« 2015年9月 | トップページ | 2015年11月 »

2015年10月

2015年10月28日 (水)

じっと堪えて乱ペースを乗り切ったキタサンブラック

[PR]
3連単10点で万馬券を当てるより、
圧倒的に簡単で同じだけ儲かる馬券
それが『穴の単複1点』勝負です。

完全無料
天皇賞・秋
単複1点勝負

↓ ↓ ↓
情報はメールアドレスのみで見られます



3歳牡馬クラシック最終戦・第76回菊花賞が京都競馬場で行われ、5番人気キタサンブラックが優勝、オーナーの北島三郎氏にとって初めてのGⅠ勝利をもたらしました。

3000mの長距離レースでは前半・中盤・後半と大まかに展開が分けられます。

今年の菊花賞の場合、前半は17番リアファルと18番スピリッツミノルの外枠2頭が先頭争いをしつつ進んだためハイペース。

中盤は流れが落ち着いてガクッと遅くなり、その遅さを嫌った各ジョッキーが早めに馬を動かしはじめましたが、実際は動いたというよりも遅い流れのせいで折り合いを欠き、かかってしまった馬が多かっただけのように見えました。

皆がどんどん動いて追い抜いていく、そんな状況の中でキタサンブラックは好位の内でピタリと折り合って微動だにしませんでした。

行かせるだけ行かせて自分はじっと待つ。

これが最後の伸びに大きく影響しました。

中盤の乱ペースをうまく乗り切れるかどうかがこのレースのカギでした。

鞍上の北村宏騎手の我慢が1番の勝因だと思います。

僕が注目していた4番人気スティーグリッツはゲートが開く瞬間に立ち上がり、大きく出遅れてしまい万事休す。

仕掛けどころで上がっていき外から差を詰めたものの、そこに取りつくためにかなり脚を使ったので直線での見せ場は無く結果は11着に終わりました。

まともな競馬ができなかったことはジョッキーをはじめ関係者には残念なことと思います。

2番人気馬リアルスティールは2着。

中団で折り合いに専念し、鞍上の福永騎手がなだめながらレースを進めましたが前半から若干かかっている気配があり、さらに中盤でペースが一気に緩んだところから口を割る様子で少しもっていかれ気味になりました。

今回のメンバーの中で能力は最も高いと思っているのですが、リアルスティールにとって向かない流れになると急に脆さが出てしまうような気がします。

手綱が落ち着いたのは仕掛けどころを過ぎたあたりでしょうか。

直線はよく伸びて2着まで迫り、内容から考えるとよくぞここまで来られたと感心しました。

この菊花賞で1番惜しい競馬をしたのが1番人気馬リアファルでしょう。

2・3番手でも競馬はできるものの基本的には逃げた方が持ち味を生かせるタイプなので、17番枠から好スタートを切って積極的に前へと進んでいきましたが、大外スピリッツミノルが手綱をしごいて絶対に譲らない構え。

無理はしないが“できれば”ハナに立ちたい、というスタンスのリアファルは先行争いしたのちに2番手に控えましたが、そこに至るまでに、外から勢いよく来られて少しかかってしまった状態で走ってしまい、思いのほか体力を消耗しました。

もしも最初から馬なりでゲートを出してうまく2・3番手につけられれば、楽に追走できてもっと良い結果になったかもしれませんが、17番枠に入っていることで、ソロっと馬なりでゲートを出していたらインの方から次々と他馬が入ってきて結果的に中団の外々を回らされる不利を受ける可能性が高いでしょうし、あるいはすんなりと逃げられたとしたら、という仮定もスピリッツミノルが何が何でも前に出ると宣言していたので、これもまた難しいところ。

