« マジックタイムが最後の伸びを欠いた理由 | トップページ | 天皇賞・春の有力馬のレースぶり »

2014年5月 4日 (日)

5月10・11日の注目馬情報

注目ランクB
中内田 厩舎
カナロア
※京都5-10R・鴨川特別・芝2000m内に出走予定

藤原英厩舎からの転厩馬。約1年ぶりの長期休養明けになるが、福永が追い切りに乗って感触を掴んでおり、使うにあたっては態勢が整っているとの報告。既に現級勝ちがある実力馬であり、「乗り味、モノが違いますよ」と厩舎サイドも大興奮とのこと。イキナリから好勝負が期待できそうだ。

注目ランクB
加藤征 厩舎
ドリームティアラ
※東京5-1R・3歳未勝利牝・ダ1400mに出走予定

母ゴールドティアラという良血馬とあって、デビュー戦から3戦連続で1番人気に支持されるも、②②③着と勝ち切れないレースが続いている。前走から約4ヶ月ぶりとなる今回は、「馬体が絞れて動きにもだいぶ素軽さが出てきた」との事。対戦してきた相手からも今の未勝利レベルでは力上位。「キッカケさえ掴めればポンポンと連勝しそう」と変わらず評価は高く、母同様にダートでその才能が大きく開花しそうだ。

注目ランクB
国枝 厩舎
ダイワレジェンド
※東京5-6R・3歳500万下牝・芝1800mに出走予定

母ダイワスカーレットという超良血馬でデビュー時から話題になっている馬だが、実は、「まだまだ本当に良くなるのは先の話」とその当時から言われていた背景。成績をまとめられているのも、ひとえに素質の高さが為せる業である。間隔を開けて臨む今回は、まだ本格化とは言えないまでも成長していることは明らか。さらにパワーアップした姿を見せてくれそうだ。

|

« マジックタイムが最後の伸びを欠いた理由 | トップページ | 天皇賞・春の有力馬のレースぶり »

次週注目馬速報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1466872/56058970

この記事へのトラックバック一覧です: 5月10・11日の注目馬情報:

« マジックタイムが最後の伸びを欠いた理由 | トップページ | 天皇賞・春の有力馬のレースぶり »