« 2014年10月 | トップページ | 2014年12月 »

2014年11月

2014年11月26日 (水)

超がつくハイペースとなったマイルCS

先週は京都競馬場で第31回マイルチャンピオンシップが行われ、単勝8番人気のダノンシャークが優勝。今年は前半3ハロンが33.7秒、1000m通過56.7秒と、たとえ強いメンバーが揃うGⅠレースであっても超がつくハイペースな流れになってしまいましたね。
今年に入りシンザン記念、アーリントンカップ、そしてNHKマイルカップとGⅠ含む重賞を3連勝し、その全てが1倍台の断トツ人気での勝利という大物3歳馬ミッキーアイル。秋初戦の前走・毎日スワンSも古馬を抑えての1番人気で優勝したことでさらに人気は確実なものとなり、今回も昨年の覇者トーセンラーを上回る1番人気に支持されました。しかし、もともとスタートセンスがありいつもはスムーズに先手を取れるミッキーアイルも、今回は8枠15番と外枠だったために逃げを打つことができず先に行ったホウライアキコを見ながらの2番手につけることになり、そこで特に競る場面はなく控えめに行っても良かったはずなのですがピッチ良く行き過ぎてしまったような感じ。これだけハイペースだと前に位置する馬は苦しくなります。前の馬(ホウライアキコ)を気にせずに行かせて、自分(ミッキーアイル)が逃げているつもりでマイペースに持ち込めばよかったのではと思われそうですが、やはり前に馬がいるのといないのでは全く違い、馬にとっては精神的にも体力的にも非常にストレスになり消耗が激しくなります。
ミッキーアイルはまだ3歳、これからも重賞で上位人気を背負って走る馬です。場数を踏み、様々な状況に対応できる大人に成長するであろう来年が楽しみですね。

中団もしくは後方でも十分に間に合うレース展開となった今回、勝ったダノンシャークは中団でうまく脚を溜められました。その最後の脚もですが、勝因としてまず挙げられるのはやはりコース取りでしょう。やや外寄りの6枠12番ゲートでしたが上手にインに潜りこんで、直線でも狭いところを割ってきていました。現在の京都競馬場の芝では、外々を回っていたら到底勝ち目がない。そのことを1番に考えて岩田騎手はインで競馬することに徹し、どんな状況でも「外に出そう」などとは全く思っていない迷いのない騎乗をしました。馬の能力を引き出すために最高の騎乗をした岩田騎手が最大の勝因かもしれません。
期待したワールドエースは4番人気8着。
「スタートがうまくいかなかった」とレース後コメントにあり、これはパッと見ただけでは明らかな出遅れというわけではありませんが、実際に跨る騎手には、ほんの一瞬のその遅れが致命的な遅れであるかのような感覚なのです。そこでアクセルのかけ方に微妙な違いが生じ、馬にとってもじわじわと消耗していくようなレースになってしまうことがあり、競馬が進むにつれてその違和感やズレは決定的なものになって最後の脚に影響します。力がとてもある馬なので次走でも注目したいと思います。
昨年の優勝馬トーセンラーは4着に敗れ、その要因としては、上位に来た馬とは通ってきたコースが違ったからとしか言いようがありません。追い込み馬なので脚を存分に使うためにはリスクの高い内よりも外を回った方がよいのは間違いないのですが、やはり距離ロスの分がそのまま着差になったように感じられました。それでも最後の脚は素晴らしく、さすがGⅠ馬と思わせる貫禄ある走りを見せてくれました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月24日 (月)

11月29・30日の注目馬情報

注目ランクB
国枝 厩舎
タンタアレグリア
※東京8-3R・2歳未勝利・芝2000mに出走予定

夏に2戦して勝ち切れなかったこの馬だが、素質の高さを感じさせており、その走りから「もう少し距離が延びればすぐに勝てる」と見ていた。今回は2000mを選択。もっと長くてもいいくらいだが、もちろん不足はない。新コンビ三浦皇成も稽古に乗って好感触を掴んでいる様子。待望の初勝利へ待ったなし。

