« 2014年9月 | トップページ | 2014年11月 »

2014年10月

2014年10月29日 (水)

菊花賞馬トーホウジャッカルを支える関係者の尽力

先週は京都競馬場でクラシック最終戦、第75回菊花賞が行われ、3番人気馬トーホウジャッカルが日本レコードとなる3分1秒0という驚愕の勝ちタイムをたたき出し優勝。3分2秒を切ったこともそうですが、6戦2勝の夏の上がり馬がここまで上位の支持を得られたことにも、記者や競馬ファンの目の良さを感じ驚きました。
ワンアンドオンリーがダービーを制したその前日にデビュー、初勝利は7月。その頃はまさか最後の1冠となる菊花賞に出走し、制するなど関係者の誰もが思っていなかったはず。
勝因はやはりもともと高い能力をもつ馬が夏を境にメキメキと力をつけたことでしょうが、それには多くの馬がそうであるように周りの人々のサポートが不可欠で、トーホウジャッカルの母トーホウガイアを競走馬時代から繁殖に上がった現在に至るまで大事にし、自ら考えた配合で強い馬をつくるという夢を叶えた馬主の高橋氏、病気などでデビューまでの道程は順風満帆とはいえなかったこの馬のために尽力した調教師をはじめとする厩舎スタッフに牧場関係者、そして鞍上・酒井騎手の見事な手綱さばき、どれを欠いても成し遂げられなかったでしょう。周りの人々の思いにより、見事な花を咲かせました。
酒井騎手はレースで2番枠を最大限に生かした乗り方をしましたね。
淀の3000mは6度もコーナーを回りますが、その1つ目はスタート後すぐ。ならば外より内が良いに決まっています。スタートさえまともに切れば内々をロスなく行けるメリットがあり、そのとおりトーホウジャッカルは内側3~4番手を楽な手応えで進みました。
距離が長くなればなるほど折り合いが重要になってきますが、トーホウジャッカルは見ていて不安どころか、むしろリラックスした雰囲気を漂わせゆったりと走っていました。
直線は早めに抜け出したもののそこからの脚はとても鋭く、全く衰える様子が見られませんでしたが、これは仕掛けどころまで体力を温存できていた証拠です。文句なしの強さ。

ダービー馬ワンアンドオンリーとトゥザワールド、この2頭は実績からいっても一騎打ちになると思い期待していたのですが、ともに着外に沈みました。
ワンアンドオンリーは7枠15番と外枠からのスタートだったため1度も内に入ることなく外側にも前にも壁をつくることができなかったために終始力んで走っていて、息も入れられませんでした。これでは最後、脚が残っているわけがありません。
負けるべくして負けてしまった、という横山典騎手のレース後コメントの通りでしょう。
どんな大レースでも、緻密な作戦と大胆な騎乗でいつも楽しませてくれる横山騎手ですが、今回に限っては思うとおりにならなかったようです。
トゥザワールドの敗因はよくわかりませんが、道中の位置取りも悪くはなく、それほど気負いが感じられるような走りでもなくレースぶりに問題はなかったと思いますが、直線に向いて追い出す頃にはすでに余力がなく、全く伸びてこれずにバタバタになってしまいました。この馬の力からはちょっと考えられないほどの惨敗に、レース中に馬の気持ちがフッと途切れるような何か(アクシデント)があったのではないかと考えてしまいました。何事もなければ安心です。今後の巻き返しを期待します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年10月26日 (日)

11月1・2日の注目馬情報

注目ランクMM
加藤征 厩舎
トーセンマタコイヤ
※京都9-8R・精進湖特別・芝2000mに出走予定

クラシック候補にも名を連ねた好素材がいよいよ復帰の時を迎える。実は、先週の特別戦にも登録していたのだが、これは「ハンデをどのくらい背負わされるか探るため」という思惑があってのもの。当初からこのレースが狙いであり、態勢はキッチリ整っているそうだ。好位から上がり最速でまとめた新馬戦、ゴールドアクター、ショウナンラグーンを封じた山吹賞を見れば素質の高さは歴然。楽しみな1頭だ。

注目ランクMM
田島俊 厩舎
オータムラヴ
※東京8-6R・3歳上500万下・ダ1600mに出走予定

7番人気だった前走、◎ワイルドコットンの相手に取り上げて的中をお届け。ムラがあるので成績は安定しないが、スムーズに運べれば500万クラスで上位争いする力は備えている。前走から中2週での出走となるが、坂路で元気一杯の姿を見せて順調との事。前走のレース振りなら1600mの大丈夫そうだし、今回は前走勝ち馬に乗って騎乗できなかった戸崎騎手に手が戻る予定なので、再度好勝負も十分ありそうだ。