せめて枠順が逆であったらと思います。

京都3000mコースはスタートから3コーナーまであっという間の、じつにジョッキー泣かせのつくりで、枠順次第で乗り方の難しさが倍増します。

いかに名手ルメール騎手とて今回の騎乗内容は仕方ないことかと思います。

3着に残れただけでも立派、十分に力を見せてくれました。



[PR]
3連単10点で万馬券を当てるより、
圧倒的に簡単で同じだけ儲かる馬券
それが『穴の単複1点』勝負です。

完全無料
天皇賞・秋
単複1点勝負

↓ ↓ ↓
情報はメールアドレスのみで見られます



中央競馬 ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年10月25日 (日)

10月31・11月1日の注目馬情報

[PR]
3連単10点で万馬券を当てるより、
圧倒的に簡単で同じだけ儲かる馬券
それが『穴の単複1点』勝負です。

完全無料
天皇賞・秋
単複1点勝負

↓ ↓ ↓
情報はメールアドレスのみで見られます



注目ランクB
萩原 厩舎
バイタルフォース
※東京8-7R・3歳上500万下・ダ2100mに出走予定

ダートに替えてから崩れ知らず。夏の函館では未勝利を勝ち上がった直後の昇級戦でもタイム差なしの2着と好走、早々にメドを立てた。しかし、それ以上に「まだソエがあったんです」と、当時は必ずしも完調とはいえなかったというのだから驚き。そのソエも今はスッキリしているとのことで、主場替わりでもさらに高いパフォーマンスを見せてくれる可能性がある。

注目ランクMM
宗像 厩舎
アンジェリー
※東京9-6R・3歳上500万下・芝1400mに出走予定

休み明け緒戦こそ15着と惨敗したが、その後は4、3着と好走。「使いつつ調子を上げているし、短い距離に適性を見せています。前走後は最終週のココと決めて調整しています。砂を被る心配がない分、芝に替わるのは良いし、今度は上位争いをしてくれると思います」と厩舎サイド。デビュー以来ずっと騎乗している柴田善騎手も、前走の走りで、『次は』という確信を掴んだそうだ。

注目ランクB
宮本 厩舎
フォーアライター
※京都8-5R・2歳新馬・芝1600m内に出走予定

今年、2歳馬が既に5頭勝ち上がっている好調の宮本厩舎。その中にあって「1、2を争う馬です」と高い評価を受けているのがこの馬。一旦デビュー直前まで行ったものの、ソエで再仕上げの形。それでも、「かえって良かったくらい。ドンドン良くなっているんです」と、ジックリやれた分、イキナリからの態勢に仕上がったそうだ。鞍上には浜中騎手を予定しているとのこと。



[PR]
3連単10点で万馬券を当てるより、
圧倒的に簡単で同じだけ儲かる馬券
それが『穴の単複1点』勝負です。

完全無料
天皇賞・秋
単複1点勝負

↓ ↓ ↓
情報はメールアドレスのみで見られます



中央競馬 ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年10月21日 (水)

秋華賞の舞台「京都内回り2000m」の乗り方

[PR]
3連単10点で万馬券を当てるより、
圧倒的に簡単で同じだけ儲かる馬券
それが『穴の単複1点』勝負です。

完全無料
菊花賞
単複1点勝負

↓ ↓ ↓
情報はメールアドレスのみで見られます



先週は京都競馬場で牝馬3冠レース最後の1つ、第20回秋華賞が行われ、1番人気のオークス馬ミッキークイーンが優勝し見事2冠制覇を果たしました。

前走のトライアル戦ローズSでは出遅れて最後方からのレースを強いられましたが、速い流れだったことも味方し2着は確保、また走り自体はGⅠ馬らしい力強いものだったので秋華賞に向けて不安は全くありませんでした。

ただ1つ、直線が短い京都競馬場内回り2000mで行われる秋華賞での注意点として、のんびりしていたら届かないし、かといって早めに動くと3・4コーナーで外に振られて体力を消耗するおそれがあるので、スタートを上手く決めて中団あたりにつけられるかどうかがカギと以前ローズS回顧で書きました。

