« 2014年3月 | トップページ | 2014年5月 »

2014年4月

2014年4月30日 (水)

マジックタイムが最後の伸びを欠いた理由

春の中山開催を終えて舞台を府中に移した第1週目の先週、オークストライアル、第49回フローラステークスが行われました。
僕が1番手に挙げたのは単勝1番人気マジックタイム
中団で折り合い、直線勝負に賭ける乗り方をしたものの案外伸びず6着に敗退しました。レースは平均ペースで流れていたようですが、開幕週で芝がパンパンの時計が出やすい馬場状態。これだけ良い馬場の場合は流れにゆるみがなくなるため、騎手にとってはどこで馬に息を入れるかが鍵となります。軽い馬場のわりに、前に位置するとペース次第では苦しくなりがちで、馬場が良いからといってラクに騎乗できるわけではなく、騎手はむしろ判断の難しさに悩むことになります。
マジックタイムが最後に伸び切れなかった原因はハッキリとはわかりませんが、騎乗予定だった後藤騎手が前の10レースで落馬負傷したため急遽乗り替わりになった影響はもちろんあるでしょう。乗り替わったのは10レースを勝利しこのフローラSで騎乗馬がなかった杉原騎手で、たまたま以前この馬に跨り2勝している彼がいたことは関係者には不幸中の幸いですが、精神的にも技術的にも伸び盛りとはいえデビューから4年目の21歳。やはりまだまだ若く、咄嗟の出来事に対し心の準備ができなかったように見えました。馬のクセや特長は十分把握しているでしょうが、この時期の3歳馬それも重賞クラスの馬ならなおさら、毎日接していても戸惑うほどの成長を見せているはずで、前に騎乗したときとはまた違う感覚だったのではないでしょうか。
さらには今回の乗り替わりが重賞、それもクラシックの大舞台に直結するレースでの1番人気ということで場内の雰囲気や関係者の思いなど、普段のレースよりも背負うものが大きかったのも彼にはきつかったでしょうね。最後の伸びを欠いたのは、こうした僅かな硬さが馬に伝わってしまったからなのかなと思いました。杉原騎手がこの経験により得たものは大きく、きっとこれから先の騎手人生に役立ててくれるものと期待しています。

次に期待したマイネグレヴィルも8着に終わりました。自分の形に持ち込んで思い通りの逃げができたと思いますが、パワーを特長とするこの馬には今のスピード優先の馬場は少々分が悪かったということでしょうか。
2番人気に推されたイサベルはキャリアが1戦しかないため他馬との比較が難しく、それでもその1戦の勝ちっぷりと血統から十分に通用すると考えましたが、最後方からレースを進めると直線だけで差を詰めてきて7着。この走りを見る限り、差しきるほどの圧倒的な切れやパワーはまだ感じられず、今は成長にともない少しずつ力をつけていっているところだと思いました。
優勝したサングレアルはGⅠレース6勝の名牝ブエナビスタを姉に持つ超良血馬。
このレースが3戦目とそれほど経験は多くありませんが、直線で追い込んできたときは姉ブエナビスタを彷彿とさせる脚いろを見せました。レース展開はこの馬にとってベストとは言えないので、あの脚は展開に恵まれたものではなく元々持っている力が発揮されたのでしょう。管理する松田博厩舎は今年の牝馬クラシック戦線の主役、桜花賞馬ハープスターがいる上にサングレアルもオークスでのチャンスは十分と、厩舎スタッフはいっそう気合が入ることでしょう。420キロ弱の軽量という点が唯一の不安材料も体調が万全であれば問題ないので、あとは当日の馬の気配に注目したいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年4月27日 (日)

5月3・4日の注目馬情報

注目ランクMM
鹿戸雄 厩舎
アールデュラン
※東京4-8R・4歳上1000万下・芝1600mに出走予定

昇級後の成績が冴えないものの、その素質はデビュー当初から評価されており、「このままでは終われない」と陣営は考えているそうだ。今回手綱を取る鞍上も、以前から期待している馬であり、今回は勝ち負けを意識しているとのこと。東京コースはベストであり、ここ巻き返しの期待は高まる。

