« 9月6・7日の注目馬情報 | トップページ | 9月13・14日の注目馬情報 »

2014年9月 3日 (水)

鋭い感性と度胸で勝負を賭けた三浦騎手

先週の札幌メインはサマースプリントシリーズ第5戦、第9回キーンランドカップ。
レースは2012年の2歳女王ローブティサージュが阪神JF以来の重賞2勝目を挙げましたが、じつは僕は戦前、ローブティサージュが連に絡むのは難しいと予想していました。
なぜなら前走の函館スプリントSでは2着と確かに好走したものの、展開に恵まれた結果だというイメージがどうしても拭えず、まだ完全復調とはいえないのではないかと判断してしまったからです。
ところがそれを裏切る見事な走り。これはもう素直に勝った馬を称えるほかありません。
競走馬として完成前の2歳時とはいえGⅠタイトルを取るからには素質の高さは疑いようがなく、あとは本来の力を発揮できるキッカケさえ掴めれば・・・という状態だったのでしょう。
そのキッカケというのが、今回のレースでの鞍上・三浦騎手の位置取りでした。
前走は、後方から進んだおかげで良い脚を使えた(=好走につながった)のだと僕は思っていましたが、実際に手綱を握った三浦騎手は全く違う考えで、もう少し前でレースを進めていたら勝ちまけになったはずと悔しい思いをしたようですね。今回のレースでは彼の思い通りの中団につけて追走、直線入り口で先頭の馬を射程圏内におさめて追い出すとグングンと伸びていき見事に前を捕らえました。
競馬で良い着順になると、騎手は次走も同じような乗り方をするものですが、三浦騎手はあえて変えてきました。前走で手応えを感じ、今回は勝負を賭けてきました。鋭い感性に度胸の良さ、それを生かせる騎乗技術の高さなど、彼の騎手としての力がローブティサージュの能力をうまく引き出し、今回の勝利を呼び込む大きな要因だったと思います。
2着レッドオーヴァル
3月の高松宮記念に参戦して以降1200m戦に転向、この夏も2度出走し好調そのものといったレースぶりで今回1番人気に推され期待を集めました。結果は2着に敗れたもののGⅠ桜花賞2着馬の底力を見せ、ワンツーを決めた4歳牝馬の頑張りが印象的なレースでした。
枠順は16頭立ての15番枠で、内に入ることができず外々を回らされる展開になり、それでも直線の脚は目を見張るような伸び。
1,2着馬ともにGⅠスプリンターズSを見据えての今回の走り、内容がとても良いですね。
今年は直線の長い新潟競馬場で行われるため札幌や中山などとは違う乗り方を強いられることになるでしょうが、距離や脚質など全く問題なし、世代トップの能力を持っているこの両馬は決して恥ずかしいレースはしないと思います。

|

« 9月6・7日の注目馬情報 | トップページ | 9月13・14日の注目馬情報 »

レース回顧」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1466872/57266615

この記事へのトラックバック一覧です: 鋭い感性と度胸で勝負を賭けた三浦騎手:

« 9月6・7日の注目馬情報 | トップページ | 9月13・14日の注目馬情報 »