注目ランクB
橋田 厩舎
アドマイヤスカイ
※京都9-3R・2歳未勝利・芝1800mに出走予定

デビュー前の評価は決して高いとはいえなかったが、強敵相手に3着は大健闘。この馬の走りにも見るべきものがあり、騎乗した藤岡康も「相手が悪かった。今度は普通なら何とかなりそう」と、確かな手応えを掴んだそうだ。当時、長く勝利から遠ざかっていた厩舎も、11月に入って2勝を挙げて上げ潮ムード。追い風は吹いている。

注目ランクMM
大久保洋 厩舎
ショウナンアイ
※東京9-3R・2歳未勝利・芝1800mに出走予定

鞍上の吉田豊騎手いわく、「戸惑っているうちに終わってしまいました」と6着に終わったデビュー戦。ただ、勝ったのは強い関西馬、2着馬も既に勝ち上がっており、この時期の芝のマイル戦という事でそれなりの馬が揃っていた。今回は距離を少し延ばして1800mへ。調教を見ても前走からの上積みは明らかで、今回一変の可能性も十分。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月19日 (水)

馬の持ち味を上手く引き出した川田騎手の騎乗

京都競馬場で先週、第39回エリザベス女王杯が行われました。
優勝は昨年のこのレース2着馬ラキシス。重賞未勝利馬がまたもGⅠ制覇を成し遂げました。
ペースはスローに流れましたがラキシスは慌てず焦らず中団でじっくりと追走、上がりの瞬発力勝負になった直線でそれまで温存していた脚をフルに使い、先頭をいく1番人気馬ヌーヴォレコルトを差し切りました。通ったコースがとても良く、鞍上・川田騎手が馬の持ち味を上手く引き出す騎乗をしてくれました。おかげで最後まで気を抜かずよく伸びる脚を使うことができました。重賞未勝利とはいえ、牡馬と互角に戦い重賞でも好成績をあげてきた馬。春のヴィクトリアマイルは大敗したものの2000m以上のレースでの安定感はかなりのもので、力を出し切ることさえできればGⅠを勝って当然ともいえます。このエリザベス女王杯は勝つべくして勝ったという感じですね。
1番人気に支持され多くのファンの期待を背負った3歳馬ヌーヴォレコルトは、秋華賞に続きまたもやクビ差に泣く2着。ただその走りは十分に期待に応えてくれる素晴らしいもので、岩田騎手もパーフェクトといえる騎乗をしました。勝った馬を褒める以外ありません。
レースは前走の秋華賞よりも少し前の位置につけて流れに乗り、徹底して内を回るロスのない競馬をしました。直線に向くと先頭に立ち、そのまま押し切るかと思われましたが最後にかわされ惜敗。申し分のない騎乗だと思いますが、あえて敗因をあげるなら、抜け出すのがほんの少しだけ早すぎたこと、それと開催が進んで馬場の内側が外に比べ荒れていたことくらいでしょうか。しかしこれも結果を受けて無理に挙げただけの話で、内容は強い馬が強さを見せる素晴らしいもの。前走と同じく勝ちに等しいレースだったと思います。
牝馬3冠レース全てに出走するだけでも大変なことですが、その結果が3・1・2着というのは本当に凄い。ハープスターという大物もいますが、安定してこれだけの成績をおさめ、中心となって今年の3歳牝馬戦線を盛り上げてくれたヌーヴォレコルトは間違いなく世代を代表する馬です。
注目馬の1頭メイショウマンボは12着大敗。
3・4番手の好位を取りにいき、ペースもこの馬向きだったにも関わらず追ってから伸びる脚が全くありませんでした。調子が悪いのか、または精神面の問題かいずれにせよ牝馬限定戦でここまで負けてしまう馬とは思えないのですが、立ち直るのは容易ではなさそうです。
復活を期待しています。
秋華賞馬ショウナンパンドラは3番人気で6着に敗れましたが、今回は6枠12番と外寄りの枠で前走(3枠6番)のように上手く内を追走することができなかったので仕方がない。外を回らされたことで脚が溜まらず、秋華賞のような伸びはなく初めて掲示板を外す結果となってしまいました。それでもこういう堅実な走りをしてくれる馬は地力が高いということで、流れや位置取りによってハマると好結果を生み出します。長く応援していきたい馬の1頭ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月16日 (日)

