« アンビシャス陣営とオーナーサイドの信頼関係 | トップページ | 小回り適性と小回りのワナ »

2015年7月12日 (日)

7月18・19日の注目馬情報

[PR]
3連単10点で万馬券を当てるより、
圧倒的に簡単で同じだけ儲かる馬券
それが『穴の単複1点』勝負です。

完全無料
函館記念(G3)
単複1点勝負

↓ ↓ ↓
情報はメールアドレスのみで見られます



注目ランクMM
相沢 厩舎
ショウザイシンホー
※函館4-5R・2歳新馬・芝1800mに出走予定

いかにも縁起のイイ珍名馬だが、能力の方もなかなかのものらしい。美浦でも評判になっている1頭で、津村や石川などこの厩舎を手伝っている乗り役がこぞってその能力を評価しているそうだ。素質馬が集まる函館の中距離戦。人気にはならないかもしれないが、穴で一考の余地がある。

注目ランクB
鹿戸雄 厩舎
エッケザックス
※函館3-6R・3歳未勝利・芝1800mに出走予定

3走前から手綱を取ってる三浦騎手の評価が高く、『未勝利は楽に勝てる』と再三お伝えして来た馬。函館での前2走が③②着と健闘しているが、馬主サイドは2走前から、後方を進んで外を回すという騎乗ぶりに不満を持っていたそうだ。もう取りこぼせないという思いから、今回は鞍上をミルコ・デムーロ騎手に替えて、未勝利脱出を狙っている。

注目ランクB
南井 厩舎
マツリダアンバター
※中京6-4R・3歳未勝利・芝1600mに出走予定

これまでの後方待機策から一転、先行して2着に頑張った前走。実は、「好きなように乗ってきてイイ」と言われた国分恭の作戦だったそうだ。「あの競馬ができれば今度もチャンス」とは厩舎サイド。前走で自信を持った鞍上も、「次はイケると思いますよ」と、コレは手応えがある様子。



[PR]
3連単10点で万馬券を当てるより、
圧倒的に簡単で同じだけ儲かる馬券
それが『穴の単複1点』勝負です。

完全無料
函館記念(G3)
単複1点勝負

↓ ↓ ↓
情報はメールアドレスのみで見られます



中央競馬 ブログランキングへ

|

« アンビシャス陣営とオーナーサイドの信頼関係 | トップページ | 小回り適性と小回りのワナ »

次週注目馬速報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1466872/60714851

この記事へのトラックバック一覧です: 7月18・19日の注目馬情報:

« アンビシャス陣営とオーナーサイドの信頼関係 | トップページ | 小回り適性と小回りのワナ »