注目ランクB
宮本 厩舎
フロリダパンサー
※京都3-9R・あやめ賞・芝1800m外に出走予定

3戦目で未勝利を脱出した前走後、一時は青葉賞出走というプランも持ち上がったそうだが、厩舎精通の筋曰く「確実に2つ勝っておきたい」とのことで自己条件のココ出走が決まったそうだ。前走で手綱を取ったシュタルケもこの馬の素質に惚れ込んだらしく、「どこでも行くので次も乗せて欲しい」と厩舎に伝えたらしい。世界の名手も認めた素質、連勝の可能性十分だ。

注目ランクMM
堀 厩舎
ラリングクライ
※東京4-6R・3歳500万下・芝1600mに出走予定

まだ気性的に幼さが残り、折り合いに不安はあるものの、前走で騎乗した石橋脩は「上手くコントロールできるように調教されていました」と。さすがは堀厩舎というべきか、2戦目でキッチリ素質馬を勝たせてきた。秘める能力はこの1勝馬同士でもヒケを取らないものがあり、ここ連勝も期待できる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年4月23日 (水)

混戦を制した蛯名騎手の巧みな騎乗

今年の牡馬クラシック戦線は混戦模様で、先週の第74回皐月賞も前の週に行われた1強状態の桜花賞とは違い、GⅠを勝つ力が十分にある馬が5~6頭もいました。
競馬場に駆けつけた多くの競馬ファンに見守られて、まず牡馬1冠を制したのは2番人気イスラボニータでした。勝因は鞍上・蛯名騎手の巧みな騎乗。
引き当てたのは2番枠で、これはロスなく立ち回れる枠番である反面、包まれたり揉まれたりするリスクを負うことにもなりますが、蛯名騎手はスタート後に中団につけると1~2コーナーを上手く回り、向正面に差し掛かってからは外側へと出していきました。前に1番人気馬トゥザワールドがいたため、この強敵の動きを視界に入れていつでも仕掛けられるようにあの位置につけたのではないでしょうか。
しかしレースリプレイを観てあらためて感じるのは「勝った馬は良いポジションにいるもの」だということですね。イスラボニータも前に6~7頭いましたが、壁になり不利を受けるほど接近する位置ではなくそこだけポッカリとスペースが空いた状態になっていて、おかげで馬がリラックスして走ることができました。内枠のリスクを全く負うことなくレースを進められたことが大きく、もちろんこればかりは騎手が望んで作れるわけではありません。ただ勝つときというのは何もかもが上手くいくもので、気づくと結果的にベストの展開になっています。運を味方につけ、チャンスを逃さず動いていった蛯名騎手。勝つべくして勝ったという印象を受けました。
馬の力も相当なもので、直線は叩き合いに持ち込み、最後は他馬を上回る決め手で1馬身1/4抜け出し快勝しました。初めての中山で全く戸惑う様子がなくこれほど安定した競馬ができたことは大きな自信につながり、慣れた府中での次走ではさらに落ち着いてレースに臨めるのではないでしょうか。