11月22・23・24日の注目馬情報

注目ランクMM
土田 厩舎
ツクバインパクト
※東京5-2R・2歳未勝利・ダ1600mに出走予定

手掛ける厩務員は、かつて母のウェディングハニーも担当しており、その母にも乗っていた鞍上の柴田善騎手とは旧知の仲。期待していた前走のデビュー戦は先行策も実らず10着に敗れたが、まだ諦めムードはない。「芝のスピード比べになると少し分が悪いので、ダートを試します。小さいなりに上積みがあるし、能力は確かなので、一変もあるかもしれませんよ」と、大変身を願っての一戦。ベテランコンビの意地は見ものだ。

注目ランクB
小島茂 厩舎
フロレットアレー
※東京5-4R・2歳未勝利・芝1600mに出走予定

前走は見ての通り、直線で行き場を失い完全に脚を余した不完全燃焼の競馬。必勝態勢で臨んだ陣営にとっては何とも残念な結果となってしまったが、力を出し切って敗れたわけではなく、捲土重来を期す今回、自慢の瞬発力を如何なく発揮してくれることだろう。

注目ランクB
藤沢和 厩舎
カービングパス
※東京6-9R・赤松賞・芝1600mに出走予定

届かないか?と思う位置から急接近、ゴール寸前で前を捕らえた瞬発力が目を引いたデビュー戦。この厩舎縁の良血馬らしく、その素材は確かなものがありそうだ。その後、新潟アスター賞に出走する予定だったところ、デキが整わず回避するという背景があるのだが、無理しなかったことは正解だっただろう。テンションの高さは気になるが、力を出し切れば連勝の可能性は十分ある。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月12日 (水)

好調騎手の技術と自信が馬に与える影響

年の暮れまで続くGⅠ戦線、先週はその中でGⅠレースが行われない唯一の週でした。
東京メインレースは第52回アルゼンチン共和国杯。
優勝したのは2番人気フェイムゲームです。
鞍上の北村宏騎手はスピルバーグで天皇賞を制覇した前週に続く2週連続の重賞勝利となりました。彼はデビューより現在まで常に上位の成績を毎年キープし通算1000勝も達成しているトップレベルの騎手、若い頃から将来を嘱望されるいわゆる乗れるジョッキーとしてお馴染みなので今さら活躍もなにもありませんが、あれほどの好成績をあげていても「先週からずいぶん調子がいいな」と見る者に感じさせるのですから、やはりGⅠレースを勝つというのはとても大きなことです。
天皇賞と同じく今回のレースでも巧みな騎乗を見せてくれました。
自分のペースを崩さず後方待機、直線を向くと一度は内を狙うものの進路がないと見るやすぐさま外へ持ち出して、そこから一気の加速で前を行く馬をとらえてゴール。調子が良いときの騎手というのは何をしても上手くいくもので(やることなすこと裏目になる時期もあったりするのですが)その自信が手綱を通して安心感を馬に与え、リラックスした精神状態で走らせてあげることができます。道中余計な力みがなかったおかげでフェイムゲームは最後まで脚が十分に残り、他馬とはまるで違う脚を使えました。
普通に乗っているように見えるでしょうが、馬が能力を発揮するには騎手に確かな技術があるからこそ。その点で彼は間違いなく、安心して馬を委ねられる騎手の1人です。

2着に入ったクリールカイザーは、ひところよりも安定感が増したように思います。
デスペラードが後ろを大きく離して逃げたため、2番手につけたクリールカイザーが実質逃げているような形になり、自分のペースを守り折り合いもスムーズにレースを進められました。以前はこの折り合いに少し難しそうなところがあったのですが今回は見てすぐにわかるほど楽々と走っていて、そのおかげで直線でも粘り抜き、勝ち馬にかわされはしましたが気を抜かずに最後まで走りきることができました。鞍上の吉田豊騎手は北村騎手と同じく見ていて安心のベテランジョッキー、これもまた馬の力をうまく引き出してくれましたね。クリールカイザーは自分でレースを作れるタイプなので、調子さえ良ければ騎手がしっかり導いてあげることで重賞でもこの先良い走りを見せてくれるでしょう。

