« 2月21・22の注目馬情報 | トップページ | 2月28・3月1日の注目馬情報 »

2015年2月18日 (水)

3歳牡馬戦線の行く末を占う重要な一戦

[PR]
3連単10点で万馬券を当てるより、
圧倒的に簡単で同じだけ儲かる馬券
それが『穴の単複1点』勝負です。

完全無料
第32回 フェブラリーS(G1)
単複1点勝負

↓ ↓ ↓
予想はメールアドレスのみで見れます



先週の東京競馬メインレースは第49回共同通信杯。ミスターシービー、ナリタブライアン、ジャングルポケットにゴールドシップ、そして昨年のイスラボニータ等、他にもまだまだ多くの名馬が名を連ねますがこれら歴代優勝馬を見ればわかるとおり、3歳馬にとってはクラシックに向けてとても重要なレースとなっています。過去には1998年エルコンドルパサーのように積雪のためダートに変更された年もありますが、今年は良馬場で行うことができました。馬場が良ければやはり注目されるのは出走メンバーの中でもとびきりの脚をもつ超良血馬ドゥラメンテ。単勝1.8倍の圧倒的1番人気にどのようなレースぶりで応えてくれるのか期待しつつ観ました。
タイミング良くゲートをとび出し好位に取りつき追走。良いスタートが切れたことでドゥラメンテは闘志を表に出し、行く気満々のところを、外から何頭か並びかけて併走の形になり、少し頭が上がる体勢になってしまいました。鞍上の石橋騎手が折り合いをつけようと必死でなだめましたが、頭を上げた体勢はそのまま、なかなか落ち着いてくれず、またレースの流れとは関係なく折り合いに専念したためにポジションを中団まで下げることになってしまい、もしも最初につけた位置でスムーズな走りができていればと、多少悔いの残る内容だったのではないでしょうか。

それでも上がりは最速の33.7秒、最後ゴール前で一瞬勝ちを思わせる脚を見せたところはさすがで、あの状態から2着に突っ込んでこれるのだから本当にその能力の高さには驚かされます。
ドゥラメンテ最大の長所は、鞍上がゴーサインを出すとすぐさま反応しキレのある良い脚を使えるところでしょうか。このような脚をもつタイプは大崩れすることがないので安定した成績を残す傾向があります。次も人気になるでしょうがぜひ注目したいですね。

優勝はキャリアわずか1戦で単勝3番人気に支持されたリアルスティール。2戦2勝で重賞制覇、一気にクラシック戦線に名乗りをあげました。
レースは2着ドゥラメンテとは対照的にスタート後は好位でピタリと折り合いいかにも順調な様子、じつに滑らかなレース運びで、騎乗した福永騎手もさぞかしラクだったでしょう。完勝と言ってよい内容でした。直線で仕掛けたときに、ほんの少しモタついたところが見られましたがその後に馬群を割ってくる脚はさすがディープインパクトの仔だと感じさせるものでした。キャリアを考えれば今回の走りだけでも十分すぎるとは思いますが、管理調教師である矢作師が完成度は6~7分と語るとおり、これからまだまだ成長が見込めそうです。次走までにどう成長するのかじつに楽しみです。
ただドゥラメンテとの勝負付けが済んだとまではいえず、ドゥラメンテも今回の敗戦を糧にして成長が期待されるので、おそらく次に顔を合わせるのは本番の皐月賞でしょうが、そこでの対戦が待ち遠しいですね。



[PR]
3連単10点で万馬券を当てるより、
圧倒的に簡単で同じだけ儲かる馬券
それが『穴の単複1点』勝負です。

完全無料
第32回 フェブラリーS(G1)
単複1点勝負

↓ ↓ ↓
予想はメールアドレスのみで見れます

|

« 2月21・22の注目馬情報 | トップページ | 2月28・3月1日の注目馬情報 »

レース回顧」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1466872/58978424

この記事へのトラックバック一覧です: 3歳牡馬戦線の行く末を占う重要な一戦:

« 2月21・22の注目馬情報 | トップページ | 2月28・3月1日の注目馬情報 »