2着に入った1番人気馬トゥザワールドは17番枠の外枠でしたが、良いスタートを決めて好位につけるスムーズなレース運びでした。GⅠレースの1番人気馬があの位置取りでレースを進められるのであれば、関係者もファンも、誰が見ても文句なしといえる騎乗です。馬の強さは疑いようがなく、レースでも力は出し切れたと思うので、川田騎手は勝てなかったことは悔しいでしょうが仕方ないと納得するほかありません。ダービーでは彼がどう騎乗するのか、それが今から楽しみです。
3着に好走した8番人気馬ウインフルブルーム
絶対に逃げるという馬が他に見当たらないので、この馬がハナを切ると考えていました。そうなればマイペースに持ち込みやすくなり逃げ残りの可能性が高くなるとも思いました。
18番枠に入ったことについては、大外枠だと逃げるのが難しいのではないかと思う人も多いかもしれませんが、外からのプレッシャーがゼロなのでスタートさえ五分に出られれば意外に容易く先手が取れるのです。競ってくる相手がいないのであればなおさら楽々。
柴田大騎手の逃げを観ていたら17年前の皐月賞で騎乗したときの僕とサニーブライアンと重なり、いつの間にか「そのまま逃げ切ってくれ」と心からの声援を送っていました。
復活し活躍してきたこの数年間、ずっと柴田大騎手の騎乗を見続けてきましたが、今ではどんなタイプの馬でもどんな展開でも心配することなく見ていられる、じつに頼もしい騎手の1人になりましたね。
次走はNHKマイルカップと日本ダービーのどちらかに出走する予定だそうですが、2400mはこの馬には少し距離が長い気がします。どちらにせよこのコンビは個人的に応援してしまうでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年4月20日 (日)

4月26・27日の注目馬情報

注目ランクMM
奥平 厩舎
オメガスパーキング
※東京2-12R・4歳上1000万下・ダ1600mに出走予定

休み明けだった前走、ダッシュつかずに後方からの追走になったが、直線は大外から抜群の切れ味を見せて2着に食い込んだ。「馬の気持ちに任せてレースをさせたのですが、さすがに後ろ過ぎました。それでも最後は久々を感じさせない素晴らしい伸びだったし、今回はさらに良いでしょう」と厩舎サイド。中山をパスして得意の東京コースに照準を合わせ、万全の仕上げで臨めるとの事。

注目ランクB
勢司 厩舎
ロンギングゴールド
※東京1-8R・4歳上500万下・芝1800mに出走予定

なかなか結果を出せないが、厩舎サイドはその素質を高く評価しており、「重賞でも足りる」といまだに高い目標を設定している。脚質的に取りこぼしが多い点は否めないが、その期待を考えればいつまでも最下級条件でウロついてはいられないところ。開幕週でも強靭な末脚に期待したい。

注目ランクB
河内 厩舎
アダムズアップル
※京都2-5R・3歳500万下・ダ1800mに出走予定

前走時、中間から担当が手替わりし、その効果で太かった馬体が絞れたという事前情報をお伝えし、本命公開したこの馬。その話通り、引き締まった馬体で登場し、危なげなく押し切ってみせた。その時点から「未勝利はおろか、上のクラスでも即通用する能力」と言われており、ここ昇級でも一歩も引く構えはないようだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年4月16日 (水)

1番強い馬に揺るがない精神力で乗った川田騎手

いよいよクラシック戦線がスタートしました。
先週は阪神競馬場で第74回桜花賞が行われ、単勝1.2倍の断然人気を背負ったハープスターが最後方の位置から17頭のごぼう抜きでまず1冠制覇。馬の力をまざまざと見せつけられるレースでした。
鞍上の川田騎手に対しては、見事な騎乗だったとしか言いようがありません。
最後方の位置、これはハープスターにとってはいつも通りのポジションなのですが、距離がそう長くないレースで、しかもGⅠの大舞台で最後方にいること自体がもう、騎手は平常心を保つことが難しい状況です。まして今回は、大逃げを打ったフクノドリームが他馬を離し縦長のレース展開を作り出しました。僕は現役時代、追い込みが好きで得意でもありましたが、差しきる自信はあるものの、あまりにも縦長の展開になってしまい先頭が見えなくなるほど離れてしまったときなどは本当に届くのか少し不安になることもありました。
差し有利の展開とわかっていながらもやはり緊張はしましたね。
今回の川田騎手は最後方から全く動かず、馬の力を微塵も疑っていないのがわかりました。
大レースでこういう落ち着いた騎乗ができるのは、もともとの性格もありますが、何よりこれまでの経験によるものが大きいと思います。騎手は強い馬に跨ることで成長することがとても多く、ただしそんな機会は騎手の誰もが得られるわけではありません。関係者からの信頼に応えられるよう本人が努力してきた成果です。
現時点で1番強い馬に、揺るがない精神力をもって臨む騎手。このようなレースをされては、他馬に跨る騎手たちにはなす術がありません。完勝です。

