« 9月13・14日の注目馬情報 | トップページ | 9月20・21日の注目馬情報 »

2014年9月10日 (水)

あらためて問いたい制裁の可否

先週はサマー2000シリーズ最終戦、第50回新潟記念が行われました。今年は9月の中山開催分があるため新潟競馬はあと約1ヶ月続きますが、最近の早朝の肌を刺すような冷たい空気に夏の名残をあまり感じられないせいか、気分はすっかり秋モードに突入です。

今年の夏競馬を締めくくるレース新潟記念、優勝したのは1番人気マーティンボロでした。
荒れるので有名な新潟記念で1番人気馬が勝つのは久しぶり。これは、ハンデ戦のため実績・実力がある馬は負担重量が大きく、しかしそれでもなおトップハンデまたはそれに近い馬が人気を集めやすい傾向にあり、もちろん2000年ダイワテキサスのようにトップハンデ59キロながら1番人気の期待に応え優勝することはありますが、やはり斤量に泣くケースが多いからでしょう。今年はトップハンデ57.5キロを背負った3頭がいずれも4番人気以下ということからも特に抜けた存在がなく、何が勝ってもおかしくない状況でした。でもなぜか混戦模様のときに限って順当に人気馬同士の決着というのもよくある話ですね。
マーティンボロは中団の位置取りで馬群の中でレースを進め、直線に入って外に持ち出そうとするものの進路が無く、やむを得ず内に切り替えて強引に前をこじ開けると、残り1ハロンは父ディープインパクト譲りのさすがと思わせる伸び脚を見せてくれました。休み明けの前走・小倉記念でも良い内容で2着と充実一途の現在、とても楽しみな1頭です。

このレースでは、マーティンボロの鞍上・ローウィラー騎手が進路妨害をして9月13日から開催8日間の騎乗停止を受けました。以前は進路妨害により騎手が騎乗停止になった場合は降着や失格を伴いましたが、現在はほぼ着順に変更はなく制裁は騎手のみ受けています。最近の制裁の中では8日間の騎乗停止はかなり重く、それだけ他馬へ与えた影響が大きいことを意味しますが、9月14日までの短期免許しかないローウィラー騎手にとってこれがどれほどの罰となるのでしょう。
改正以前は、進路妨害で降着になると賞金は当然その分だけ下がり、騎乗停止になれば騎乗機会と信頼が失われてリーディング上位以外の騎手にしてみたら死活問題、何より馬主や厩舎関係者、応援してくれるファンに多大な迷惑をかけることになるので二度としないように次から気をつけて騎乗しました。また自分の騎乗馬だけでなく被害馬の関係者に対しても、馬のリズムが乱れて調子を崩してしまったり精神的なものが後々のレースに影響したりと大変な迷惑をかけますが、降着という形でどうにか納得してもらえたのではないでしょうか。今は、降着ではなく自分が騎乗停止になることで済むなら騎乗した馬の関係者に迷惑がかからないので少し気が楽な部分があり、それはそれで騎手にも関係者にも良いことなのですが、絶対に同じ過ちを繰り返さないよう必死になり騎乗技術を磨くことを怠り、なかなか技術の向上が見られない者も出てくるかもしれません。

騎手はレースに出るからには1着を目指します。自分の馬を勝たせるため、または最大のライバルとなる馬を封じ込めるために全力で騎乗に臨み、それで時には際どいプレーや激しい意見の衝突を生じますが、その駆け引きもハッキリとした意思表示もあくまでルール内のこと。競馬学校での厳しい訓練と実際の競馬で目にする先輩たちの高い技術や精神力を基にして育ったJRA騎手に、ラフプレーで勝って嬉しいと感じる者がいるとは思えません。だから日本競馬、中央競馬は甘いんだと言われてしまうかもしれませんが、この日本で行われるJRA主催の競馬では勝てば何をやってもよいという風潮は合わず、正々堂々・公明正大なレースが観られることを望む人がほとんどでしょう。
慎重に乗るのと、弱気・消極的な姿勢とは全く違うことを意識しつつ試行錯誤を繰り返すことで、いずれ決して越えてはならないラインや譲れない武器である自分だけの感性を身につけていきます。レースに出走する馬全てが力を発揮できるようフェアプレーを心がけ、大胆でいながら冷静で繊細な手綱さばきで勝利を目指す、そんな騎手たちの姿はじつに清々しく格好良いもの。そういう意識や誇りをもつ者によるレースが多く観られることを願っています。

|

« 9月13・14日の注目馬情報 | トップページ | 9月20・21日の注目馬情報 »

レース回顧」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1466872/57329123

この記事へのトラックバック一覧です: あらためて問いたい制裁の可否:

« 9月13・14日の注目馬情報 | トップページ | 9月20・21日の注目馬情報 »