今回ミッキークイーンが入った大外18番枠は、スタートでミスがあると苦しい展開となる一方、ゲート入れが最後になるという利点もあります。

ゲート内は非常に狭く、そこに入れられることは競走馬の精神的に大きな負担となってしまうため、長く入っていても落ち着いている馬も中にはいますが、レース前でテンションが上がりチャカつくタイプにとっては入ったらすぐにスタートが切られる“最後入れ”はかなり助かります。

ゲート内で待たされてイライラすることなくスムーズにゲートを出られたおかげで、ミッキークイーンは出遅れずに五分のスタートが切れました。

京都2000m内回りは1コーナーまでがあっという間なので、鞍上の浜中騎手が大外枠からどのポジションをどうやって取りにいくか注目していたところ、1コーナーにかかるまでに内側に進路を取り外へ振られることなく馬群の中で折り合いをつける、とてもスムーズなレース運び。

前走もそうでしたが浜中騎手の冷静で度胸の据わった騎乗が良いですね。

勝因として1コーナーにかかるまでの十数秒、この僅かな間に、浜中騎手が大外枠という位置取り的に不利な点を難なくクリアしたことが大きかったのではないでしょうか。

ノットフォーマルが少しとばし過ぎとも思える逃げで前半1000mが57.4秒の超ハイペースの流れを作り中団以降の馬に勝機があるレースで、ミッキークイーンは意外にも4コーナー手前から少々手応えがなくなったように見えたものの、追い出してから力強い伸びで抜け出し後続馬を抑えてゴール。

余力はなくともGⅠ馬の底力でねじ伏せた感じの、その勝ち方に世代ナンバーワンの強さが表れていました。


2着は5番人気クイーンズリング

鞍上がいつも信頼しているM.デムーロ騎手とはいえ、この馬に2000mのレースは長すぎるかな?と思っていたのですが、最後の直線、鋭い脚で伸びてきました。

後方グループで脚をためて直線で大外に出してのレース。

3・4コーナーで前が壁になり動くに動けなかったことが逆にプラスに働いたのかもしれません。


3着には個人的に応援しているマキシマムドパリが入りました。

春にフローラSで3着になりオークス優先出走権を得たときにも書きましたが、母のマドモアゼルドパリには現役時代に騎乗し2回勝たせてもらいました。

そっくりな芦毛の馬体だけでなく、とても乗りやすいタイプだった母の、先行し良い脚で粘ってくれるという特長までもマキシマムドパリは受け継いだようで、今回も速いペースの中を好位で流れに乗り、直線でも最後までよく頑張って走っていました。

好位でレースを進めて上位に残ったのはこの馬だけ、大健闘です。

これまで速い流れのレースも遅い流れのレースも経験し、いずれも好走していることから、鞍上にとって素直で乗りやすい、かなり性格の良い馬なのではないかと思います。

前走まで手綱を取った武豊騎手や今回コンビを組んだ幸騎手みたいな柔らかい雰囲気のジョッキーと相性が良さそうですね。

これからも応援したいと思います。



[PR]
3連単10点で万馬券を当てるより、
圧倒的に簡単で同じだけ儲かる馬券
それが『穴の単複1点』勝負です。

完全無料
菊花賞
単複1点勝負

↓ ↓ ↓
情報はメールアドレスのみで見られます



中央競馬 ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年10月18日 (日)

10月24・25日の注目馬情報

[PR]
3連単10点で万馬券を当てるより、
圧倒的に簡単で同じだけ儲かる馬券
それが『穴の単複1点』勝負です。

完全無料
菊花賞
単複1点勝負

↓ ↓ ↓
情報はメールアドレスのみで見られます



注目ランクMM
奥平 厩舎
トーセンラムセス
※東京7-5R・3歳上500万下・ダ1600mに出走予定

1番人気に支持された前走だったが、出遅れてしまい、慌ててポジションを取りに行ったことが後半に影響したか、最後の伸びを欠いてしまい7着。「揉まれてしまい力を出せませんでした。右回りよりは左回りの方が良いタイプなので、東京に替われば巻き返せます」と厩舎サイド。この中間も熱心に調教に騎乗している菅原騎手には気の毒だが、今回は横山典騎手に乗り替わる予定。

