるならこの馬と考えました。そして鞍上の吉田隼人騎手に、そろそろ大きなタイトルを勝ち取ってほしいという気持ちもありましたね。9年前のちょうどこの時期、僕の引退日のこと。まだデビュー3年目の吉田隼騎手に“記念に馬具をください”と言われ、僕の鞍がレースで騎手とともに再び戦ってくれると思うと無性に嬉しく、喜んで応じました。彼は忘れているかもしれませんが、あの若い彼の姿が強く記憶に残っており、引退してからも彼の活躍をずっと見てきました。その吉田隼騎手がとうとう大きな舞台で大きな仕事をやってのけました。

レースではスタートをうまく出していき、逃げ馬がやってきたら壁を作って折り合いをつける、見事としか言いようがない騎乗。どのレースもそうですが、インで逃げ馬の後ろに入り追走するのが、最も脚がたまる上に抜け出すのにも苦労せずに済むため、勝つためという点で一番良い騎乗です。4枠7番という好枠順だったこともふまえ、このポジションを取りに行こうと頭の中で何度もレースを組み立てていたのでしょう。だからこそスタート直後に手綱をしごいていき、先頭に立ったその後はすぐに折り合いに専念、逃げ馬を待つという一連の流れがスムーズにできたのだと思います。彼の思ったとおりに前半のレースが進んで、あとは仕掛けどころさえうまくいけば勝てそうな手応えをゴールドアクターに感じていたのではないでしょうか。直線で抜け出すタイミングも良く、外から2着馬が猛追するもクビ差しのいでゴール。どんなレースでも勝利は嬉しいものですが、やはり初めてのGI勝利は格別で、これまでに経験したことのない感情に胸がいっぱいになったはず。僕も久々に直線では大きな声を上げて応援してしまいました。心から嬉しく思います。

2着に5番人気サウンズオブアース。勝ち馬とほぼ同じポジションでレースを進め、直線もよく伸びているものの、吉田隼騎手のパーフェクトな乗り方にクビ差届かず2着。M.デムーロ騎手の騎乗も完璧といえるものだったので惜しいと思いますが、仕方ありません。

やはり注目していた6番人気ルージュバックと2番人気リアファルについて、まずルージュバックは上がりが切れる馬なので中団の位置取りは良かったし、自分のレースができていました。ただ春先に見られた鋭い脚が使えず、最後はなだれ込む感じで10着どまり。53キロとはいえ3歳牝馬が古馬の一線級と互角に戦うのはまだ厳しかったのか、それとも距離的なものが敗因なのかは判断しかねますが、見せ場がなかったことは残念でした。しかし次走もあらためて注目したい1頭ではあります。リアファルはスタート直後に2番手につけてテンポよく走れていたようですが、2周目3・4コーナーからズルズルと後退しはじめ、レース中に何か異変が生じたとしか考えられない動きをしました。鞍上C.ルメール騎手も無理に動かそうとはせず、レースをあきらめた感じでじっと騎乗しまさかの16着。彼曰く「スタートして200mほどでうごきがおかしくなった」とのことですが、最近の出来が良かっただけに今回このような結果になり関係者は無念でしょう。



中央競馬 ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年12月27日 (日)

1月5日の注目馬情報

[PR]
3連単10点で万馬券を当てるより、
圧倒的に簡単で同じだけ儲かる馬券
それが『穴の単複1点』勝負です。

完全無料
東西金杯
単複1点勝負

↓ ↓ ↓
情報はメールアドレスのみで見られます



注目ランクB
田中剛 厩舎
ショウナンアンセム
※中山1-10R・ジュニアC・芝1600mに出走予定

昇級戦の前走は未勝利を勝ったばかりで人気はなかったが、マイルの流れに対応して10番人気ながら3着と好走。次走はオープンという事で、また人気の盲点になりそうだが、「思っていた通り、距離を延ばして良さが出ました。前走後も順調だし、距離も2度目で楽しみです」と陣営。

