« 冷静だった挑戦者たち | トップページ | アンビシャス陣営とオーナーサイドの信頼関係 »

2015年7月 5日 (日)

7月11・12日の注目馬情報

[PR]
3連単10点で万馬券を当てるより、
圧倒的に簡単で同じだけ儲かる馬券
それが『穴の単複1点』勝負です。

完全無料
七夕賞(G3)
単複1点勝負

↓ ↓ ↓
情報はメールアドレスのみで見られます



注目ランクB
高柳 厩舎
メジャータイフーン
※函館1-5R・2歳新馬・芝1200mに出走予定

今年の函館開催も早いもので2開催目に突入するわけだが、先の1回函館で思ったほど好結果を残せなかったのが三浦騎手。昨年の北海道リーディングとしては何とも寂しい成績。この開催替わりに期す思いは強いだろう。そんな三浦騎手が「コレは走ります。大丈夫でしょう」と自信を持っている新馬がコレ。稽古でもイイ動きを見せており、本人もかなり手応えがあるようだ。出たトコ勝ちに期待。

注目ランクB
牧田 厩舎
ラハトケレブ
※中京4-1R・3歳未勝利・芝1600mに出走予定

この夏、一部の事情通の間で「ブレイクするかも」とウワサになっているこの厩舎。次週はこの馬で一発狙っているそうだ。前走は終いだけの競馬で2着。使って更に良くなっているとのことで、「コレは普通に勝ち負け」と厩舎サイドも自信を持っており、どうやら勝って新潟2歳Sに向かうつもりのようだ。お手並み拝見、こういう話がスカッと決まるようなら勢いは本物だろう。

注目ランクB
田中章 厩舎
ゼトス
※函館1-4R・3歳未勝利・ダ1700mに出走予定

久々をひと叩きして、マイナス10キロ。体を絞って勝負態勢の前走だったが、減量騎手起用でスイスイと逃げてしまった勝ち馬に大きく離されての2着。「道中で手応えが悪くなりましたが、気合をつけたら盛り返してくれました。勝ち馬は別格でしたが、この馬も力のあるところを見せられました」と陣営。1700mも2度目になり、慣れが見込める今回はキッチリと決めたいところだろう。鞍上は引き続き柴山騎手の予定。



[PR]
3連単10点で万馬券を当てるより、
圧倒的に簡単で同じだけ儲かる馬券
それが『穴の単複1点』勝負です。

完全無料
七夕I賞(G3)
単複1点勝負

↓ ↓ ↓
情報はメールアドレスのみで見られます



中央競馬 ブログランキングへ

|

« 冷静だった挑戦者たち | トップページ | アンビシャス陣営とオーナーサイドの信頼関係 »

次週注目馬速報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1466872/60630266

この記事へのトラックバック一覧です: 7月11・12日の注目馬情報:

« 冷静だった挑戦者たち | トップページ | アンビシャス陣営とオーナーサイドの信頼関係 »