注目ランクB
梅田智 厩舎
テーオーヘリオス
※京都7-12R・大山崎特別・ダ1400mに出走予定

1400mに距離を延ばした前走。実績が1000mに集中していたことから、一般的には距離不安が囁かれていたようだが、本音では陣営は自信満々だったという裏話。レースを見ればその見立てが正しかったことは明らか。アッと驚くような強さを見せ付けた。当然、あの内容なら昇級を苦にすることはない。担当も『コレは自信がある』と先週の時点で話していたそうだ。

注目ランクB
堀 厩舎
ネオリアリズム
※東京7-10R・甲斐路S・芝1800mに出走予定

札幌の2連勝がとにかく破格。現地では「現時点で重賞を使っても勝ち負けできる」という声さえ挙がったそうだ。ルメールが巧みに乗ったことはもちろんだが、馬自身もかなり力を付けていると言っていいだろう。その気性から1ハロン短縮は大歓迎。東京コースも実績がアリ特に問題はない。鞍上にはC.デムーロ騎手を予定。まだまだ連勝は伸びそうだ。



[PR]
3連単10点で万馬券を当てるより、
圧倒的に簡単で同じだけ儲かる馬券
それが『穴の単複1点』勝負です。

完全無料
菊花賞
単複1点勝負

↓ ↓ ↓
情報はメールアドレスのみで見られます



中央競馬 ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年10月14日 (水)

1番人気の逃げ馬に競りかけない騎手の心理

[PR]
3連単10点で万馬券を当てるより、
圧倒的に簡単で同じだけ儲かる馬券
それが『穴の単複1点』勝負です。

完全無料
秋華賞
単複1点勝負

↓ ↓ ↓
情報はメールアドレスのみで見られます



先週の東京競馬メインは第66回毎日王冠。

過去の勝ち馬にはオグリキャップやサイレンススズカ、グラスワンダーなどその時代のスターホースがずらりと並び、秋のGⅠシーズン到来を強く感じさせるレースです。

今年の出走頭数は13頭と多くはありませんが全馬が重賞ウィナーという何とも豪勢なメンバー構成となりました。


優勝は1番人気エイシンヒカリ

鞍上は前々走からコンビを組む武豊騎手です。

東京競馬場の芝1800mコースは、ゲートを出たらすぐに左に曲がり2コーナーに入るため外枠であればあるほど外へ振られてしまう不利がありますが、大外13番枠に入ったエイシンヒカリは好スタートを決めてあっという間に先頭に立ちました。

馬と喧嘩せず流れるようにゲートを出せるあたりはさすが武豊騎手というほかありません。

レースは1000m通過59.9秒のスローペースになり、開幕週のパンパンの馬場であることを考えると逃げ切りが濃厚な展開。

逃げ馬にとっては前半いかに折り合い、後半のために脚をためられるかが重要ですが、その点で武騎手はパーフェクトといえる騎乗をしましたね。

レース終盤に向けて体力を温存した彼の騎乗が勝利につながりました。

今回のように、レースにおいて1番人気の逃げ馬がすんなりと先頭に立ったとき、他の騎手は決して競ることはしません。

ゲートを出て2・3番手につけた馬(騎手)からすれば、最も強いと思われる馬に対しては競るよりも後ろにピタリとつけて直線で勝負に出る方が得策と考えるからで、百戦錬磨の武豊騎手にとってはまさにそれが狙い。

その通りの展開へ誘導するためにスタートをビシッと決めたのは見事です。

もちろん鞍上の思い描いた通りのレース運びができるのもエイシンヒカリのスタートセンスの良さゆえでしょう。

3歳春にデビューし9戦8勝の圧倒的な強さ。その全てが1800~2000mという戦績から、クラシック路線には目もくれず、関係者がその「時」が来るまで大事にこの馬を育ててきたのがわかります。

