« 5月30・31日の注目馬情報 | トップページ | 6月6・7日の注目馬情報 »

2015年5月27日 (水)

ミッキークイーンを信じ直線勝負に全てを賭けた浜中騎手

[PR]
第82回 日本ダービー(G1)
大西直宏の結論
1点勝負馬券無料公開

↓ ↓ ↓ ↓
情報はメールアドレスのみで見られます



牝馬クラシック2冠目のレース、第76回オークスが東京競馬場で行われ、注目していた3番人気馬ミッキークイーンが今年の樫の女王に輝きました。

GⅢクイーンC2着の実績がありながらも桜花賞は残念ながら除外となり走れず、しかし桜花賞当日の阪神競馬場で行われたオープン忘れな草賞を快勝し、オークスの切符を獲得。

ここまでのレース内容を見てわかるように能力が高く、3番人気に支持されたのもうなずけます。

この馬は自在性があり最後もしっかりと脚を使ってくれる、これが最大の長所で、騎手にとっては乗りやすくとても頼もしいタイプです。

鞍上の浜中騎手はミッキークイーンのこの力を十分に理解し信じていたからこそ、中団で脚をためて直線勝負に全てを賭けることができたのでしょう。

その通りメンバー最速の上がり34.0秒の脚を使い、前を行く馬を捕らえて見事1着でゴール。

落ち着いた騎乗の素晴らしいレース運びでした。

これでデビューからGⅠ制覇まで5戦3勝2着2回、大変に優秀な成績です。

このまま順調に夏を越してさらなる成長が期待される秋は、当然この馬が主役です。


2着はルージュバック
前走の桜花賞は行く気が強すぎたのか、抑えた競馬をして折り合いを欠いてしまい位置取りも悪く見せ場なしの9着に敗れましたが、何しろスローペースの極端なレース展開だったため度外視。

やはりデビューから3連勝で制したGⅢきさらぎ賞までがあまりに強烈で、その強さは本物だと考えていたので、また同じくこの馬を信じているファンが多く桜花賞の敗退を見てもなお1番人気に支持されましたが、あらためてこのオークスでは良い結果を出してくれるはずと期待していました。

レースは鞍上の戸崎騎手が前々の位置で進め、折り合いも今回はバッチリ。

GⅠレースで本命馬に騎乗した場合、あの位置取りはベストと言えるでしょうしペースも文句なし、じつにソツのないレース運びができました。

そして期待どおり、手応え抜群の走りで直線に向くと、残り200mで先頭に立って押し切る態勢に。

戸崎騎手は追い出しを我慢して、ここからなら勝てると考えた位置から追い出したのでしょう、ほぼ完璧な騎乗でしたが、勝ったミッキークイーンの標的になったのが厳しかったですね。

捕らえられてしまいました。

ルージュバックにとっては絶対に勝たなければならないレースだっただけに戸崎騎手はさぞや悔しかったことでしょう。

ただし力は十分に見せてくれました。


2番人気に推された桜花賞馬レッツゴードンキは10着に大敗してしまいました。

スローな流れの中を、前に壁を作りレースを進めましたが折り合いがつかず、鞍上の岩田騎手が少々手こずっていたようでした。

桜花賞は自ら逃げてスロー、そして今回は6~7番手、同じような流れのレースでも、前に馬がいるのといないのとでは馬の力み具合が違ってきます。

気分良く走れた前走に対し、今回はカッとなったというかムキになって走っていた様子でした。

ペースは変わらないのに折り合い一つで、こうも別馬のごとくなってしまうものなのかと、あらためてレースの難しさを感じました。



[PR]
第82回 日本ダービー(G1)
大西直宏の結論
1点勝負馬券無料公開

↓ ↓ ↓ ↓
情報はメールアドレスのみで見られます



中央競馬 ブログランキングへ

|

« 5月30・31日の注目馬情報 | トップページ | 6月6・7日の注目馬情報 »

レース回顧」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1466872/60154491

この記事へのトラックバック一覧です: ミッキークイーンを信じ直線勝負に全てを賭けた浜中騎手:

« 5月30・31日の注目馬情報 | トップページ | 6月6・7日の注目馬情報 »