« 菊花賞馬トーホウジャッカルを支える関係者の尽力 | トップページ | 実績あるメンバー相手に力を証明したイスラボニータ »

2014年11月 2日 (日)

11月8・9日の注目馬情報

注目ランクB
藤沢和 厩舎
キミノナハセンター
※東京1-8R・3歳上1000万下・芝1800mに出走予定

休み明けでも仕上がり上々。「コレは負けられない」と厩舎も自信を持っていた前走がまさかの3着。スローの上に、内に閉じ込められてしまうロスが痛恨だったとはいえ、やはり物足りない結果だったと言わざるを得ない。もちろん、このまま引き下がるわけにはいかない期待馬。前走の敗戦の雪辱というテーマが加わった今回、ある意味で前走以上に注目だろう。

注目ランクMM
南井 厩舎
タマモホットポット
※京都2-2R・2歳未勝利・芝1400m内に出走予定

新馬戦で2着好走。俗に言うクズの出ない血統ということもあり、続く2戦目で楽に勝ち上がるかと思われたが、スタート後手から流れに乗れず思わぬ凡走を喫してしまった。まだ気性面に不安定な面が残っているようだが、ポテンシャルでヒケを取ることはないはずであり、「勝って休ませたい」と厩務員が語る事情付きの今回、見直しが必要になるだろう。

注目ランクB
大竹 厩舎
ルージュバック
※東京2-9R・百日草特別・芝2000mに出走予定

デビュー戦は人気の関西馬を外から鮮やかに差し切って新馬勝ち。アルテミスSは登録だけに留め予定通り自己条件に駒を進めて来た。「ペースが遅かったので勝ち時計は平凡ですが、良い決め手を見せてくれました。勝った後も順調に来ているので、クラスが上がっても即通用の馬だと思います」と連勝を確信している厩舎サイド。

|

« 菊花賞馬トーホウジャッカルを支える関係者の尽力 | トップページ | 実績あるメンバー相手に力を証明したイスラボニータ »

次週注目馬速報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1466872/57866933

この記事へのトラックバック一覧です: 11月8・9日の注目馬情報:

« 菊花賞馬トーホウジャッカルを支える関係者の尽力 | トップページ | 実績あるメンバー相手に力を証明したイスラボニータ »