« 4月4・5日の注目馬情報 | トップページ | 4月11・12日の注目馬情報 »

2015年4月 1日 (水)

高松宮記念に見た香港トップジョッキーの騎乗技術

[PR]
3連単10点で万馬券を当てるより、
圧倒的に簡単で同じだけ儲かる馬券
それが『穴の単複1点』勝負です。

完全無料
第47回ダービー卿CT(G3)
単複1点勝負

↓ ↓ ↓
予想はメールアドレスのみで見れます



先週はGⅠレース第45回高松宮記念が中京競馬場で行われました。

まず僕が注目したのは、3番人気のミッキーアイルでした。

初めての1200mという距離は不安どころか、この馬は1600mよりも1200mのレースで好位につけて折り合い脚を溜める乗り方が合いそうだと考えたのですが、4・5番手で追走し直線で外から伸びてくる文句なしのレースぶりながら前にいる2頭を差し切るまでには至らず3着まで。

1600m戦で逃げていたときも行きっぷりが良いスピードタイプで、それからさらに短くなった今回のレースでも多少ハミを取ってかかり気味なところがありました。

ただ、この型が板についてくればGⅠレースを制覇できそうです。

優勝は4番人気エアロヴェロシティ

ストレイトガールが3着に好走した昨年末のGⅠ香港スプリントを優勝したこの香港馬が今年初のJRA芝GⅠレースを制しました。

自身が本来得意とする形は逃げなのでしょうが今回は3番手に控えるレースを選び、道中3~4コーナーはインコースを進んで、それから直線に向くと外へ出していきました。

鞍上のパートン騎手は昨年から日本で騎乗する機会が増えてなかなかの成績をおさめていますが、それでもやはり日本競馬の経験はまだ浅く、しかも当日は稍重で内側がかなり緩い馬場になっていて、馬にとっては体力を多く消耗してしまう状態。

しかしそこはさすが香港のトップジョッキー。

内の4番枠だったため前半のインを進むコース取りはともかく(それも左回りに慣れていない馬を思ってロスが無いよう故意に内を選んだようですが)、その後は直線で進路を変えて馬場の良いところを見定めて走らせるのが上手いと思いました。

この日も朝からレースを観て馬場のどこが悪くてどこが伸びるか、どのコースを走らせたらよいか考えていたのでしょう。

日本の競馬をよく知っているような乗り方をすることから、来日し騎乗するたびに日本競馬のやり方・勝ち方を身につけていったのがわかります。

短期免許の限られた期間でその国の競馬をできるだけ吸収しようとする積極的な姿勢と、実際に僅かな時間で掴んでしまう感性、そしてその感性からイメージをふくらませて実戦に即座に活かすことができる高い騎乗技術などが、外国人騎手の凄いところだと思います(短期免許を取得出来る外国人騎手はみなトップジョッキーであるので当然かも知れませんが)。

あと跨ったときに騎乗馬の特長やクセを掴むのも早いですね。

感性と技術が優れているからこそ世界に出て活躍できるのか、それらを磨くためにはまず世界に出て場数を踏むことが大切なのか、よくわかりませんが外国人騎手の騎乗には感心するところが多くあるので観ていて楽しいです。

2着に好走の6番人気馬ハクサンムーン

これも逃げた方がよいタイプでしょうが、何が何でも逃げる馬(アンバルブライベン)がいたせいか2番手に控えレースを進めました。

逃げ馬が内ラチぴったりを走っていたので鞍上の酒井騎手はあまり接近しないようにし自分のペースで外を回っていましたが、この形は騎手にとってとてもラクです。

当然、馬場が悪い内側を走れば馬がバテるのはわかっているわけで、自分が2番手とはいっても実質逃げているようなもので前を気にする必要がありませんから。

あまり周囲を気にし過ぎることなくリズムの良いレース運びをして、芝の良いところを選んで走らせた酒井騎手の好騎乗がこの結果を生んだのだと思います。



[PR]
3連単10点で万馬券を当てるより、
圧倒的に簡単で同じだけ儲かる馬券
それが『穴の単複1点』勝負です。

完全無料
第47回ダービー卿CT(G3)
単複1点勝負

↓ ↓ ↓
予想はメールアドレスのみで見れます



中央競馬 ブログランキングへ

|

« 4月4・5日の注目馬情報 | トップページ | 4月11・12日の注目馬情報 »

レース回顧」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1466872/59487281

この記事へのトラックバック一覧です: 高松宮記念に見た香港トップジョッキーの騎乗技術:

« 4月4・5日の注目馬情報 | トップページ | 4月11・12日の注目馬情報 »