注目ランクB
宮本 厩舎
エノラブエナ
※京都1-9R・初夢S・ダ1900mに出走予定

またも2着と苦杯を舐めた前走だが、厩舎はすぐに「斤量差。力負けじゃない」と話していたそうで、この馬の地力に対する信頼は揺るぎないようだ。ソラを使う馬で、乗り方は難しいが、そのあたりは主戦の小牧がスッカリ掴んでおり、もういい加減負けられないと力が入るところ。まだ重賞獲りを諦めた様子はなく、年明け一発目でキッチリ勝ち上がりたい。

注目ランクB
清水英 厩舎
モンドクラフト
※中山1-4R・4歳上500万下・ダ1800mに出走予定

厩舎内部には、「(現オープンの)兄モンドクラッセ以上の素質を秘めている」という者さえいるほどで、最下級条件でいつまでもウロついてはいけない好素材。前走も陣営は自信を持っていたが、やや強気に乗りすぎたか、結果的には勝ち馬の目標にされる形になってしまった。その後も順調に来ており、「もう負けられません」と厩舎サイドはキッパリ。三浦騎手サイドも新年一発目の星勘定。



[PR]
3連単10点で万馬券を当てるより、
圧倒的に簡単で同じだけ儲かる馬券
それが『穴の単複1点』勝負です。

完全無料
東西金杯
単複1点勝負

↓ ↓ ↓
情報はメールアドレスのみで見られます



中央競馬 ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年12月23日 (水)

文句無しだったエアスピネル、凌いで見せたリオンディーズ

[PR]
3連単10点で万馬券を当てるより、
圧倒的に簡単で同じだけ儲かる馬券
それが『穴の単複1点』勝負です。

完全無料
有馬記念
単複1点勝負

↓ ↓ ↓
情報はメールアドレスのみで見られます



今年の競馬もあと1週。

先週は阪神競馬場で第67回朝日杯フューチュリティステークスが行われました。

朝日杯3歳Sから現在の競走名に変更されて15年、そして昨年から阪神競馬場での開催になりましたが、長い間慣れ親しんできた競走名とコースの感覚がいまだ抜けず、完全に慣れるにはもう少し時間がかかりそうです。


さて、2歳のGⅠレースというと、レースの経験が1~4戦ほどで1~2勝しかしていない馬がほとんどなので能力を判断しづらいうえに、何が勝ってもおかしくないメンバー構成になるのか、又は関係者の間で前評判が高い1~3頭に人気が集中するのかによっても狙い方が変わるので予想が非常に難しいものですが、今年は能力が頭一つ抜けていると感じる馬が1頭出走しました。

それが単勝1.5倍の1番人気馬エアスピネルです。

2戦2勝、特に前走のGⅡデイリー杯2歳Sは2着に3馬身半をつける圧勝で、その勝ちっぷりの凄さには、誰もが1着でゴールを駆け抜ける姿を想像したのではないでしょうか。

さらに鞍上の武豊騎手にはGⅠ完全制覇がかかっているため、今年の朝日杯FSを勝ってぜひこの前人未到の偉業を成し遂げたなら、ドラマとして完璧な形だったかもしれません。

