« 8月29・30日の注目馬情報 | トップページ | 9月5・6日の注目馬情報 »

2015年8月26日 (水)

秋のGⅠシーズンを占う注目の一戦

[PR]
3連単10点で万馬券を当てるより、
圧倒的に簡単で同じだけ儲かる馬券
それが『穴の単複1点』勝負です。

完全無料
新潟2歳S
単複1点勝負

↓ ↓ ↓
情報はメールアドレスのみで見られます



猛暑が続いた今年の夏もそろそろ終わります。お盆が過ぎてだいぶ過ごしやすくなり、競走馬も競馬関係者もようやくひと息つけるようになりました。

先週は札幌競馬場で、夏の間を休養に充てることが多いGⅠ常連馬たちが出走し例年ファンの注目を集めているレース・第51回札幌記念が行われ、夏に活躍した馬、秋に向けて始動した馬それぞれの走りに熱い視線が注がれました。


優勝は僕も注目していた5番人気馬ディサイファ

手綱をとる四位騎手は比較的スタートから強引に押していく騎乗をするタイプではなく、馬に合わせてスマートに乗るイメージが僕の中にはあって、実際これまでディサイファに騎乗した際は中団あたりからレースを進めることが多かったはずです。

この馬はとても賢く、レースにおいてはどのポジションにいようが折り合いがついて、騎手が乗りやすそうな走りをします。

しかしこの札幌記念では、スタート後ハミを自分から取っていき、珍しく四位騎手が抑えるのに苦労するような場面が見られました。

逃げ馬にピタッとついてマークするようにレースを進め、直線に向くと先頭に立ちそのまま後続馬を振り切ってゴール。

以前のレースとはまるで違う行きっぷり、あれだけ走る気を見せたディサイファにはかなり驚かされました。

よほど最近の調子が良いのか、6歳で本格化したのか、いずれにせよ現在の充実ぶりが伝わってくる内容の濃いレースをしましたね。


2着に好走した8番人気ヒットザターゲット

後方で待機し、ロスのない内々を回り直線は外に持ち出すと凄い末脚を出して、勝ち馬にアタマ差まで迫りました。

あのキレは今回のレースで1番の見どころだったと思います。

鞍上・小牧騎手はこの馬の特長をよく生かした好騎乗。ただし最後の差し切る勢いと着差から、跨っていた騎手としては脚を余して負けた感があるでしょうし、仕掛けてからのキレ・伸びを見てしまうと、あと一歩分だけ仕掛けるのが早ければと深く悔やむ気持ちになるかもしれません。

しかしその競馬の流れ、直線の短さなど全てを含めて第51回札幌記念というレースであり、勝った馬をたたえる以外にありません。

良い走りを見せてくれました。


3着に4番人気ダービーフィズ

重賞騎乗機会5連勝中の岩田騎手とあって、こういうときの騎手はとにかくツイてるというか、どう乗っても結果的にうまくいくことが多く、またダービーフィズも初の重賞勝利を果たした前走の函館記念から好調を維持しているようなので特に注目してレースを観ました。

レースは中団の内を進み、鞍上の岩田騎手はそうして徐々にポジションを上げていこうと考えていたようですが、あの場所ではそうそう思い通りのスムーズな競馬はできません。

戦法としては3・4コーナーでも外に出すという選択肢がなさそうな、はじめからインを突くと決めていた乗り方に見えました。

直線で逃げ馬の内側を狙い、上手に進路を取って追い上げましたがアタマ・アタマ差の3着。

インから鋭く伸びて突き抜けたら、騎手としてかなり格好良い勝ち方ではあるのですが、惜しかったですね。

結果として仕掛けが僅かに遅れたのだと思いますが、あのポジションにいたら仕方ないこと、外を回っても勝てるかどうかはわかりません。

3着に好走したという事実だけで十分でしょう。

同じ小島太厩舎で今回勝ったディサイファと同様にこの馬も力をつけているのがわかるレース内容でした。



[PR]
3連単10点で万馬券を当てるより、
圧倒的に簡単で同じだけ儲かる馬券
それが『穴の単複1点』勝負です。

完全無料
新潟2歳S
単複1点勝負

↓ ↓ ↓
情報はメールアドレスのみで見られます



中央競馬 ブログランキングへ

|

« 8月29・30日の注目馬情報 | トップページ | 9月5・6日の注目馬情報 »

レース回顧」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1466872/61335941

この記事へのトラックバック一覧です: 秋のGⅠシーズンを占う注目の一戦:

« 8月29・30日の注目馬情報 | トップページ | 9月5・6日の注目馬情報 »