まだまだ底は見せておらず、次走GⅠの大舞台でも期待できそうです。


2着に4番人気ディサイファ

道中はロスなくインの4・5番手を追走、前走勝った札幌記念もそうでしたが前目でレースをするようになり、行き脚もつくようになったのか、全体的にレース運びが上手になっている印象を受けました。

ゴール前もしっかりとした伸び脚で見せ場は十分すぎるほど。現在の状態なら、展開によるでしょうが天皇賞・秋でも怖い存在と思います。


2番人気のアンビシャスは、スタートでバランスを崩し最後方からのレースになりました。

馬場状態も流れも先行有利のこのレースでは、上がり33.0秒の脚を使っても6着が精いっぱいでした。

これだけの脚を使えるのがわかっている鞍上のM.デムーロ騎手は、レース前にかなりの手応えを感じていたでしょうから、思うような競馬がまるでできなかったことは残念で仕方ないと思います。


今年の毎日王冠で最も印象に残った馬が3着に入ったイスラボニータです。

何の不利もなくスムーズなレース運びができたのもありますが、直線で先頭に立つほどの勢いで上がってきたところは凄い迫力があり、GⅠホースの底力を感じました。

7か月ぶりの競馬であれだけのパフォーマンスができるのだから陣営は自信をもって次走に臨めますね。

当然、万全の状態で出走してくるでしょうから特に注意しなければならない1頭です。



[PR]
3連単10点で万馬券を当てるより、
圧倒的に簡単で同じだけ儲かる馬券
それが『穴の単複1点』勝負です。

完全無料
秋華賞
単複1点勝負

↓ ↓ ↓
情報はメールアドレスのみで見られます



中央競馬 ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年10月12日 (月)

10月17・18日の注目馬情報

[PR]
3連単10点で万馬券を当てるより、
圧倒的に簡単で同じだけ儲かる馬券
それが『穴の単複1点』勝負です。

完全無料
秋華賞
単複1点勝負

↓ ↓ ↓
情報はメールアドレスのみで見られます



注目ランクA
藤原英 厩舎
シルバーステート
※京都4-9R・紫菊賞・芝2000m内に出走予定

デビュー戦はワケあって万全ではなかったこの馬。その話は当時もお伝えしたが、それでも強敵相手に2着と地力を見せると、続く2戦目が圧巻の走り。福永をして「ノーミスでダービーに行きたい馬」と言わしめた超が付く好素材たる所以の片鱗を見せてくれた。前走後はNFしがらきに出され、このレースを目標に帰厩。その才能は間違いなく重賞クラス。ココは勝ちっぷりに注目としておく。

注目ランクB
斎藤誠 厩舎
アグレアーブル
※東京4-5R・2歳新馬・芝1800mに出走予定

9月初頭に入厩、すぐにゲート試験にも合格したが、少し順調さを欠いた事ともあり、無理せずこの東京開催を目標に調整されてきた。鞍上の岩田騎手にはヌーヴォレコルトの追い切りに来た時に乗せており、本人も感触を掴んでいるそうだ。「牝馬ですが490キロの馬格があるし、かなりの能力がありそうで、これは走ってくると思います」と調教師。

注目ランクMM
堀 厩舎
バクシンテイオー
※新潟2-11R・信越S・芝1400mに出走予定

近走がどうも冴えないこの馬。多少クラスの壁にぶつかっている感はあるものの、「舞台設定は明らかに好転します。まだ諦めてはいませんよ」と厩舎精通のブレーンからの報告。帰厩当初は一息だったものの、追い切りを消化していくにつれ、この馬らしく動くようになったと、状態面の不安もなさそうだ。今回は金曜日に運ぶ予定、鞍上は北村友一騎手を予定しているそうだ。



[PR]
3連単10点で万馬券を当てるより、
圧倒的に簡単で同じだけ儲かる馬券
それが『穴の単複1点』勝負です。

完全無料
秋華賞
単複1点勝負

↓ ↓ ↓
情報はメールアドレスのみで見られます



中央競馬 ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年10月 7日 (水)

