« 11月7・8日の注目馬情報 | トップページ | 11月14・15日の注目馬情報 »

2015年11月 4日 (水)

代打騎乗でも落ち着いた手綱さばきを見せた浜中騎手

[PR]
3連単10点で万馬券を当てるより、
圧倒的に簡単で同じだけ儲かる馬券
それが『穴の単複1点』勝負です。

完全無料
アルゼンチン共和国杯
単複1点勝負

↓ ↓ ↓
情報はメールアドレスのみで見られます



朝晩の寒さに晩秋を感じるこの頃。競馬の世界GⅠシーズン真っ盛りです。

3歳馬の3冠レースは終了しましたが、まだまだ多くの重賞レースが控えています。

大井競馬場では15年目を迎えるJBCがあったり、馬齢や牡牝、芝ダート問わず競走馬たちのハイレベルな戦いは続きます。


先週は第152回天皇賞・秋が行われ、1番人気ラブリーデイが優勝。

今年に入りこれでGⅠ宝塚記念を含む重賞6勝目となりました。5歳になってからの好走により本格化が目立ちますが、2歳~4歳の間も重賞で2・3着があるように戦績からも十分高い素質を秘めていることが見てとれます。

今回の勝利で中距離に敵なしというイメージは揺るぎないものとなり、この先は王者として他馬の挑戦を受けて立つことになりました。

鞍上は浜中騎手。

主戦を務めていた川田騎手が騎乗停止になったため代打騎乗でしたが、冷静にそつなく乗りこなしました。

GⅠレースで急遽1番人気馬の騎乗依頼があるなど普通の騎手には考えられないこと、じつに騎手冥利につきますね。

浜中騎手はこの馬には過去に1度、皐月賞で騎乗したことがあり多少は気楽な部分があるもののもちろん相応のプレッシャーがついてくるはずですが、全く硬さを感じさせない落ち着いた手綱さばきでした。

4枠8番の内寄りの枠順が良かったとはいえスローペースの流れで4番手を進み、直線に向くと先頭に並びかけ馬なりで手綱を持ったまま。

追い出しを我慢して抜け出したのがラスト200mからと、余裕さえ感じさせる騎乗を見るからに、かなり手応えが良かったのでしょう。

前走の京都大賞典で上がり32.3秒脚を使った馬なので、スローペースで位置取りは前々というこの天皇賞はラブリーデイにとってもってこいのレース展開となり、好位から脚をためて最後は上がり33.7秒の脚。

横綱相撲といえる圧勝でした。


2着に大外から伸びてきた10番人気ステファノスが入りました。

中団あたりで追走、上がり勝負になったこのレースであの位置取りからよく2着までこれたと思います。

今春、香港のGⅠクイーンエリザベス2世Cで2着に入る実力馬ですからこのくらい走ってもおかしくありません。



[PR]
3連単10点で万馬券を当てるより、
圧倒的に簡単で同じだけ儲かる馬券
それが『穴の単複1点』勝負です。

完全無料
アルゼンチン共和国杯
単複1点勝負

↓ ↓ ↓
情報はメールアドレスのみで見られます



中央競馬 ブログランキングへ

|

« 11月7・8日の注目馬情報 | トップページ | 11月14・15日の注目馬情報 »

レース回顧」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1466872/62362939

この記事へのトラックバック一覧です: 代打騎乗でも落ち着いた手綱さばきを見せた浜中騎手:

« 11月7・8日の注目馬情報 | トップページ | 11月14・15日の注目馬情報 »