« 1月31・2月1日の注目馬情報 | トップページ | 2月7・8の注目馬情報 »

2015年1月28日 (水)

田辺騎手の考えたゴールドシップを負かす競馬

先週の中山競馬メインは第56回アメリカジョッキークラブカップ。
有馬記念から中3週でGⅠレース5勝のゴールドシップが出走し、単勝1.3倍の圧倒的な支持を得ました。もちろん、僕もこの馬には注目していました。普通に走れば間違いなく勝てるレースと思っていましたが、今回はその“普通に走る”ことができず7着に敗れました。
スタートは五分に出られたものの、そこからの行き脚がつかず道中は外を回る展開。レースの流れも前半の1000m通過が63.0秒と超スローペースで、その中を動くに動けず、仕掛けどころで全体のペースが上がったときにはすでに遅く、良いところなく終わりました。
敗因は外を回る展開やかなり遅いペースなど、全体的に今回のレースはゴールドシップに向かなかったということでしょうが、気性・気持ちの面も多少影響したように思います。
ただ、いくら展開が向かなかったとはいえ、今回のように直線でほとんど伸びないというのはゴールドシップにしては珍しいこと。どんな流れでも強さは見せてきたし、またそうでなければGⅠであれだけの成績をおさめられるわけがありません。
鞍上の岩田騎手はゴールドシップの末脚の爆発力を信じて騎乗していたのでしょうが、向正面や3コーナー手前あたりで馬がハミをとって行く気になったときにマクリ気味に動いてみるのも1つの手だったように思います。あれで馬の気持ちが乗らなくなった可能性もゼロではありません。ただしこれは残りの距離を考えるとまだ早いと抑える騎手の気持ちもよくわかるので仕方ないでしょうね。
レースに出てくればほぼ1~2番人気になりますが走るときとそうでないときの差が激しく、とはいえ地力の高さは疑いようが無いので見切りをつけるわけにもいかず、取捨のタイミングが非常に難しいタイプです。

今年のアメリカJCC優勝はクリールカイザー。鞍上の田辺騎手は昨年のヴェルデグリーンに続くレース連覇となりました。
逃げを主張した田辺騎手は、自らペースを作り前残りの上がり勝負の展開に持ち込んでしまえば、後方から来るゴールドシップは間に合わないと思ったのでしょう。レース後のインタビューで語ったように「ゴールドシップを負かすためにどうしたらよいか考えた」騎乗をし、先頭に立つとゆっくりとした流れを作り自身に有利なペースを淡々と刻んでいきました。途中から他馬にまくられて先頭を奪われても慌てることなく、そのポジションのまま馬のリズムを崩さないよう騎乗し続けたのが彼の上手いところでしたね。無理に先頭を奪い返さなかったことで馬の精神的にも体力的にも余裕ができ、4コーナー手前から前を行った馬の脚が止まりはじめたときに自然にまた先頭に立てました。こうして脚を溜めたからこその直線の伸び。じつに良い騎乗でした。

このほか、僕が注目していたうちの一頭、エアソミュールは気性面で乗り辛いところがあるのですが、期待どおりCデムーロ騎手が上手く御していました。中団でスムーズに立ち回り直線でもよく伸びてきたのですが、遅い流れだったために前も止まらず3着が精一杯。しかし持ち味の長く使える良い脚はしっかり見せてくれました。次走でも期待できそうです。



大西直宏が出演している媒体

日刊スポーツ

WORLD競馬web

スポルティーバ 競馬&格闘技



中央競馬 ブログランキングへ

|

« 1月31・2月1日の注目馬情報 | トップページ | 2月7・8の注目馬情報 »

レース回顧」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1466872/58736470

この記事へのトラックバック一覧です: 田辺騎手の考えたゴールドシップを負かす競馬:

« 1月31・2月1日の注目馬情報 | トップページ | 2月7・8の注目馬情報 »