そしてレースが始まり、前半の半マイル通過が47.3秒と2歳馬のレースといえども遅いペースの中を、エアスピネルは中団の位置につけてレースを進めました。

自信と余裕たっぷりで微動だにせず騎乗する武豊騎手の様子から、馬に対して心からの信頼を抱いていることがわかります。

直線に入り、満を持して抜け出すとあっという間に後続馬に差をつけましたが、そこへ大外から1頭だけ脚いろの違う馬が飛んできました。


それが名手M.デムーロ騎手を鞍上に2番人気でレースに臨んだリオンディーズでした。

エアスピネルは文句なしのレース内容で負けてなお強しといった印象。

直線を向いたときは勝利を確信して、武騎手の大記録達成の瞬間を今か今かと待っていましたが…本当に残念でなりません。

リオンディーズはスタートがイマイチで最後方から追走しながら、直線に向いて大外を回し出走馬15頭を抜き去るのだから凄いとしか言いようがありません。

この凄い脚自体はもちろん馬の素質によるものですが、今回の勝利はその馬の力を引き出した騎手の腕が最大の要因であることは間違いありません。

道中無理することなく仕掛ける時が来るまで十分にパワーを蓄積する騎乗をしたデムーロ騎手。

相手が悪かったと思うしかないでしょう。

武豊騎手は今回残念でしたが、エアスピネルの競走馬としての戦いはまだ始まったばかりです。

年を越してこのまま無事に成長し続けたら、春のクラシックでは当然主役を張る器。

レースではリオンディーズと再び顔を合わせるでしょうし、本当に春が待ち遠しいです。


3着は人気薄のシャドウアプローチが入りました。

未勝利戦とOPを連勝し、前走GⅡレースでも3着の実績があるにも関わらず今回の11番人気の低評価はじつに不思議でした。

おそらく鞍上がもともと関東所属であったために関西圏では馴染みが薄く、軽視されてしまったのかもしれないと思いました。

もし鞍上が前走で手綱をとったC.デムーロ騎手であればもう少し人気を集めていたでしょう。

確かに今回の鞍上である中谷騎手には目立った実績がなく、それゆえに中堅と呼ばれる年齢になって騎手としての将来を考え、悩み、苦しんだ結果、関西への移籍を決めました。

たぶん自分なりに期限を設けて、これで駄目なら引退と覚悟して移籍したのだと思います。

関西の関係者の信頼に応えるべく努力し、着実に乗り鞍を増やして、今では乗り鞍が増えれば腕も上がる好循環にハマったようで、ローカル開催などで騎乗数はもちろん人気馬に乗る機会もかなり多くなり、これまでの苦労が報われつつある様子。

今回のシャドウアプローチの騎乗も、1・2着馬に離されはしましたが勝ち馬を道中マークするそつのない乗り方で、馬の力を十分に発揮させられたと思います。

次走もこのコンビで参戦できることを期待しています。



[PR]
3連単10点で万馬券を当てるより、
圧倒的に簡単で同じだけ儲かる馬券
それが『穴の単複1点』勝負です。

完全無料
有馬記念
単複1点勝負

↓ ↓ ↓
情報はメールアドレスのみで見られます



中央競馬 ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年12月20日 (日)

12月26・27日の注目馬情報

[PR]
3連単10点で万馬券を当てるより、
圧倒的に簡単で同じだけ儲かる馬券
それが『穴の単複1点』勝負です。

完全無料
有馬記念
単複1点勝負

↓ ↓ ↓
情報はメールアドレスのみで見られます



注目ランクB
大江原 厩舎
ケルベロス
※中山7-3R・2歳未勝利・芝1600mに出走予定

新馬戦は中団から流れ込んでの6着だったが、鞍上の横山典騎手は『良かったよ』と高評価。新馬勝ちを期待していた厩舎サイドとしては物足りなさもあったようだが、「名手がそういうなら次は良いだろう」と、改めて期待したところ、今度は追い込んで2着。指示なしで自由な発想で乗ってもらったのが吉と出た。「中間も順調だし、前走の脚を見ると中山の急坂は合いそうです。3戦目の今回こそ勝ちを期待します」と陣営。

注目ランクB
梅田智 厩舎
テーオーヘリオス
※阪神7-10R・妙見山S・ダ1400mに出走予定

今年最終週に並々ならぬ意欲を見せている梅田智厩舎。その中にあって、先週、今週と坂路で好時計をマークしてデキの不安がないこの馬こそ、その主役候補らしい。「レッツゴードンキがいない間はコッチに頑張ってもらわないと。来年はオープンで走らせたい。怖いのは除外だけ」と担当も自信を持っているそうだ。

注目ランクB
二ノ宮 厩舎
パワーポケット
※中山7-11R・師走S・ダ1800mに出走予定

関西遠征の前走でも本社情報にて本命公開した馬だが、その前走も後続に影をも踏ませぬ圧勝。当日の馬場傾向を味方に付けたことは確かだが、騎乗した三浦に言わせれば「まだまだ余力がありました。ココに来ての成長力が素晴らしい」と、決して恵まれたものとは言えないようだ。いよいよオープンの舞台に上り詰めたココ。勢いに乗って連勝を延ばすことができるか注目したい。



[PR]
3連単10点で万馬券を当てるより、
圧倒的に簡単で同じだけ儲かる馬券
それが『穴の単複1点』勝負です。

完全無料
有馬記念
単複1点勝負

↓ ↓ ↓
情報はメールアドレスのみで見られます



中央競馬 ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年12月16日 (水)