注目ランクMM
大和田 厩舎
アンズチャン
※東京9-10R・ウオッカカップ・ダ1600mに出走予定

休み明けでもイキナリからの話を聞いていた前走は、当社の本命公開に応える素晴らしい走り。適条件を狙い撃った陣営の作戦もピタリと嵌った。実はその前走時から『ココを勝って4週目を使います』と聞いていた背景。言ってみれば、このレースも厩舎狙いの鞍ということ。距離延長に不安はあるが、今の勢いなら克服する可能性もある。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年10月22日 (水)

クビ差敗れるも強さ見せたヌーヴォレコルト

今年は夏の暑さが長引かなかったおかげで、じっくりと秋が深まってゆくのを楽しめます。朝晩は多少寒さを感じるもののこれだけ過ごしやすい年は久しぶり、人はもちろん暑さに弱い馬にとって夏の疲れが残らないのはとても助かります。無事に夏を越した馬が元気な姿でレースに戻ってきてくれるのは嬉しいことです。
先週は牝馬3冠レース最終戦、第19回秋華賞が行われました。
上がり馬よりも春の実績馬に目が行きやすく、このレースもオークス馬ヌーヴォレコルトの1強ムードでしたがその1番人気ヌーヴォレコルトはクビ差届かず2着に敗れました。
他を寄せ付けない強さで圧勝した前走ローズステークスを見てしまい、やはり本命として推す方も多かったと思います。ですが、なかなか期待通りにはいかないものですね。
クビ差敗れた要因の1つは、いろいろなことが言われている通り、まずはコース取りです。
前半の1000Mが58.0秒とハイペースで進んだこのレースでヌーヴォレコルトの位置は中団の内。これはペースを考えたら理想的な位置といえます。
このまま内側を追走し直線に向かえばよいと思っていましたが、内はゴチャついて前が詰まってしまうのではないかと岩田騎手は考えたようで、4コーナーから外へ出して追い込みました。この外を通ったことによるロスが1着馬との差だったのでしょう。
ただしG1レース、それも1・5倍の断トツ人気馬に跨ったとき、包まれてしまうおそれがある内側を一か八かの勝負で突いていくよりは、外に出した方が間違いなく力は出せるし何といっても馬の身を考えると安全な選択です。人気を背負ったプレッシャーも加わり、可能性の低い博打よりも確実性のある道を選ぶのは騎手として当然しょう。しかも馬の手応えは十分にあったのだから今回の岩田騎手の乗り方は仕方ない、むしろ上手く乗りました。
コース取りには文句ありません。ただし1つだけ、惜しいと感じたことがあります。
このコース取り、この乗り方で秋華賞を勝つためには、あとほんの少しだけ早めの仕掛けが必須でした。勝ち馬に内側を行かれて、3着馬には前の数頭の外側に居られたために行き場所を失ってしまい、さらに外へと持ち出さなくてはなりませんでした。
“動き出しが僅かに遅れた”これがヌーヴォレコルトの最大の敗因ではないでしょうか。
それでも2着にこれたのはさすがで、樫の女王にふさわしい強さを見せたレースでした。

今年の秋華賞を制したのは3番人気ショウナンパンドラ
1番人気馬ヌーヴォレコルトの前の位置でレースを進められたこと、そして道中は周りに馬がいなかったため精神的・身体的な負担がなく伸び伸びとした競馬ができたことが好結果につながったのでしょう。ゆったりと落ち着いて走る姿が印象的でした。
内々の経済コースを進み、直線ヌーヴォレコルトの猛追をクビ差しのぎ見事G1勝利。
勝因はやはり鞍上・浜中騎手の上手いコース取りでしょう。
勝ったショウナンパンドラと2着ヌーヴォレコルトはあまり変わらないポジション。最後にクビ差という僅かな差が出たのは通ったところの違い、それだけです。
思い返すと、実は道中の位置取りで勝負は決まっていたのかも知れませんね。そう、実はスタートの時の僅かな差が、そのままゴールまで影響したのでしょう。

圧倒的な人気を誇るヌーヴォレコルトと互角の能力を見せてそれを負かし秋華賞馬となったショウナンパンドラ。これからも世代を代表する1頭として活躍を期待します。
1番人気馬として恥ずかしくないレースをしなければならない岩田騎手の責任感や重圧、その人気馬を負かすために勝負に出た浜中騎手の意気、それぞれの想いが伝わる良い戦いだったと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年10月19日 (日)

10月25・26日の注目馬情報

注目ランクMM
橋田 厩舎
アドマイヤケルソ
※京都7-10R・ディープインパクトC・芝2400mに出走予定

信頼できる西のブレーンが、3週ほど前から『ココで勝負を掛けるから』と聞いていたと報告してきた。近走成績がサッパリ冴えないだけに人気薄での出走は必至だろうが、その実、かなり念入りに調整されており、担当者は相当色気を持っているそうだ。最近、あまり元気がないこの厩舎。何とかこの馬を起爆剤にしたいところだろう。

