« 4月25・26日の注目馬情報 | トップページ | 5月2・3日の注目馬情報 »

2015年4月22日 (水)

折り合いの難しさを克服して勝ったMデムーロ騎手

[PR]
3連単10点で万馬券を当てるより、
圧倒的に簡単で同じだけ儲かる馬券
それが『穴の単複1点』勝負です。

完全無料
第50回フローラS(G2)
単複1点勝負

↓ ↓ ↓
予想はメールアドレスのみで見れます



クラシックレース第2弾、第75回皐月賞が先週、中山競馬場で行われました。


まず注目していたのが2番人気だったリアルスティール

デビュー戦から2戦目のGⅢ共同通信杯を連勝し前走スプリングSもタイム差なしの2着と、これまでの走りを見ても粒ぞろいの今年の3歳の中で上位の素質を持っているのは明白、クラシック制覇を狙える器です。

レースはスタート良くゲートをとび出すと好位のインで追走し、前を見る形でいつでも抜け出せる理想的な態勢で進めましたが、直線で一旦先頭に立ったものの勝ち馬に差されてしまいました。

しかし福永騎手の騎乗はソツがなく、パーフェクトといえるものでした。

スタート後1ハロン進んだあたりで、リアルスティールの勝ちを確信したくらいです。

それほど上手くレースの流れに乗っていたし、最後もしっかりとした脚で伸びてきました。

結果は2着でしたが勝った馬を褒めるべきで、決してこの馬の評価が下がることなどありません。

次走での巻き返しが期待できます。


第75回皐月賞馬に輝いたのは、3番人気だったドゥラメンテでした。

前週の桜花賞で挙げたエアソミュールと全く同じ考えで恐縮ですが、この馬もやはり折り合いの難しいタイプで、それでも鞍上がMデムーロ騎手ということで上手く乗ってくれるに違いないと考えていました。

そしてそのとおりの騎乗で期待に応えてくれました。

レースでは後方のインで周りに壁を作り、折り合いをつけて難なく騎乗するMデムーロ騎手。特に上手いと思ったのが、3コーナーから外へ出さずに内を突いて上がっていったところですね。

ここが勝利のポイント。上位人気馬は余計なリスクはなるべく負いたくないわけで、少々のロスは覚悟して外へ馬を向けていきたいところですが、そこを内で我慢し、4コーナーから外に出して直線で一気に前を捕らえました。

この直線の爆発力を見ると、前半いかにリズム良く走れていたかがわかります。これは鞍上のファインプレイ。

ただ4コーナーで勢いがありすぎて斜行してしまったことはいけません。

デムーロ騎手は外へ出すタイミングを計っていたのでしょうが、ここぞと決めて出した瞬間、手綱操作が強すぎたためか周りの妨害をしてしまいました。

自動車の運転をする人ならば、高速道路でスピードを出しているときに急ハンドルを切ることの恐ろしさを知っていますよね。

スピードが速ければ速いほど、僅かな動きで車体は大きく振れるため、強いハンドルさばきは必要ありません。

馬も同じで、手綱操作もほんの少しの合図で十分なのです。

騎手はこの繊細な感覚がとても大事。

思った以上にドゥラメンテが反応してしまったことも考えられますが、騎手として抜群の技術・センスを持つデムーロ騎手には珍しい騎乗だと思いました。

ただやはり、折り合いの難しい馬というのは力の配分がうまくできなかったり、パワーを持て余したり、能力があっても発揮できないレースが少なくありませんが、上手く乗ればメチャクチャ強い勝ち方をします。

そういう馬に乗るのはとても難しいのですが、デムーロ騎手は乗りこなすことができます。

僕が馬主であれば、愛馬に1度は乗ってもらいたい騎手の一人です。


上手い騎手といえば、結果は別として今年の皐月賞は、横山典騎手のレース運びが最も印象に残りました。

スタートして外から軽く出していき、逃げるであろうはずだった馬が逃げずに内に留まっているのを見るやすぐに、前に立ったキタサンブラックを抜いて先頭に立つ。

これは鳥肌が立つほど上手い騎乗。

逃げ馬が絶対に行くと主張していれば先頭に立つことは無かったでしょう。

映像を観てもらえばわかるのですが、ずっと内を見てるんですよ、横山典騎手。

内の逃げ(るであろう)馬の動きをずっと。そして行かないとわかった瞬間動きだす。

あと、自分が先頭に立とうとしたときに前にいるキタサンブラックは絶対に競ってこないという確信もありましたね。

レースのペースは何が有利ということがない、前残りもあるし追い込みも効く、どんな競馬でも大丈夫で、つまりその馬の力が存分に発揮できるものでしたが、この大舞台で5着に残ったのは馬の能力プラス横山典騎手の騎乗が大きかったと思います。

横山騎手やデムーロ騎手の乗り方を褒めることが多いのは自覚していますが、上手いものは上手いので仕方がありません。


1番人気サトノクラウンは出遅れて位置取りが悪くなったのが致命的でした。

ただペースは速かったため展開自体はこの馬に向いていたと思います。

それでも多少の不利があったにしろ、直線で脚が使えなかったのは脚質の違いかもしれません。

この皐月賞は切れ味勝負の要素が強かったように感じましたが、サトノクラウンは切れる脚よりも長く良い脚を使えるタイプなのではないでしょうか。

直線の長い府中では良い走りを見せてくれるかも知れませんね。



[PR]
3連単10点で万馬券を当てるより、
圧倒的に簡単で同じだけ儲かる馬券
それが『穴の単複1点』勝負です。

完全無料
第50回フローラS(G2)
単複1点勝負

↓ ↓ ↓
予想はメールアドレスのみで見れます



中央競馬 ブログランキングへ

|

« 4月25・26日の注目馬情報 | トップページ | 5月2・3日の注目馬情報 »

レース回顧」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1466872/59732792

この記事へのトラックバック一覧です: 折り合いの難しさを克服して勝ったMデムーロ騎手:

« 4月25・26日の注目馬情報 | トップページ | 5月2・3日の注目馬情報 »