抜群のスタートと高い完成度が呼んだ圧勝劇

[PR]
3連単10点で万馬券を当てるより、
圧倒的に簡単で同じだけ儲かる馬券
それが『穴の単複1点』勝負です。

完全無料
朝日杯FS
単複1点勝負

↓ ↓ ↓
情報はメールアドレスのみで見られます



12月も半ばを過ぎ、2015年の競馬も残りわずか。

先週は阪神競馬場で2歳牝馬のGⅠレース、第67回阪神ジュベナイルフィリーズが行われました。


2歳女王決定戦を制したのは、1番人気メジャーエンブレムでした。

ゲートが開いた瞬間に1頭だけ抜群のスタートを切ると、易々と2番手のポジションを確保し、逃げたキリシマオジョウがハナを主張した後にペースを落としたのと同時にその流れに乗りました。

この一連の動きを見て、ずいぶんと乗りやすそうな馬との印象を受けました。

鞍上のC.ルメール騎手の手綱操作をすぐさま受け入れられるあたり、馬がかなり賢いのでしょうし、2歳馬にしては完成度が高いと思います。

3番手以降の好位グループはこの遅くなった流れに対応できず、引っかかったりして折り合いに苦心する騎手の姿が多数見られました。

メジャーエンブレムにとっては後続馬に余裕をもって楽に追走してこられるよりも、うまく流れに乗れていない方が有利なわけで、まさに絶好の展開。

こうまで理想的なレースにもっていけた決定要因は、やはりスタートです。

スタートが良くすんなりと2番手につけられたおかげで、3番手以下が戸惑うようなペースダウンにもすぐに対応できたわけで、この乗り方でなければ今回の圧勝劇はなかったかもしれず、それほどまでにルメール騎手の騎乗が完璧だったと言えます。

これで来年の桜花賞最有力候補として名乗りを上げたことになりますが、同じ距離・舞台で行われる桜花賞はもちろん、僕としては更に距離が延びても全く問題ないと考えているので、ずっと先の話とはいえオークスでも好勝負になると踏んでいます。


2着には10番人気ウインファビラス

好位グループでポジション含め感じ良くレースを運べているように見えましたが、ゴチャつくシーンがあり少しかかり気味になってしまい、直線ではなかなかの脚いろで追い込むも前半にスムーズさを欠いたためか勝ち馬を脅かすまでには至りませんでした。

若馬にとっては1戦1戦の経験が成長につながるので、次走はもっと上手に息を入れることができているでしょうし、重賞でも十分に通用する馬と思います。


15番人気ながら僕がひそかに期待していたペルソナリテは6着でした。

鞍上の柴田大騎手が「レース間隔が空いた(8月末の新潟2歳S以来)せいか、行きっぷりが良くなかった」と語ったように、確かに行く気があまり無かったのかポジションは最後方になってしまいました。

競走馬はレース間隔が空くと、久しぶりの競馬でテンションが上がり入れ込んでしまう場合や、ペルソナリテみたいにハミを取っていかない場合があります。まぁ、これも成長とともに落ち着いてくるでしょう。

レースに参加したのは直線のみという内容で、勝ち馬には離されましたが2着馬とは0.6秒差ならば次走でもぜひ狙いたいと思います。



[PR]
3連単10点で万馬券を当てるより、
圧倒的に簡単で同じだけ儲かる馬券
それが『穴の単複1点』勝負です。

完全無料
朝日杯FS
単複1点勝負

↓ ↓ ↓
情報はメールアドレスのみで見られます



中央競馬 ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年12月13日 (日)

12月19・20日の注目馬情報

[PR]
3連単10点で万馬券を当てるより、
圧倒的に簡単で同じだけ儲かる馬券
それが『穴の単複1点』勝負です。

完全無料
朝日杯FS
単複1点勝負

↓ ↓ ↓
情報はメールアドレスのみで見られます



注目ランクMM
田村 厩舎
オープンザウェイ
※中京5-7R・3歳上500万下・芝1400mに出走予定

長期休養明けをひと叩きした前走は4着までだったが、「行きっぷりが一息だったし、直線の入り口で前が窮屈になってしまいました。最後は良い伸びを見せたので、前半もう少しスムーズに流れてくれればという競馬でした」と厩舎サイド。そう悲観している様子はなかった。叩き3戦目の今回は芝のレースを予定しているとのこと。使い減りするタイプなので、今回くらいまでで結果を出さないと、また立て直さなければいけない。ゆえに、ココで何とかしたいところではある。

