« 3月7・8日の注目馬情報 | トップページ | 3月14・15日の注目馬情報 »

2015年3月 4日 (水)

中山記念に出走したGIホース3頭の明暗

[PR]
3連単10点で万馬券を当てるより、
圧倒的に簡単で同じだけ儲かる馬券
それが『穴の単複1点』勝負です。

完全無料
第52回弥生賞(G2)
単複1点勝負

↓ ↓ ↓
予想はメールアドレスのみで見れます



2月27日、競馬界に衝撃を与えるニュースが流れました。後藤浩輝騎手、逝去。
現役時代は年齢や主戦場、趣味など接点があまり多くなく決して私的に親しいといえる間柄ではありませんでしたが、十数年にわたり関東の騎手として同じ世界に生き、自宅が近くにあるため彼を見かける機会もあり、様々なメディアで活躍する姿を含めやはりその存在感は大きく、この驚愕の事実は数日が経過した今でも僕の心を占め、ふとした時に彼のことを考えている自分に気づきます。

騎手という危険が常につきまとう仕事をして、また騎手だけでなく馬に携わる人の死を数え切れないほど見てきて、死というものに対し鈍感になりつつあった自分がこれほど動揺していることに驚いています。

プロ意識が高く、真剣に、そして楽しく競馬界を盛り上げ支えてくれた後藤騎手に心から哀悼の意を表しますとともに安らかにご永眠されますようお祈りいたします。

先週行われた第89回中山記念について。
昨年のオークス馬や昨年・一昨年の皐月賞馬2頭のGⅠホース3頭が出走する豪華なメンバー構成となりました。中でまず注目していたのは2番人気馬ロゴタイプです。

一昨年の皐月賞を勝って以降、堅実な走りはするものの勝利をあげることができませんでしたが、最近は好調な気配が漂い、しかも今回は得意としている中山競馬場です。ならば好勝負になると思っていました。

レースは前々につけ、この馬が得意な直線で早めに抜け出して押し切る戦法。鞍上Cデムーロ騎手はロゴタイプを手の内に入れ、その特長をしっかりと引き出すそつのない騎乗でした。

結果は2着でしたが馬の地力の高さと騎手の腕を十分すぎるほど示してくれました。

優勝はオークス馬ヌーヴォレコルト

前の集団につけて常に内ラチぴったりのコース取りをしたことについては、当日の降雨による稍重の馬場状態は馬にとって走りづらいはずですが、鞍上の岩田騎手があえてそこを狙ったのは、勝ちにこだわっていたからでしょう。

ただ、直線でロゴタイプの内に入ってきましたが、馬に勝負根性がなければあれだけ狭い場所を抜けるのは容易ではなく、牡馬に負けない気性と力強さに驚きました。

何より精神面がしっかりしている馬ですね。岩田騎手ははじめからインを突こうと決めていたような、そのために少し強引と思える乗り方をしましたが、Cデムーロ騎手が上手く走らせていたこともあり問題はなく、結果的には勝てたのだから良い判断といえるでしょう。

それにしてもあの直線で全くブレずに真っ直ぐ馬を走らせることができるCデムーロ騎手の手綱さばきは惚れ惚れします。

もう一頭、注目していたシュタルケ騎手騎乗のステファノスは中団で折り合い、1番人気馬イスラボニータをマークする態勢。

ところがそのイスラボニータは馬場が合わないのか思いのほか反応が悪く伸びてゆかず、そのためステファノスの仕掛けが僅かに遅れた感じです。追い出してからトップスピードにのるまで多少時間がかかるのか最後はよく詰め寄りましたが3着まで。少しもったいない競馬でしたね。

直線が長いコースで伸び伸びと走ることができれば、かなり良い脚を見せてくれそうです。

1番人気イスラボニータは、やはりパンパンの良馬場で持ち味が生きると感じる走りで5着に敗れてしまいましたが、休み明けと馬場状態だけが敗因とも思えない敗戦でした。

今回叩いたことで次走どこまで変わってきてくれるか、改めて強いイスラボニータを見たいですね。



[PR]
3連単10点で万馬券を当てるより、
圧倒的に簡単で同じだけ儲かる馬券
それが『穴の単複1点』勝負です。

完全無料
第52回弥生賞(G2)
単複1点勝負

↓ ↓ ↓
予想はメールアドレスのみで見れます



中央競馬 ブログランキングへ

|

« 3月7・8日の注目馬情報 | トップページ | 3月14・15日の注目馬情報 »

レース回顧」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1466872/59142324

この記事へのトラックバック一覧です: 中山記念に出走したGIホース3頭の明暗:

« 3月7・8日の注目馬情報 | トップページ | 3月14・15日の注目馬情報 »