1番人気ホッコーブレーヴは、GⅠレースで好走するなどかなりの底力はあります。
今回は1番人気ということで鞍上の田辺騎手が勝ちに行く競馬をしましたが、それが敗因となってしまった感じがします。このタイプの馬は自分から動いて(仕掛けて)いくのではなく、後方で壁を作って直線に向くまでの間はずっと死んだフリをしつつ、脚をためられるだけためておかなければ最大の武器である末脚が不発に終わってしまうことが多いのですが、今回は外を回らされて3コーナーからハミがかかりっ放しに見えました。馬が自ら噛んだのか、それとも騎手がゴーサインを出したのかはわかりませんが、あの位置から始動したら直線で伸びてくるはずがありません。ホッコーブレーヴの長所が全く活かせないレースで残念に思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月 9日 (日)

11月15・16日の注目馬情報

注目ランクMM
松永康 厩舎
スズヨストラ
※東京4-8R・3歳上1000万下・ダ1300mに出走予定

1600万からの降級馬でありながら、前走は久々で太目が残ってしまい14着と惨敗。その後、河口湖特別を除外になり出走予定が延びたが、「余分に追えて却って良かったかもしれません。この中間は調教を強化した甲斐があり、だいぶ絞れて本来の動きが戻ってきましたよ」と厩舎サイド。調子さえ取り戻せば現級では力上位の存在。地味な厩舎で人気もそれ程ないだろう。思わぬ高配当をもたらしてくれるかもしれない。

注目ランクB
田中章 厩舎
リメインサイレント
※京都3-10R・比叡S・芝2200m外に出走予定

前走は、そもそも厩舎のトーンがイマイチだったように、馬のテンションが高く必ずしも状態は良くなかったようだ。それでも好走したように力はこのクラスでも上のものがある。使ったことで「いいガス抜きができました」とのこと。今度はさらにイイ走りが見られそうだ。ちなみに、馬主サイドの指示があってエリザベス女王杯にも登録はしているが、除外濃厚ということは厩舎も承知しており、コチラが本線とのこと。

注目ランクB
藤沢和 厩舎
スペースクルーズ
※東京4-12R・3歳上1000万下・ダ1600mに出走予定

初の主場開催出走となった前走。多少なりとも不安はあったのだが、終わってみれば力の違いを見せ付ける圧勝劇。590キロという大型馬だけに、広いコースでさらに良さが出たという印象を受けた。あの走りを見れば東京のうちにもう1つ……と陣営が考えるのも当然の判断。昇級に泣く器ではなく、引き続き注目が必要になる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月 5日 (水)

