« 6月6・7日の注目馬情報 | トップページ | 6月13・14日の注目馬情報 »

2015年6月 3日 (水)

今年も歴史に残るレースとなったに日本ダービー

[PR]
3連単10点で万馬券を当てるより、
圧倒的に簡単で同じだけ儲かる馬券
それが『穴の単複1点』勝負です。

完全無料
第65回安田記念(G1)
単複1点勝負

↓ ↓ ↓
情報はメールアドレスのみで見られます



古い世代の競馬人ならば1年で最も心が浮き立つダービーウイーク。

ファンに語り継がれる多くの名シーン、名コンビが生まれたクラシックの頂点ともいえる日本ダービーが先週日曜日、東京競馬場で行われ、第82回目を迎えた今年も記憶に残る、そして歴史に残るレースとなりました。

優勝したのは1番人気馬ドゥラメンテ

圧巻の走りで皐月賞に続くクラシック制覇を果たし見事2冠馬に輝きました。鞍上のM.デムーロ騎手は外国人騎手初の制覇となった2003年ネオユニヴァース以来2度目のダービー勝利、今回もその時と同じように1番人気に応えての優勝です。

この大舞台できっちり結果を出せることが凄いと思います。

レースは1000m通過が58.8秒と、ハイペースまではいかなくても速い流れで進み、その中をドゥラメンテは7~8番手につけてうまく流れに乗っていました。

多少折り合い面に不安があるだけに(実際スタートして少しの間は行きたがる様子が見られましたが)この緩みない流れは理想的だったのではないでしょうか。

残り200mあたりから一気に抜け出して他馬を寄せ付けない力強い脚でゴール。

1番人気に支持されたことで少し緊張したとのことですが、デムーロ騎手ほどの名手ともなれば緊張感がレースでの騎乗に影響することなどあるはずもなく、落ち着いた手綱さばきで上手にドゥラメンテを導いていました。

うまく乗ってあげれば凄い脚が使えるのはわかっていても、鞍上が極度のプレッシャーで固くなってしまうと、それは馬に伝わり余計なところで“かかる”など体力を消耗してしまいます。

デムーロ騎手にはその気負いや固さがないので馬に全く負担がかからず、力を存分に発揮できたことが勝利の大きな要因でしょう。

彼がレース後に(ダービー勝利について)「夢みたい」と言っていましたが、そのとおり、騎手にとってはダービーで1番にゴール板を駆け抜けた瞬間はまさに「夢」の時間。

僕の場合は視界と思考が真っ白になり、レース後のインタビューでも感情がかなり昂っていたために何を話したかすら全然覚えておらず、ダービーを勝った直後のインタビュー映像は恥ずかしくて未だ観られません。

もちろん、これまでに国内外の大レースをいくつも勝って、ダービー制覇も2度目のデムーロ騎手は僕とは全く異なる感覚なのでしょうが、それでも「前にネオユニヴァースで勝った時も嬉しかったがJRAジョッキーとしては初めてだし今回の勝利は本当に嬉しい」と語ったデムーロ騎手の顔は心からの喜びがあふれていました。

必死で勉強したと思われる難しい競馬用語を交えた日本語でゆっくり話す姿は誰が見ても好感が持てるし、何よりも騎手としての騎乗技術とセンスがやはり抜群なので見惚れることもしばしば、彼が乗るレースはつい見入ってしまいます。

応援したくなるジョッキーですね。


僕が期待した2番人気リアルスティール

皐月賞では一度先頭に立ちながらドゥラメンテに一気に差されたため、鞍上の福永騎手は今回、ドゥラメンテをマークする乗り方をしましたが、これはともに7枠に入ったことからも良い作戦だったかもしれません。

直線に向くまでは思い通りの順調なレース運びができていたようですが、追い出してからドゥラメンテについていけず離されてしまい4着に敗れました。

怪我の影響なのか、それともキレの差が出たのか、ただ、力は3歳の中ではトップレベル。

馬の走りや騎乗は問題なく、負けても仕方がないと諦めがつく内容でしたが、福永騎手の心境はどうでしょう。

GⅠレースを多くの有力馬で制してきたスタージョッキーの彼は牡馬クラシックでも当然人気上位の馬に乗る機会が他の騎手より多いのですが、あと一歩のところでなかなか勝てず2着が目立ちます。

僕がぜひダービーを勝ってほしいと願っている騎手は数人いるのですが、福永騎手もその一人。また来年、頑張ってほしいと思います。



[PR]
3連単10点で万馬券を当てるより、
圧倒的に簡単で同じだけ儲かる馬券
それが『穴の単複1点』勝負です。

完全無料
第65回安田記念(G1)
単複1点勝負

↓ ↓ ↓
情報はメールアドレスのみで見られます



中央競馬 ブログランキングへ

zzzzzzzzzzssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssssss

|

« 6月6・7日の注目馬情報 | トップページ | 6月13・14日の注目馬情報 »

レース回顧」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1466872/60238324

この記事へのトラックバック一覧です: 今年も歴史に残るレースとなったに日本ダービー:

« 6月6・7日の注目馬情報 | トップページ | 6月13・14日の注目馬情報 »