« 11月8・9日の注目馬情報 | トップページ | 11月15・16日の注目馬情報 »

2014年11月 5日 (水)

実績あるメンバー相手に力を証明したイスラボニータ

先週日曜日に東京競馬場で行われたG1レース天皇賞・秋は第150回の節目にふさわしく、実績あるメンバーが揃ってじつに豪華な1戦となりました。
そんな古馬の猛者が集まるレースで1番人気になり期待されたのは今年の皐月賞馬、イスラボニータ。レース間隔が少しあいた他の人気馬よりも、前走での勝ちっぷりが記憶に新しいこの3歳馬が人気を集めるのは当然でしょう。
そのイスラボニータは7枠15番と外めの枠。府中2000Mはスタートからすぐにコーナーにかかるため外枠は不利というのは周知の事実で、鞍上のルメール騎手はそれをふまえ4番手の好位を取りにいったのでしょう。行くわけでなく、馬を下げるでもなくという中途半端なポジションはかえって外々を回らされるおそれがあるのでルメール騎手のこの思い切りの良い騎乗は正解と思います。
直線、早め先頭で押し切るかと思われましたが、最後の最後、早く抜け出した分気を抜いてしまったのかゴール直前で差されてしまいました。
ただ3着に敗れたとはいえレース内容は申し分なく、古馬に混じってこれだけの競馬をするのだから強さは十分に証明されました。
世代を代表する馬として来年以降も活躍を期待します。
2着は2番人気ジェンティルドンナはマイペースのインでぴたりと折り合い、絶好の手応えでレースを進められました。直線は抜け出すのに狭いところに入ってしまい少し窮屈そうになっている姿も見られましたが、こじ開けるように伸びてきてイスラボニータをかわし2着を確保。さすがG1レース6勝の現役最強牝馬、底力は今さら言うまでもありませんね。
休み明けでなかったら断トツ人気で当たり前の馬。今回の走りにより次走、3連覇がかかるジャパンカップでもかなりの人気を背負うでしょうが、これまでもプレッシャーや数多の強敵と戦いそれらに打ち勝ってきた強い馬ですから、きっと見どころいっぱいの良い走りをしてくれるのではないかと思います。

僕が注目していた4番人気エピファネイアはレースでは中団の位置取り。
前半1000Mが60.7秒というのは、良発表ではあったものの前日の雨が影響し多少時計がかかる馬場になっていたことを考えても、やはりこのメンバーでこの時計は遅く、エピファネイアにしてみたら苦しい流れとなりました。折り合い面が心配な馬だけにもう少しスムーズに流れてほしかったのですがそれはかなわず、手綱をとった福永騎手がいかにも乗り辛そうにしているのがわかりました。エピファネイアは騎手にとっては気難しくて手を焼きそうなタイプですが、やはり能力は一級品。こういう馬が全ての力を出し切れるような渾身の騎乗ができたときにはジョッキーとして最高の気分を得られるでしょうね。

優勝したスピルバーグはこの遅い流れを後方待機。“自分の競馬に徹する”のはどの騎手も考えることですが、スピルバーグ鞍上の北村騎手はそのとおりの騎乗をし、結果的には前残りのレースとなった今回の天皇賞でこの馬だけが大外から一気に伸びてきました。
いくら府中が合うとはいえこれはG1レース、これまで戦ってきたメンバーとはわけが違います。その中を後方からごぼう抜きして勝ってしまうのだから凄い。力がついて素質が開花したということでしょう。真の力を見極められる次走に注目ですね。

|

« 11月8・9日の注目馬情報 | トップページ | 11月15・16日の注目馬情報 »

レース回顧」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1466872/57895034

この記事へのトラックバック一覧です: 実績あるメンバー相手に力を証明したイスラボニータ:

« 11月8・9日の注目馬情報 | トップページ | 11月15・16日の注目馬情報 »