2着はレッドリヴェール
阪神JFを勝ったこの2歳女王は、ハープスターに土をつけたただ1頭の馬でもありますがスタートは後手を踏んだ形で、道中は後方3番手からのレースとなりました。
直線に向くと馬群を割り1回は先頭に立ったものの勝ち馬にゴール前わずかに差され2着。
結果的に展開が向いたこと、鞍上の戸崎騎手も無駄のない騎乗でレース内容は悪くありませんでしたが、それはともかく、この馬が自在性のあるタイプであることを再認識できました。頭が良く器用なため、馬場状態やレースのペースに応じてどんな位置取りもできて、最後は必ず脚を使える。こういう馬は大崩れがありません。ハープスターを負かし2歳女王なのだから当たり前ですが、はっきり言ってかなり強い馬だと思います。
次走のオークスでも人気になるでしょうが外せない1頭です。
ただ1つだけ心配なのが体重です。繊細な若い牝馬ゆえ反動が読めないところがあり、今回のレースでどれだけ疲労が残るか、食が細くなりはしないか、前走から余裕があった今回とは違い次は6週間後なのでどのような馬体で出走してくるか気になります。
これだけの力をもつ馬が体調万全であれば、オークスでも好走は間違いないでしょう。
期待したベルカントは10着敗退。
スピード上位の脚質なので1600mはどうかと思いましたが、前走で上手に溜めができて好位から抜け出すレースができたので、これならマイル戦でも上手く立ち回れるだろうと考えました。大本命のハープスターが間違いなく後ろからの競馬、したがって展開(ペース)にもよりますが穴をあけるなら前残りの馬と狙いを絞ったわけですが、レースでは何と、前走よりもずっと後ろ、後方2番手の位置を鞍上・武豊騎手は選びました。
この後方ポジションで溜めた場合、最後にどれだけ脚を使えるのか試すような騎乗に見えましたが、前走あれだけ上手くできたのに、なぜGⅠの大舞台でさらに冒険したのでしょう。
どう乗るかはスタートしてしまえば騎手に全て任せるしかありませんが「本番である桜花賞のために前走の試す走り」があったわけで、前走で敗れていればともかく、成功したことをあえて変える必要はなかったと思います。距離や脚質など跨ったものにしかわからない感覚があり、騎手それぞれに考えがあるので単発でいろいろ試すのはわかりますが、その機会はこの舞台ではないのでは、と思いました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年4月13日 (日)

4月19・20日の注目馬情報

注目ランクMM
堀 厩舎
キネオメジャー
※福島4-2R・3歳未勝利・芝1200mに出走予定

3着が一度あるものの、全体的に低調な成績が続くこの馬だが、今回はチョッとムードが違っているという報告。この中間に去勢手術を行ったところ、その効果が現れてきているらしく、「今までとは変わった走りを見せてくれそうですよ」と厩舎周辺も楽しみにしているとのこと。条件もガラリと変えてくるだけに、大変身を警戒しておきたい。

注目ランクB
斎藤誠 厩舎
ウインインスパイア
※中山7-5R・3歳未勝利・芝2000mに出走予定

前走は珍しいM.デムーロのヘグリ。直線で狭いところに入って追い出しを待たされるロスが痛恨だった。それでもゴール前では2着に浮上し、今の未勝利なら完全に力上位であることは示した。今回は石橋脩に手綱が戻る予定。その石橋脩、前走の乗り替わりをかなり悔しがっていたらしく、「本当は前回で勝たれると思っていた。ラッキーを活かしたい」と力が入っているそうだ。

注目ランクB
藤岡健 厩舎
サウンズオブアース
※阪神7-9R・はなみずき賞・芝2000m内に出走予定

未勝利脱出に時間が掛かってしまったものの、厩舎サイドはデビュー時から「オープン、重賞を狙える馬」と高く評価しており、前走の若葉Sでもかなり楽しみにしていたそうだ。結果3着に敗れたものの、上位馬の顔ぶれを見れば好走の部類。自己条件ならアッサリ決めておきたいところ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年4月 9日 (水)