注目ランクB
藤沢和 厩舎
ルノンキュール
※中山6-7R・3歳上500万下牝・ダ1800mに出走予定

ダート路線に矛先を転じてから崩れ知らずの安定株。ただ、陣営によればダート適性云々よりも『恐がりな気性が徐々に解消してきたことが大きい』とのこと。まだまだ出世を見込んでいる馬らしく、そろそろ“安定株”からの脱却を見込んでいるようだ。北村宏の戦線離脱により、今回は若手のホープ石川が手綱を取る。彼も最近は本当に乗れている。

注目ランクMM
梅田智 厩舎
クラウンヴォルカン
※中京5-5R・2歳新馬・ダ1800mに出走予定

今週、阪神のダ1800を除外になり来週にスライドとなったが、西のブレーンからの報告によると、1本追い足りない感じだったらしく、「むしろ良かった」という厩舎サイドの反応らしい。追い切りに乗った松山が「まだ緩いところあるけど能力ありそう」と珍しく褒めていたという話を聞いているのだが、彼は日ごろから辛口のジャッジが多いことで知られており、それだけ感触を掴んでいるということがよく分かる。コレは好勝負になりそうだ。



[PR]
3連単10点で万馬券を当てるより、
圧倒的に簡単で同じだけ儲かる馬券
それが『穴の単複1点』勝負です。

完全無料
朝日杯FS
単複1点勝負

↓ ↓ ↓
情報はメールアドレスのみで見られます



中央競馬 ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年12月 9日 (水)

サンビスタの脚を引き出した冷静な好騎乗

[PR]
3連単10点で万馬券を当てるより、
圧倒的に簡単で同じだけ儲かる馬券
それが『穴の単複1点』勝負です。

完全無料
阪神JF
単複1点勝負

↓ ↓ ↓
情報はメールアドレスのみで見られます



先週日曜日に中京競馬場で行われた第16回チャンピオンズカップ。

芝のジャパンカップと対をなす形で2000年に第1回ジャパンカップダートの名称で始まったこのダートGⅠは、東京2100mから2008年に阪神1800mへ舞台を移し、そして2014年からは名称を現在のチャンピオンズカップに変えて中京1800mコースで開催されることになりました。

コースを全面リニューアルしてまだ4年目の中京競馬場、チャンピオンズカップ開催も今年が2度目でデータが少ないこともあり思った通りのレース展開にはならない、というのは言い訳かもしれませんが、今年は波乱の結果となりました。

今年の優勝馬は12番人気サンビスタ

昨年のこのレースでも15番人気ながら4着に入っていて、力はあるんですよね。

ただ馬の能力もありますが、今回1番の勝因が鞍上のM.デムーロ騎手の好騎乗にあることは間違いありません。

内側の4番枠からスタートし、先頭集団に取りついて、1コーナーに入る前にはそこから一歩引いて折り合いをつけました。

ここが1番のポイントです。

逃げ~先行4頭のうちクリノスターオー(ボウマン騎手)とガンピット(バートン騎手)には外国人騎手が乗っていて、彼らは、逃げると思われるコパノリッキーのハナを叩いてやろう、場合によっては自分がハナを取ろうとの考えがこちらにも伝わってくるほどの、馬をどんどん前へ出していく乗り方をしました。

そのせいで前半に少々流れが速くなり、先頭集団の4頭は息が入らないまま1コーナーから2コーナーを回っていった感じがします。

競馬では逃げ馬と、それを追いかける先頭集団は当然ゲートが開いた瞬間に馬を“出して”いきます。自動車の運転に例えると、エンジンがかかりアクセルをぐんと踏まれ、いきなり5速のトップスピードに乗るイメージでしょうか。

その状態からいかに早くギアを下げていくかがカギで、今回前にいた馬たちはこれができないまま向正面に入ってしまったため、最後の直線で脚が上がり、掲示板に載ることもできない結果となりました。