各馬の狙いが交錯したスタート後の山場

[PR]
3連単10点で万馬券を当てるより、
圧倒的に簡単で同じだけ儲かる馬券
それが『穴の単複1点』勝負です。

完全無料
毎日王冠
単複1点勝負

↓ ↓ ↓
情報はメールアドレスのみで見られます



夜が涼しくなりすっかり秋の気配を感じる、秋のGIシリーズの開幕戦スプリンターズSが行われる頃はそんな季節ですね。

昨年は中山競馬場の改装工事のため新潟で開催され、2年振りに中山で行われる今年、GIに格上げされる前から短距離重賞として歴史のある伝統的なレースでもあり、やはりスプリンターズSは中山コースでこそですね。

今年もスピード自慢の好メンバーが揃い激戦が繰広げられました。

まずはスタート、逃げ宣言をしていたハクサンムーンと、出来れば逃げたいアクティブミノル、そして逃げられるだけのスピードはありながらも逃げたくないミッキーアイルベルカント、その前の隊列がどうなるのか注目されていました。

結果的にはその通りにハクサンムーンが逃げアクティブミノル・ミッキーアイル・ベルカントが続く展開でしたが、ゲートが開いてからこの隊列になるまでひとつの山場がありましたね。

それは、絶好のスタートを切ったのが逃げたくないミッキーアイル、次いでベルカント、一番逃げたかったハクサンムーンはダッシュが付かずスピードに乗るのに時間が掛かり、ハナを切ったのは1ハロンほど走ってからでした。

この時、先に出ていたアクティブミノルは「あれ、ハクサンムーンが来ないな?」と言う感じで、来るのを待っていた様な雰囲気、ベルカントとミッキーアイルも行きたくない訳ですから必至に抑えていましたね。

これが、2ハロン目以降のペースを落とした要因だと思います。

その後も落ち着いたペースになりテンの3Fは34秒1、ハクサンムーンが2着だった2年前が32秒9ですから、その比較だけでもかなり遅いのですが、最初の1Fは2年前より速いので、実際はもっと遅いイメージです。

乗っていたジョッキーも「遅いな」と感じたでしょうね。

事実、短距離戦にも関わらず折り合いを付けるのに苦労している様な素振りをしている馬が数多く見られました。

こうなってくると、折り合いはもちろん、ずっと緩くカーブしながらさらに鋭角な4コーナーを回るこのコースに於いては、外を通れば通るほどロスにるためコース取りがより重要になります。