「強い馬らしい勝ち方」を支えた武豊騎手の騎乗

先週行われた第58回産経大阪杯。頭数こそ8頭と少ないものの、昨年のダービー馬キズナに菊花賞馬エピファネイア、そして牝馬2冠+エリザベス女王杯のGⅠレース3勝馬メイショウマンボと、4歳世代を代表する3強の激突が注目を浴びました。
まずは堂々の1番人気に支持されたエピファネイア、この馬は僕も本命と睨んでいました。
春のクラシックでは折り合い面に多少不安がある馬でしたが、夏を越した秋の菊花賞ではスムーズに折り合い他馬を圧倒する走り。3000mであのような強さを見せるパフォーマンス、そして4歳になりさらに心身の成長が見込める今ならば、たとえダービー馬でも完封できると考えました。
レースではいつもながら折り合い重視で後方から行きましたが、鞍上の福永騎手の手応えから本当にスムーズに進められたのが見てとれ、期待以上に馬が成長したのがわかります。
しかし結果は、直線で伸びきれず3着どまり。良い末脚を長く使えるエピファネイアですが、一瞬の切れ味が勝るキズナに屈した形となりました。今回は少し展開が厳しかったとは思いますが、それでも2着馬のトウカイパラダイスをかわせなかったのが意外でした。
3冠レース全て連対という実績からもわかるように、4歳世代では間違いなくトップの能力を持っている馬で、これからもファンの期待を背負い走ることになります。どんな流れでもどんなメンバーが相手でもエピファネイアの力を出し切る騎乗をしなければならない鞍上のプレッシャーは凄いものと思いますが、良いレースができるよう応援しています。

優勝したキズナはダービー馬の貫禄といった感じのレースぶりでしたね。
終始最後方でレースを進め、鞍上が仕掛けだすと反応よく上がっていき、直線では絶対に届かないだろうと思うような位置からあっさり前を捕まえてゴール。まさに横綱相撲、とにかく強いのひと言です。
そして何といっても鞍上・武豊騎手の相変わらず見事な騎乗に惚れ惚れしてしまいました。
馬の力を信じ、道中は微動だにせず自分のリズムで進むのみ。そうすれば必ず勝てるとの確信をもっているような揺るぎない手綱さばきでした。
出走頭数8頭のうち前方グループに3頭、そこから離れて4番手以降が固まり追走する形で、前とあれだけ離されてしまうと多少の焦りが出て早めに動いてしまいがちなのですが、それでも動きません。ペースは超スローではないものの速くもなく完全に前残りの展開となっていましたが、武豊騎手には全く動揺しませんでした。
仕掛けどころの前で余計な動きをさせられると競走馬は確実にパワーを奪われてしまうため、鞍上は直線での伸び脚を計算し、いかに仕掛けどころまで馬の力を温存できるかが大事になりますが、わかっていてもなかなかうまくいかないものです。今回は武豊騎手が上手く乗ったことでキズナはその能力に加えて「強い馬らしい勝ち方」ができたのだと思います。さすがというより他ありません。
上の2頭を負かせるとしたら穴はショウナンマイティと予想しましたが5着に終わりました。位置取りも折り合いもベストだったのにもかかわらず直線で伸びきれなかったのは、馬場状態がこの馬にあまり合わなかったのでしょうか。負けるにしてももう少し上位争いをしてもよいほどの力を持つ馬と思っているので今回は残念でしたが、次に期待です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年4月 6日 (日)

4月12・13日の注目馬情報

注目ランクB
久保田 厩舎
バンズーム
※中山6-5R・3歳500万下・ダ1800mに出走予定

既にお馴染みの1頭。ダートに矛先を向けた前走、相変わらず行き脚がつかずに前半は後方からの追走だったが、4角では先頭に立つ楽な手応え。直線は故障馬を避けるロスがありながら勢い良く伸びて楽勝してみせた。「ダート替わり、というより未勝利では力が違いましたね。クラスが上がりますが、ここでも好勝負になるでしょう」と今回も強気な陣営。