M.デムーロ騎手は、この先行馬たちの争いには加わらず、自分だけ好位の絶好のポジションで前の動きをうかがっていました。

彼だけが1コーナーに入るときにすでに3速あたりまでギアを落とすことができていたため、サンビスタの脚が十分にたまり、直線でしっかり伸びてこれたのでしょう。

前半のレース運びですでに勝負は決まっていたように思います。

本当に大レースで頼りになるジョッキーです。

2着は3番人気ノンコノユメが入りました。

速い流れのレースについてゆけず、3コーナーではC.ルメール騎手の手が動くほどハミを取っていかない感じだったのが、追えば追うほど伸びるタイプだったようで、終始内ラチ沿いを進んでそのまま最内から抜け出してきました。

3歳馬でこれだけ走れるのだから今後も期待が膨らみます。

3着は5番人気サウンドトゥルー

前走JBCクラシックでも良い脚で2着に好走し、なんといっても28戦して3着内率が7割を超える安定感のある馬なので、今回も流れひとつで十分勝機はあると思いましたが、位置取りが最後方になってしまったのが少々痛かったかもしれません。

少なくとも後方集団にいれば、最高の結果になっていた可能性があります。

直線に向いて進路を大外へもっていかなくてはならないロスはかなり大きく、4コーナーまでにどこを切り開くか狙いを定めて進路を確保しなければ今回のように後れを取ってしまいます。

もう少し前のポジションに置いて、直線で中を割ってきていれば…と悔やむ内容ではありますが、11年目とはいえまだ20代の大野騎手には場を読む感性や度胸を養う良い勉強になったのではないでしょうか。



[PR]
3連単10点で万馬券を当てるより、
圧倒的に簡単で同じだけ儲かる馬券
それが『穴の単複1点』勝負です。

完全無料
阪神JF
単複1点勝負

↓ ↓ ↓
情報はメールアドレスのみで見られます



中央競馬 ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年12月 6日 (日)

12月12・13日の注目馬情報

[PR]
3連単10点で万馬券を当てるより、
圧倒的に簡単で同じだけ儲かる馬券
それが『穴の単複1点』勝負です。

完全無料
阪神JF
単複1点勝負

↓ ↓ ↓
情報はメールアドレスのみで見られます



注目ランクMM
柄崎 厩舎
スズカブレーン
※中京3-12R・犬山特別・芝1400mに出走予定

6ヶ月半ぶりだった前走は、直線で前が塞がってしまい完全に脚を余しての6着。スムーズならば……と悔やまれるレースだった。この中間、新潟の飯坂温泉特別を除外になり、ここまで延びてしまったが、馬は使った上積みがあり上昇気配。距離の1400mも、ここ一連のレースを見ると良さそうな感がある。スムーズに運べれば500万では力上位で巻き返しが期待される。

注目ランクB
清水英 厩舎
モンドクラフト
※中山3-7R・3歳上500万下・ダ1800mに出走予定

圧勝に次ぐ圧勝で重賞戦線まで駒を進めたモンドクラッセの下にあたるこの馬。その兄と同じ日に勝ち上がったわけだが、非常に中身の濃い内容だったと感じた。あの走りを見た厩舎内部からは「むしろ素質はコッチの方が上」という声も挙がったという。まだまだ伸び代のあるキャリアであり、昇級戦でも楽しみが勝る。兄を越える日もそう遠くないかもしれない。

注目ランクB
田中章 厩舎
アテンフェスタ
※阪神3-3R・2歳未勝利・ダ1400mに出走予定

初戦は1週前の時点で「このレベルなら」という状態だったものの、直前でトモをおかしくしてしまったという裏話。立て直した前走はダート替わりも相まってガラリ一変の走りを披露、能力のあるところを見せてくれた。その前走後、ジョッキーから「1800mより1400mの方が絶対にいい」という進言があったとのこと。間隔は開いたが仕上がりは良好とのこと。イキナリから好勝負になりそうだ。



[PR]
3連単10点で万馬券を当てるより、
圧倒的に簡単で同じだけ儲かる馬券
それが『穴の単複1点』勝負です。

完全無料
阪神JF
単複1点勝負

↓ ↓ ↓
情報はメールアドレスのみで見られます



中央競馬 ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年12月 2日 (水)