実績あるメンバー相手に力を証明したイスラボニータ

先週日曜日に東京競馬場で行われたG1レース天皇賞・秋は第150回の節目にふさわしく、実績あるメンバーが揃ってじつに豪華な1戦となりました。
そんな古馬の猛者が集まるレースで1番人気になり期待されたのは今年の皐月賞馬、イスラボニータ。レース間隔が少しあいた他の人気馬よりも、前走での勝ちっぷりが記憶に新しいこの3歳馬が人気を集めるのは当然でしょう。
そのイスラボニータは7枠15番と外めの枠。府中2000Mはスタートからすぐにコーナーにかかるため外枠は不利というのは周知の事実で、鞍上のルメール騎手はそれをふまえ4番手の好位を取りにいったのでしょう。行くわけでなく、馬を下げるでもなくという中途半端なポジションはかえって外々を回らされるおそれがあるのでルメール騎手のこの思い切りの良い騎乗は正解と思います。
直線、早め先頭で押し切るかと思われましたが、最後の最後、早く抜け出した分気を抜いてしまったのかゴール直前で差されてしまいました。
ただ3着に敗れたとはいえレース内容は申し分なく、古馬に混じってこれだけの競馬をするのだから強さは十分に証明されました。
世代を代表する馬として来年以降も活躍を期待します。
2着は2番人気ジェンティルドンナはマイペースのインでぴたりと折り合い、絶好の手応えでレースを進められました。直線は抜け出すのに狭いところに入ってしまい少し窮屈そうになっている姿も見られましたが、こじ開けるように伸びてきてイスラボニータをかわし2着を確保。さすがG1レース6勝の現役最強牝馬、底力は今さら言うまでもありませんね。
休み明けでなかったら断トツ人気で当たり前の馬。今回の走りにより次走、3連覇がかかるジャパンカップでもかなりの人気を背負うでしょうが、これまでもプレッシャーや数多の強敵と戦いそれらに打ち勝ってきた強い馬ですから、きっと見どころいっぱいの良い走りをしてくれるのではないかと思います。

僕が注目していた4番人気エピファネイアはレースでは中団の位置取り。
前半1000Mが60.7秒というのは、良発表ではあったものの前日の雨が影響し多少時計がかかる馬場になっていたことを考えても、やはりこのメンバーでこの時計は遅く、エピファネイアにしてみたら苦しい流れとなりました。折り合い面が心配な馬だけにもう少しスムーズに流れてほしかったのですがそれはかなわず、手綱をとった福永騎手がいかにも乗り辛そうにしているのがわかりました。エピファネイアは騎手にとっては気難しくて手を焼きそうなタイプですが、やはり能力は一級品。こういう馬が全ての力を出し切れるような渾身の騎乗ができたときにはジョッキーとして最高の気分を得られるでしょうね。

優勝したスピルバーグはこの遅い流れを後方待機。“自分の競馬に徹する”のはどの騎手も考えることですが、スピルバーグ鞍上の北村騎手はそのとおりの騎乗をし、結果的には前残りのレースとなった今回の天皇賞でこの馬だけが大外から一気に伸びてきました。
いくら府中が合うとはいえこれはG1レース、これまで戦ってきたメンバーとはわけが違います。その中を後方からごぼう抜きして勝ってしまうのだから凄い。力がついて素質が開花したということでしょう。真の力を見極められる次走に注目ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月 2日 (日)

11月8・9日の注目馬情報

注目ランクB
藤沢和 厩舎
キミノナハセンター
※東京1-8R・3歳上1000万下・芝1800mに出走予定

休み明けでも仕上がり上々。「コレは負けられない」と厩舎も自信を持っていた前走がまさかの3着。スローの上に、内に閉じ込められてしまうロスが痛恨だったとはいえ、やはり物足りない結果だったと言わざるを得ない。もちろん、このまま引き下がるわけにはいかない期待馬。前走の敗戦の雪辱というテーマが加わった今回、ある意味で前走以上に注目だろう。

注目ランクMM
南井 厩舎
タマモホットポット
※京都2-2R・2歳未勝利・芝1400m内に出走予定

新馬戦で2着好走。俗に言うクズの出ない血統ということもあり、続く2戦目で楽に勝ち上がるかと思われたが、スタート後手から流れに乗れず思わぬ凡走を喫してしまった。まだ気性面に不安定な面が残っているようだが、ポテンシャルでヒケを取ることはないはずであり、「勝って休ませたい」と厩務員が語る事情付きの今回、見直しが必要になるだろう。

注目ランクB
大竹 厩舎
ルージュバック
※東京2-9R・百日草特別・芝2000mに出走予定

デビュー戦は人気の関西馬を外から鮮やかに差し切って新馬勝ち。アルテミスSは登録だけに留め予定通り自己条件に駒を進めて来た。「ペースが遅かったので勝ち時計は平凡ですが、良い決め手を見せてくれました。勝った後も順調に来ているので、クラスが上がっても即通用の馬だと思います」と連勝を確信している厩舎サイド。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年10月 | トップページ | 2014年12月 »