« 10月17・18日の注目馬情報 | トップページ | 10月24・25日の注目馬情報 »

2015年10月14日 (水)

1番人気の逃げ馬に競りかけない騎手の心理

[PR]
3連単10点で万馬券を当てるより、
圧倒的に簡単で同じだけ儲かる馬券
それが『穴の単複1点』勝負です。

完全無料
秋華賞
単複1点勝負

↓ ↓ ↓
情報はメールアドレスのみで見られます



先週の東京競馬メインは第66回毎日王冠。

過去の勝ち馬にはオグリキャップやサイレンススズカ、グラスワンダーなどその時代のスターホースがずらりと並び、秋のGⅠシーズン到来を強く感じさせるレースです。

今年の出走頭数は13頭と多くはありませんが全馬が重賞ウィナーという何とも豪勢なメンバー構成となりました。


優勝は1番人気エイシンヒカリ

鞍上は前々走からコンビを組む武豊騎手です。

東京競馬場の芝1800mコースは、ゲートを出たらすぐに左に曲がり2コーナーに入るため外枠であればあるほど外へ振られてしまう不利がありますが、大外13番枠に入ったエイシンヒカリは好スタートを決めてあっという間に先頭に立ちました。

馬と喧嘩せず流れるようにゲートを出せるあたりはさすが武豊騎手というほかありません。

レースは1000m通過59.9秒のスローペースになり、開幕週のパンパンの馬場であることを考えると逃げ切りが濃厚な展開。

逃げ馬にとっては前半いかに折り合い、後半のために脚をためられるかが重要ですが、その点で武騎手はパーフェクトといえる騎乗をしましたね。

レース終盤に向けて体力を温存した彼の騎乗が勝利につながりました。

今回のように、レースにおいて1番人気の逃げ馬がすんなりと先頭に立ったとき、他の騎手は決して競ることはしません。

ゲートを出て2・3番手につけた馬(騎手)からすれば、最も強いと思われる馬に対しては競るよりも後ろにピタリとつけて直線で勝負に出る方が得策と考えるからで、百戦錬磨の武豊騎手にとってはまさにそれが狙い。

その通りの展開へ誘導するためにスタートをビシッと決めたのは見事です。

もちろん鞍上の思い描いた通りのレース運びができるのもエイシンヒカリのスタートセンスの良さゆえでしょう。

3歳春にデビューし9戦8勝の圧倒的な強さ。その全てが1800~2000mという戦績から、クラシック路線には目もくれず、関係者がその「時」が来るまで大事にこの馬を育ててきたのがわかります。

まだまだ底は見せておらず、次走GⅠの大舞台でも期待できそうです。


2着に4番人気ディサイファ

道中はロスなくインの4・5番手を追走、前走勝った札幌記念もそうでしたが前目でレースをするようになり、行き脚もつくようになったのか、全体的にレース運びが上手になっている印象を受けました。

ゴール前もしっかりとした伸び脚で見せ場は十分すぎるほど。現在の状態なら、展開によるでしょうが天皇賞・秋でも怖い存在と思います。


2番人気のアンビシャスは、スタートでバランスを崩し最後方からのレースになりました。

馬場状態も流れも先行有利のこのレースでは、上がり33.0秒の脚を使っても6着が精いっぱいでした。

これだけの脚を使えるのがわかっている鞍上のM.デムーロ騎手は、レース前にかなりの手応えを感じていたでしょうから、思うような競馬がまるでできなかったことは残念で仕方ないと思います。


今年の毎日王冠で最も印象に残った馬が3着に入ったイスラボニータです。

何の不利もなくスムーズなレース運びができたのもありますが、直線で先頭に立つほどの勢いで上がってきたところは凄い迫力があり、GⅠホースの底力を感じました。

7か月ぶりの競馬であれだけのパフォーマンスができるのだから陣営は自信をもって次走に臨めますね。

当然、万全の状態で出走してくるでしょうから特に注意しなければならない1頭です。



[PR]
3連単10点で万馬券を当てるより、
圧倒的に簡単で同じだけ儲かる馬券
それが『穴の単複1点』勝負です。

完全無料
秋華賞
単複1点勝負

↓ ↓ ↓
情報はメールアドレスのみで見られます



中央競馬 ブログランキングへ

|

« 10月17・18日の注目馬情報 | トップページ | 10月24・25日の注目馬情報 »

レース回顧」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1466872/62046175

この記事へのトラックバック一覧です: 1番人気の逃げ馬に競りかけない騎手の心理:

« 10月17・18日の注目馬情報 | トップページ | 10月24・25日の注目馬情報 »