そんな中で、最も綺麗に折り合い流れに乗り、しかもロスのほとんど無いコース取りで綺麗に馬群を捌いて来たのは横山典騎手のサクラゴスペルでした。

結果は2着でしたが「上手い!」と思わず唸りたくなるほど芸術的な騎乗でしたね。

優勝したのはは戸崎騎手鞍上の、最終的に1番人気に推されたストレイトガール

この馬は、他馬とは逆にスタート直後は押っ付けてポジションを取りに行っていた様に、やはり年齢を重ねて少しズブくなっているのかも知れません。

ペースが落ち着いた事が逆に功を奏しましたね。

そして4コーナーから直線のコース取り、4コーナーは内で回って「ここしかない」というタイミングで外へ進路を取り抜けて来ました。

ミルコ・デムーロ騎手が少し引っ張る場面は見られましたが、ラフプレーとまでは言わない上手い騎乗だと思います。

前が開いてからは凄い勢いで差し切り勝ち、これは4コーナーを内で回って脚が溜まっていたからですね。

それにしても凄い決め手でした、鞭を入れたのはサクラゴスペルを交わす時の一回だけじゃないでしょうか。

恐らく鞭を入れなくでも勝っていたでしょう。

香港へ向けてお釣りを残したいいレースが出来ましたね。

僕が注目していたウリウリは、脚は使って伸びてはきましたが5着。

勝負処はやはり4コーナー、位置取り的にはストレイトガールと同じところいましたが、ウリウリは外へ進路を取りました。

そのため脚が溜まらず最後の伸び負けに至ってしまいました。

勝ちを意識すればするほど仕方の無い事、まして内にスペースは殆ど無く選択としては間違っていなかったと思います。

ゆえに、この馬にとっての勝負処はそれ以前、もう一段前の位置取り、コパノリチャードの位置で競馬が出来ていれば結果も変わっていたでしょう。

その位置を取れない馬では無いと思いますしね。

押っ付けてまで位置を取りにいったストレイトガールと、勝負の明暗はそこで分かれたのかも知れません。

ベルカントは不可解な大敗を喫していますが、以前から負ける時は気の悪さを出して惨敗している様に、真面目に走って1着か、走らず大敗か気持ちひとつのタイプ、今回は悪い方が出てしまった形。

思えばパドックの周回では前走時よりも少しうるさかった様にも見えました。

いつも2人引きで気合乗りが良く、闘志を内側に押し込めている様に見えていましたが、今回はいつもよりややテンションが高かった様に見えました。

その辺りは紙一重ですが、悪い方に出てしまった様ですね。



[PR]
3連単10点で万馬券を当てるより、
圧倒的に簡単で同じだけ儲かる馬券
それが『穴の単複1点』勝負です。

完全無料
毎日王冠
単複1点勝負

↓ ↓ ↓
情報はメールアドレスのみで見られます



中央競馬 ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年10月 4日 (日)

10月10・11・12日の注目馬情報

[PR]
3連単10点で万馬券を当てるより、
圧倒的に簡単で同じだけ儲かる馬券
それが『穴の単複1点』勝負です。

完全無料
毎日王冠
単複1点勝負

↓ ↓ ↓
情報はメールアドレスのみで見られます



注目ランクMM
南井 厩舎
ジープルメリア
※京都2-9R・りんどう賞・芝1400m外に出走予定

北海道で新馬勝ちしたあとは放牧へ。この厩舎なら普通は札幌2歳S出走を考えるのが普通なのだが、「とりあえず大事にしたい」と無理をさせなかった経緯がある。それくらい期待している馬なのだろう。中間に乗っている和田も「走るわコレ。いいとこ行けそう」と好感触を掴んでいるという話。まだ稽古中に立ち止まったりと癖のある馬らしいが、話通りなら走ってきそうな1頭。

注目ランクB
尾形充 厩舎
コパノミリアン
※東京2-4R・2歳新馬・ダ1600mに出走予定

半兄はフェブラリーS連覇中のコパノリッキー。馬主はドクターコパの長男の小林照弘氏。GⅠ馬の兄は父がゴールドアリュール、この馬はヴァーミリアン。いかにもダート路線を狙った配合になっている。「9/17にゲート試験試験に合格しました。ビッシリと追った本数は少ないですが、今週の併せ馬では格上馬に食らいついて、良い根性を見せていました。来週の1本で更に仕上がると思うので、これは楽しみです」と厩舎サイド。鞍上内田博騎手を予定している。

注目ランクMM
高柳 厩舎
イダクァイマ
※東京1-7Rか同2-8R・3歳上500万下・ダ1600mに出走予定

新潟で復帰した時も注目していた1頭だが、稽古は動いていたがどうやら中身ができていなかった様子。初めて揉まれる形になったことも影響したのだろう。まともならあんなに負ける馬ではなく、「今回は違う」と厩舎サイドも巻き返しの手応えアリ。未勝利快勝の東京なら一変していい。



[PR]
3連単10点で万馬券を当てるより、
圧倒的に簡単で同じだけ儲かる馬券
それが『穴の単複1点』勝負です。

完全無料
毎日王冠
単複1点勝負

↓ ↓ ↓
情報はメールアドレスのみで見られます



中央競馬 ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年9月 | トップページ | 2015年11月 »