« 長年一線で活躍するベテランならではの手綱さばき | トップページ | 府中で開花したディサイファの能力と勝負根性 »

2014年6月15日 (日)

6月21・22日の注目馬情報

注目ランクB
戸田 厩舎
アールブリュット
※函館3-5R・2歳新馬牝・芝1200mに出走予定

騎乗停止が解けて実戦に復帰する三浦皇成。夏の主戦場は函館に置くようだが、その復帰週に『コレは!』と気合が入っているのがこの馬。入厩してから何度か稽古に乗っているのだが、その乗り味にベタ惚れらしく、「先々まで楽しみな馬」と絶賛しているのである。近しい関係者には「負けようがないのでは?」とさえ言っているとのこと。その走りに注目。

注目ランクB
笹田 厩舎
エアピザレー
※函館3-4R・3歳未勝利・芝1800mに出走予定

9番人気で2着の前走だったが、元々、不利が重なって力を出せなかった新馬戦は参考外であり、巻き返しの余地は十分にあった。その前走で上位入線した③④着馬は既に未勝利を勝っている。約3ヶ月ぶりで先週の時点では多少余裕もあったようだが、あと一本追えば仕上がってくるだろう。この春ブレイク中のハーツクライ産駒、注目の復帰戦となりそうだ。

注目ランクMM
国枝 厩舎
マンボネフュー
※東京5-10R・相模湖特別・芝1400mに出走予定

降級戦の前走は格の違いを見せ付けた格好だが、自身、復活の兆しを掴めたことが何よりの収穫。元値と言えば、蛯名が「この馬でクラシックを狙う」とまで評価していた逸材。気性難が祟って出世が遅れているが、前走のような落ち着きさえ保てれば1000万も通過点にできることだろう。当日の気配は注意だが、ここも好走するようなら先々まで楽しみ。

|

« 長年一線で活躍するベテランならではの手綱さばき | トップページ | 府中で開花したディサイファの能力と勝負根性 »

次週注目馬速報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1466872/56508822

この記事へのトラックバック一覧です: 6月21・22日の注目馬情報:

« 長年一線で活躍するベテランならではの手綱さばき | トップページ | 府中で開花したディサイファの能力と勝負根性 »