注目ランクB
田村 厩舎
ニシノラッシュ
※東京7-9R・くるみ賞・芝1400mに出走予定

新馬戦の勝ちっぷりがよく、相手強化でも期待は小さくなかった前走の新潟2歳S。中団から渋太く脚を伸ばして3着健闘、本社情報の万券的中にも貢献してくれた。その後はこのレースを目標に調整されてきたとのことで、先週時点の話だが「かなり具合がイイ」と担当者。距離短縮もプラス、好勝負してくれるだろう。

注目ランクB
手塚 厩舎
オホーツク
※東京6-2R・2歳未勝利・ダ1600mに出走予定

自信満々に勝ちに行ったものの、人気を分け合っていたタップザットに屈して2着まで。ただ、3着以下には大きな差をつけており、勝ったタップザットは先日のプラタナス賞を勝って連勝。この馬の能力も推して知るべしといったところだろう。「放牧に出して一息入りましたが、帰ってきてからは坂路とウッドを併用して急ピッチで乗り込んでいます。来週もう1本やれば万全になるでしょう」と厩舎サイド。焦点は勝ち負けより勝ちっぷりというムードが既に漂っている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年10月15日 (水)

小牧騎手が後方からの競馬を選んだわけ

先週から舞台を新潟から府中に移し、本格的に秋の競馬シーズン到来という気分です。
その第1週目のメインレース、第65回毎日王冠で僕が最も期待していたのは1番人気のワールドエースでした。2012年の日本ダービーで1番人気になったほどの馬、そのキレのある脚や強さを感じる勝ちっぷりが個人的にとても好みで、今回もどれだけ凄い脚を使って追い込んでくるかと思って見ていましたが、直線不発で結果は13着大敗です。
敗因として思い当たるのは、返し馬の雰囲気。
かなり引っかかり、鞍上の小牧騎手が抑えるために苦労する様子が見られましたが、これが今回のレース運びに影響したのではないでしょうか。
騎手はパドックで馬の背に跨り、まずは歩様で状態を確かめます。そしてその後の返し馬で実際に走らせてみることによってその日の馬の状態を直に肌で感じ、見ただけ・跨っただけではわからないコンディションの微妙なところを掴んでコンタクトも確認。ここでレースに向けてどう乗るかという最終的な判断をします。
小牧騎手はおそらく、この返し馬での感触によりあのようなレース運びにしたのだと思います。あれだけかかった様子を馬が見せてしまうと、レースでもムキになり引っかかって持っていかれるのではないかという不安を感じるのは当然でしょう。
ましてや枠が大外15番枠とあっては、引っかかった場合に馬で壁が作れず、その後はもう為す術がなくなり馬が激しく消耗し最後の脚など残らない。小牧騎手はそう考えてスタートをそっと出して折り合いに専念する乗り方を選んだのではないでしょうか。その結果が後方3番手のポジションになってしまったというわけです。
開幕週のパンパンの馬場のわりにレースの流れはそれほど速くなく前半1000m通過が59.1秒、その後のペースは緩くはならなかったものの、やはり前半の位置取りがそのまま結果に直結したように思います。13着という着順はこの馬の能力からは考えられないものですが、今回の返し馬の状態を見るに、騎手としてはあのスタートの出し方を選択した気持ちはとてもよく理解できます。僕でも同じように出していたかもしれないと思うと、仕方がないと気持ちを切りかえるほかありませんね。

優勝したのは8番人気馬エアソミュール
とても難しい気性の馬ですが、このレースでは、鞍上の武豊騎手も初めて経験するほどの折り合いの良さを見せました。内々で脚をためつつピタリと折り合う文句なしのレース運び。直線に向いて、前が壁になり進路がなかなか見出せなかったようですが、それでも一瞬の隙をついて一気に突き抜けてきました。さすがというしかない武豊騎手の好判断、好騎乗です。彼らしい計ったような差し切り勝ちは見ていてとても気持ちよく“ホント上手いな”と感心してしまいます。いつでも観る者を魅了する騎乗は健在。これからもその確かな技術とスマートな騎乗で馬を勝利へと導いてゆく姿を見せてほしいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年10月 8日 (水)

