« 徹底した姿勢で馬を理解して勝った横山典騎手 | トップページ | 福島芝1800m特有の難しさと松岡騎手の好騎乗 »

2014年7月 6日 (日)

7月12・13日の注目馬情報

注目ランクMM
加用 厩舎
フェイブルネージュ
※中京3-12R・3歳上500万下牝・芝1600mに出走予定
かつては乗り役が「コレでクラシックを!」とまで期待していた素質馬。その後の成績が今ひとつなのだが、少なくとも前走は内で寄られて立て直す痛恨の不利があってのもの。まともならもっと上に来ていた競馬であり、まだ見限れないだろう。優先権がないため、出走できるかどうかがまずは焦点だが、出られるようなら勝ち負けしても不思議ない。
注目ランクMM
大竹 厩舎
プラチナブロンド
※函館3-3R・3歳未勝利・芝1200mに出走予定
2戦目の前走は鞍上にウィリアムズ騎手を配したが、前半からムキになって抑えが利かず、強引に押し切ろうとするも最後はバテてしまう、というお粗末なレース内容で惨敗。ただ、「ゲートで口を切っていた」との話もあり、ある意味で納得の敗戦とも捉えられる。その後一息入れて立て直し、放牧先から直接函館に入厩。一週前の追い切りでは良い動きを見せて仕上がり良好。距離短縮、滞在競馬が共に良い方向に出そうで、巻き返しが期待される。
注目ランクMM
国枝 厩舎
アンブリッジローズ
※福島3-8R・3歳上500万下・芝2000mに出走予定
7番人気だった2走前にヤリ話が持ち上がったこの馬。ゴール前で挟まれる痛恨の不利があり、惜しくも3着に終わったものの、本社情報の万券的中に貢献してくれた。続く次走は位置取りが悪すぎたための敗戦で、レース後は鞍上も平謝りだったとのこと。その後は放牧に出してリフレッシュ。態勢は整っているとの話なら、イキナリ巻き返してくる可能性はある。

|

« 徹底した姿勢で馬を理解して勝った横山典騎手 | トップページ | 福島芝1800m特有の難しさと松岡騎手の好騎乗 »

次週注目馬速報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1466872/56711935

この記事へのトラックバック一覧です: 7月12・13日の注目馬情報:

« 徹底した姿勢で馬を理解して勝った横山典騎手 | トップページ | 福島芝1800m特有の難しさと松岡騎手の好騎乗 »