« 7月19・20日の注目馬情報 | トップページ | 7月26・27日の注目馬情報 »

2014年7月16日 (水)

1・2着とも鞍上の好騎乗が光った七夕賞

サマー2000シリーズ初戦の第50回七夕賞が先週、福島競馬場で行われました。
1番手に挙げた2番人気ラブリーデイは6着。良の発表ではあるものの少し湿り気のある馬場で57キロという負担重量が最後に響いたのでしょう。「理想的な競馬はできた」との鞍上・川田騎手のレース後コメントどおり仕掛けどころまでは思った通りのレース運びができていたと思いますが、伸びませんでした。
2番手は連覇を狙ったマイネルラクリマ、これもレースはスムーズに進められたと思います。直線でもこの馬なりに伸びていますが、やはりラブリーデイと同様、トップハンデ58キロのキツイ斤量が馬にとってかなり負担が大きかったようで、本当に重くて辛そうだと感じさせる走り方をしていました。今回の敗戦は仕方のないことと思いましたが、それでも3着に入るのだから力は十分に見せてくれました。
上記2頭以外に狙いをつけていたのは優勝馬メイショウナルトと2着馬ニューダイナスティでした。
メイショウナルトの近走は4戦連続2ケタ着順という、それまでの実績や走りからは納得のいかない成績でしたが、これはレース途中でやめてしまうことが多いのが理由。気難しい馬のようですね。鞍上の田辺騎手はそうした性格やクセを受け止め、馬の気持ちを最優先に考えた結果としてこのレースで逃げを選択したのでしょう。
逃げることで自分のペースを作れるので、馬がストレス無く伸び伸びと走ることができます。昨年の小倉記念を制しているようにもともとの能力は高い馬なので、競馬に対して前向きな気持ちにさえなれれば、これくらいは走って当然といえます。初コンビではありますが、田辺騎手がうまく合わせたのか相性が良かったのか、馬の悪いところを出さずに良い部分をしっかりと出して上手く導きました。
騎手は初めて騎乗依頼があった馬に関して、以前乗ったことがある騎手に直接聞きにいったり調教師の指示を受けたり、あるいは自ら過去のレース映像を観てどんなクセをもつか、どんな走りをするのか長所・短所を自分なりに把握したり。どうやって乗ったらこの馬にとって良い走りをさせてあげられるかを必死になって考えます。
ただ、思った通りのレース運びができたとしても、ペースや相手の出方次第で勝ちきるまではできないことが多いです。それを今回の田辺騎手はやってのけました。よく考え、自分の感性を信じ、大事に乗ったのが大成功。見事な騎乗だったと思います。
2着ニューダイナスティは中団インの位置でコースを無駄なく追走。
デビューから20年以上のベテラン、吉田豊騎手が上手く騎乗しました。切れる脚というタイプではないのですが、代わりにしぶとく良い脚を使えることを利用し早めに動かしていったのが好走に大きく影響しています。
今年の七夕賞は1・2着馬ともに、鞍上の好騎乗が光りました。

|

« 7月19・20日の注目馬情報 | トップページ | 7月26・27日の注目馬情報 »

レース回顧」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1466872/56807541

この記事へのトラックバック一覧です: 1・2着とも鞍上の好騎乗が光った七夕賞:

« 7月19・20日の注目馬情報 | トップページ | 7月26・27日の注目馬情報 »