痛んだ馬場を利した馬と泣いた馬

秋のGⅠシリーズが開幕し、先週は第1弾、第48回スプリンターズSが行われました。
新潟競馬場でのGⅠレース開催は12年ぶり2度目。改修した2001年以降2002年スプリンターズS当日に次ぐ史上2番目の入場者数を記録し、大いに盛り上がりました。
当日は、10週にわたり開催されたコースだけにパンパンの良馬場は望めず、内は芝がかなり痛みが目立つ状態で、さらに雨の影響もあっていかにも時計のかかる馬場でした。
こういう馬場では逃げ馬・先行馬は厳しいですね。実際この日のレースは朝から差しで決まるものが多かったようです。馬場の荒れていないギリギリのところ、例えば馬場の五分どころを走って逃げればよいと思われるかもしれませんが、確かにそうすれば余計な体力の消耗が無く少しは脚も残せるでしょう。ただしその場合、絶対と言っていいほど内に入ってくる馬(騎手)が出てきます。ロスの無い内側がガラ空きだったら一か八かの勝負で突っ込んでくる者がいるのは当然で、しかもそうなってしまうと、気づくとその馬が逃げ馬よりも前に出ていることになり、逃げ馬にとっては逃げる意味がなくなってしまいます。
よほど神経を遣って通るところを選ばないと、またたとえ良いところを選んで上手くレースを進められたとしてもかなり難しいのではないでしょうか。
よって今回は先行馬は見送り、2番人気の差し馬ストレイトガールを1番手に推しました。
スタート後は中団を追走。5枠9番と真ん中の枠でしたが、外の方へ出すことができず内を進んでいました。その後も直線で前の馬が壁になったため出られず内を抜けてきました。
おそらく岩田騎手としては馬場の良い外から追い込みたかったのでしょうがそのスペースを見つけられず、やむを得ずインから来たのでしょう。ゴール寸前では勝てるかもという期待も少しありましたが惜しくも2着に敗れました。
しかし厳しいレース内容だったにも関わらず、あそこまでくるのだから強さを感じます。力は出し切れたと思います。
ただ騎手の心理としては、勝てていたら良かったのですが、結果的に負けてしまうと自分のコース取りが間違っていた、そのせいで敗れたのではないかと悔やむことがあります。最高と思える位置で仕掛けどころも脚の使い方も文句なし、その上で敗れたのであれば、相手の決め手が上だったと納得し素直に勝ち馬を称えることができます。今回は、鞍上の岩田騎手にとって多少悔いが残るレースだったかもしれませんが、それでもあの状況であの騎乗ならば見ている者としては文句ありません。

優勝は13番人気スノードラゴン
今年の高松宮記念で2着に好走した経験があり、このときも時計のかかる馬場でした。今回のスプリンターズSも同じような馬場を外から一気に伸びて差しきり勝ち。
短距離レースで大外18番枠は普通に考えると不利なところですが、この馬が通ったのは馬場の5分~6分どころ、ここは荒れていないギリギリのラインで、ゲートを出て流れに任せて取れたのがその場所だったことは大野騎手にとって幸運でした。他馬が内で体力を奪われていく中この馬だけ温存しつつ楽に追走できたことが勝利につながったのだと思います。
1番人気ハクサンムーンはスノードラゴンとは逆に馬場の悪いところを進んでいたので、今回は仕方ありません。逃げ馬である以上、あまりに内を空けて走ることはできません。いつもどおり自分の競馬をしなければ勝てない、でもそうすれば荒れたところを走るから苦しい、騎手も馬も両方にとって厳しい選択を強いられます。
今年のスプリンターズSは馬の脚質によりコースの走る位置が決まってしまい、その位置が着順に大きく影響したように思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年10月 5日 (日)

10月11・12・13日の注目馬情報

注目ランクB
堀 厩舎
ドゥラメンテ
※東京2-5R・2歳新馬・芝1800mに出走予定

母アドマイヤグルーヴという良血馬。当然、厩舎の期待も大きく、楽しみに待っていた東京開催開幕週でも目玉の1頭にカウントされているようだ。まだ繊細な面を残してはいるが、先週の稽古でもさすがと思わせる動きを披露しており、イキナリから素質の片鱗を見せてくれそうだ。

注目ランクMM
尾形充 厩舎
ニシノプレシャス
※東京1-5R・2歳新馬牝・芝1600mに出走予定

母は芝・ダートで大活躍、厩舎の貢献馬でもあるニシノナースコール。1週前追い切りでは母の背を良く知っている吉田豊騎手が調教に騎乗し美浦のウッドで併せ馬。「お母さんと比べるのはかわいそうですが、入って来た時に比べるとだいぶ動く様になりました。来週やってどこまで良くなるかですね」と陣営。名門尾形充厩舎も最近は低迷気味。厩舎縁の期待の血統馬が活躍が起爆剤になって欲しいところだろう。

注目ランクMM
橋田 厩舎
アドマイヤサガス
※東京3-11R・エルコンドルパサーメモリアル・ダ1400mに出走予定

交流戦の前走がやや物足りない内容だったが、厩舎サイドの話によると、『初めての環境のところだとダメな馬で気持ちの問題』とのこと。あの結果は度外視してよさそうだ。今回は慣れている東京であり、帰厩してからの気配がイイとの報告。乗っている北沢騎手も「デキ落ちはない」と話しており、巻き返しの期待は高まる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年9月 | トップページ | 2014年11月 »