« 横山典騎手の機転と脚質を熟知して生かしきった騎乗技術 | トップページ | 長年一線で活躍するベテランならではの手綱さばき »

2014年6月 8日 (日)

6月14・15日の注目馬情報

注目ランクB
堀 厩舎
カフェブリリアント
※東京3-12R・3歳上500万下牝・芝1600mに出走予定

前走時も週前に当欄で取り上げたが、キッチリ結果を出したように、やはり能力は相当高い。その前走は、控える指示が上手く嵌まった感じもあるが、「馬も軌道に乗っている」と、自身の充実ぶりも見逃せない。カイ食いが細いのは相変わらずでも、この厩舎らしく上手に調整できているという報告。降級なら再度勝ち負けの期待は高まる。

注目ランクB
橋田 厩舎
アドマイヤロイヤル
※東京3-11R・アハルテケS・ダ1600mに出走予定

交流戦の前走は、初めての環境に戸惑ってしまい、馬がイレ込んで全くカイバを食わずに大きく馬体を減らしてしまったとのこと。「競馬の前に終わっていた」と担当も嘆いていたそうだ。しかし、戻ってきてすぐに体は戻っており、ココに向かうにあたっては順調という報告。得意の東京で巻き返しに期待できそうだ。

注目ランクMM
相沢 厩舎
グリシーヌシチー
※東京3-5R・2歳新馬・芝1400mに出走予定

中間から動きの良さが目立っており、陣営も『出たトコじゃないか!?』と大いに期待しているらしい注目新馬。兄キクタロウはデビューこそ遅れたものの、既走馬相手に初戦勝ちを収めており、イキナリから能力全開ができる血統背景も魅力。混戦が予想される一戦だが、話的にはコレが面白いと言える。

|

« 横山典騎手の機転と脚質を熟知して生かしきった騎乗技術 | トップページ | 長年一線で活躍するベテランならではの手綱さばき »

次週注目馬速報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1466872/56440896

この記事へのトラックバック一覧です: 6月14・15日の注目馬情報:

« 横山典騎手の機転と脚質を熟知して生かしきった騎乗技術 | トップページ | 長年一線で活躍するベテランならではの手綱さばき »