« 5月23・24日の注目馬情報 | トップページ | 5月30・31日の注目馬情報 »

2015年5月20日 (水)

ヴィクトリアマイルの大波乱を演出した3頭

[PR]
3連単10点で万馬券を当てるより、
圧倒的に簡単で同じだけ儲かる馬券
それが『穴の単複1点』勝負です。

完全無料
第76回オークス(G1)
単複1点勝負

↓ ↓ ↓
情報はメールアドレスのみで見られます



今年で第10回目を迎える牝馬のGⅠヴィクトリアマイルが先週東京競馬場で行われ、結果はご存知のとおり大波乱、三連単の配当が2000万円を超すレースとなりました。

その立役者を担ったのが3着に逃げ粘ったミナレット

18頭中18番人気の馬の激走で生じた複勝・ワイド・三連複が重賞レース史上1位の高額配当に、三連単は無理にしても嬉しい思いをした人が多くいるのでしょうね。

“穴男”江田照騎手を鞍上に迎えて臨んだレース、ミナレットは大外枠18番から逃げを打ち、ハイペースでとばしていきます。

後続の騎手たちは当然流れが速いことに気づき、しかしこの馬を追いかけても仕方ないとも思い、無理に追うことはしません。

なぜなら有力馬ではないから。

江田照騎手はもちろん彼らが動かないことは想定内で、高速馬場も味方したミナレットは後続を引き離して快調に進んでいきました。

その後、直線に向いてもあまり差は縮まらず、ようやく2番手につけていたケイアイエレガントが残り100mでこの馬を捕らえましたが後ろからの馬たちは届かず。

1000m通過が56.9秒の速い流れでも3着に残ったミナレット。

当日の馬場コンディションがこの馬には合っていたこと、そして何よりも江田照騎手が思い切ったレース運びをしたことが好走の要因でしょう。

穴男と言われますが、本人は馬にとってベストな走りができるよう乗っているだけでしょう。

ただ、その馬の力を引き出す騎乗を大舞台でやって結果を出すことが凄いわけですが。

江田騎手らしく腹の据わった乗り方がじつに痛快でした。


波乱を生んだもう1頭は2着に入った12番人気馬ケイアイエレガント。

ミナレットから離れた2番手を追走し、直線ではゴール寸前まで先頭に立ち頑張りましたが最後にアタマ差かわされ、惜しくも敗れました。

これもミナレットと同様、馬場とペースがピタリとはまった感じです。

鞍上の吉田豊騎手が語ったとおり、ミナレットが離して逃げてくれたおかげで自分が逃げるような形になりマイペースで進められたのが良かったですね。

江田照騎手も吉田豊騎手も、勝てなかったことは当然悔しいでしょうが、それでもレース後に晴れやかな表情だったのが印象的で、馬にとって良い走りができたという満足感がありました。

ベテラン騎手の好騎乗に心躍らされたレースでした。


優勝は5番人気ストレイトガール

鞍上の戸崎騎手は4~5番手からレースを進め、直線に向いてからはこの馬だけが伸びてきました。

さすが短距離重賞も制している1200mのスペシャリストだけあり、有力馬の中で最もこの速い流れに対応できたのがこの馬。

2013年以降の15戦中、昨年と今回のヴィクトリアマイルの2戦以外は全て1200mのレースに出走し、かつ好走してきたように短い距離を大の得意とする馬ですが、昨年のヴィクトリアマイル3着からわかるとおりもともと牝馬の中でも力は上位です。

これが1600~2000mを中心に競馬をしてきた馬であったなら速いペースに戸惑っていたかもしれません。

短距離馬ゆえ適応できたレースでした。

ストレイトガールの馬主さんは桜花賞を制したレッツゴードンキのオーナーでもありますが、桜花賞の時は1番人気馬に騎乗した戸崎騎手が敗れレッツゴードンキの岩田騎手が優勝騎手になり、今回のヴィクトリアマイルは1番人気馬に騎乗した岩田騎手が敗れて戸崎騎手が優勝騎手に。

このオーナーが勝ったレースでそれぞれ本命馬に乗り敗れてしまった両騎手の気持ちはともかく、オーナーから見れば、ともに5番人気だった愛馬をGⅠ馬へと導いてくれた最高のジョッキーでしょう。


その岩田騎手が騎乗した1番人気ヌーヴォレコルトはこのメンバーでは実績と力が上で、まず恥ずかしいレースはしないだろうと考えましたが結果は6着。

昨年の桜花賞に至るまでデビューしてから5戦全てマイル戦、しかもかなり好成績をおさめている馬ですがやはり基本的には2000m前後のレースが合っているのでしょう。

久しぶりのマイル戦で乱ペースにも戸惑い、なし崩しに脚を使ってしまったようです。

今回のような大波乱のGⅠレースは、馬場コンディションやメンバー構成、ペースなど様々な要素が重なって生まれるものなので年間を通じてそうそう見られるものではありません。

これも競馬と考え、この波乱の結果を楽しむ余裕が必要だと自分に言い聞かせています。



[PR]
3連単10点で万馬券を当てるより、
圧倒的に簡単で同じだけ儲かる馬券
それが『穴の単複1点』勝負です。

完全無料
第76回オークス(G1)
単複1点勝負

↓ ↓ ↓
情報はメールアドレスのみで見られます



中央競馬 ブログランキングへ

|

« 5月23・24日の注目馬情報 | トップページ | 5月30・31日の注目馬情報 »

レース回顧」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1466872/60069613

この記事へのトラックバック一覧です: ヴィクトリアマイルの大波乱を演出した3頭:

« 5月23・24日の注目馬情報 | トップページ | 5月30・31日の注目馬情報 »