池添騎手が気迫で呼び込んだGI勝利

[PR]
3連単10点で万馬券を当てるより、
圧倒的に簡単で同じだけ儲かる馬券
それが『穴の単複1点』勝負です。

完全無料
チャンピオンズカップ
単複1点勝負

↓ ↓ ↓
情報はメールアドレスのみで見られます



先週は東京競馬場で第35回ジャパンカップが行われました。


GIレース2勝を含む重賞4連勝中の1番人気ラブリーデイ

前々走の京都大賞典そして前走の天皇賞・秋では好位から上手くレースを進め、もったままの状態で先頭に立って押し切る強い競馬、やはり1番人気に推されていましたね。

今回のジャパンカップも鞍上の川田騎手が、これまで勝ってきたようなレース運びを心がけていたと思いますが追い出してからの伸びが少し違いました。

レース後に川田騎手が「後続が来たので行かざるを得なくなった」と語ったことについて、これは騎手本人からすれば少々早仕掛けだったのかもしれませんが、僕が思うに距離が長くなり、その分だけ末脚が甘くなってしまったのではないでしょうか。

3着に敗れたとはいえ今年5歳になってからの大活躍は本物の強さを持つ証。

古馬になってこれほどの強さを発揮する馬は久々に見る気がします。

次走も重い印を打たざるを得ないでしょうね。


ジャパンカップは近年、外国馬の成績が芳しくありませんでしたが、今年のメンバーは久しぶりに海外組で勝負したくなるような顔ぶれが揃い、イラプトイトウナイトフラワーの3頭は結果的に最先着のイラプトが6着であとは11着18着と惨敗を喫しました。

1981年に第1回ジャパンカップが行われ、僕が騎乗した日本馬最先着の5着ゴールドスペンサーが当時の日本レコード2分25秒8と同タイムの走りで頑張ってくれたものの上位4頭の外国馬が想像以上の強さで、日本馬は外国馬に到底歯が立たないのではないかとの思いがレースを観た全ての人間にあったようですが、今やジャパンカップは日本馬の独壇場。

ジャパンカップだけでなく海外でも好結果を残している現在、日本競馬のレベルが上がったことを実感しています。


今年のジャパンカップ優勝馬は、昨年の秋華賞を制したショウナンパンドラでした。

前々走のオールカマーで同じ4歳牝馬のヌーヴォレコルトを下して差し切り勝ちをおさめ、前走の天皇賞・秋では15番枠に入り外々を回らされながらも良い脚で追い込んで4着に好走しました。

しかし鞍上の池添騎手はその4着という前走の結果に納得しておらず、敗因として外を通ったことによるロスだと考えていたようで、今回も天皇賞・秋と同じく15番枠からのスタートながら決して外を回ることなく、二度と前回の失敗を繰り返さないとの固い意志をもって騎乗していました。

ショウナンパンドラも鞍上の気持ちに応えるように持ち前の鋭い末脚を発揮し、ゴール前は3頭のたたき合いになりましたがクビ差とらえ見事1着でゴール板を駆け抜けました。

勝因は池添騎手のコース取りの上手さと勝利に対する執念。

彼の気迫が勝利を呼び込んだのだと思います。

大レースで人気馬が負けると次走で鞍上を替えて臨むことも多い現在、今回の池添騎手のように続けて乗せてもらうことがいかに有難いか。

巻き返しのチャンスをくれたオーナーや調教師への感謝とともに、騎手は前走の騎乗を反省し、考えに考えて次こそはと必死になります。

そうして掴んだ栄光は全ての関係者にとって大きな誇りとなり、そうして生まれた名コンビはファンの心に深く刻まれることでしょう。

これからもこのコンビで良いレースができるよう応援したいと思います。



[PR]
3連単10点で万馬券を当てるより、
圧倒的に簡単で同じだけ儲かる馬券
それが『穴の単複1点』勝負です。

完全無料
チャンピオンズカップ
単複1点勝負

↓ ↓ ↓
情報はメールアドレスのみで見られます



中央競馬 ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年11月 | トップページ | 2016年1月 »