注目ランクB
田中章 厩舎
リメインサイレント
※中山5-10R・湾岸S・芝2200mに出走予定

休み明けの前走も期待は小さくなかったが、和田が中途半端に積極的な競馬をしたことで、脚が溜まらなかったようだ。あれがこの馬の力でないことは明らかであり、一度使った効果でこの中間は更に良くなっているという話。今回は乗り慣れた柴山をおさえているとのこと。改めて期待したい。

注目ランクMM
二ノ宮 厩舎
ホクラニミサ
※中山6-9R・デイジー賞・芝1800mに出走予定

格上挑戦で重賞に挑んだ前走。「潜在能力ならヒケは取らない」と密かに楽しみにしていた者も少なくなかったそうだが、好枠がアダとなってハナを切らされる不本意な形に。結果、脚を溜めることなく失速に終わってしまった。前向き過ぎる気性がネックであることに変わりはないが、自己条件ならもっと走れていいはずだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年4月 2日 (水)

見事なコース取りで不良馬場を制した

先週は中京競馬場で今年初めての芝GⅠレース、第44回高松宮記念が行われました。
僕が注目の1番手に挙げたのは4番人気の逃げ馬ハクサンムーン
逃げ候補は他にもう1頭、Mデムーロ騎手騎乗コパノリチャードがいて、競り合う展開になると両馬ともハイペースにより共倒れとなるおそれもありましたが、十中八九ハクサンムーンに競りかけることはないと考えました。デムーロ騎手ほどの名手ともなれば、馬に負担をかけるような騎乗、無謀なペース配分でレースを進めるわけがなく、ゆえにハクサンムーンが楽々マイペースの1人旅になると予想していました。
ところがなんとスタートで痛恨の出遅れ。それでも結果は追い込んでの5着とまずまずの好成績なのですが、同じ5着でも自分の競馬をしたかそうでないかにより全く意味がかわってきます。馬の持ち味を十分に生かすことができなかったとき、騎手はもちろんのこと関係者一同が不完全燃焼の思いが消えず、また応援するファンにとっても良いレースぶりで敗れたのとは違い悔しさが倍増します。騎手は馬の特徴をつかみ、それぞれの能力を生かす騎乗をするため神経を遣いますが今回は鞍上の酒井騎手もどうしようもなく、その中で出来る限りの騎乗はしていたと思います。次走に切りかえていきましょう。

次に挙げたのはやはり外せない4番人気馬、レディオブオペラ
スタートセンスがとても良く今回の先行ポジションも理想的で、何の不利も受けずにレースを進められましたがこの日の馬場状態は不良で走路はグチャグチャでした。短距離戦とはいえスピードよりもパワーが必要なレースとなり、レディオブオペラも函館競馬で道悪は経験していますがその時は稍重どまり、しかも今回は函館の時に比べ数段強いメンバーが揃ったためそうそう思い通りの競馬はさせてくれません。軽いフットワークが魅力なタイプなので基本的には不良馬場が合わないのでしょう。
もう1頭の期待馬ストレイトガールも同じで、スタート良くレースの流れに乗り、直線では先に抜け出したコパノリチャードを追いかけましたがさほど伸びずに後方待機のスノードラゴンにかわされて3着。もちろん胸を張れる成績ですが、不良馬場で決め手を削がれた感じだったのが惜しまれます。この2頭はパンパンの良馬場で勝負です。

最後に優勝馬コパノリチャード。鞍上のMデムーロ騎手は先週のスプリングSに続いての重賞制覇となり、前回も彼の騎乗について触れましたが、本当にどの馬に騎乗しようがどんな馬場だろうがもってきてしまいますね。
最大の勝因はコース取りでしょう。あれだけ馬場が悪くなると、コーナーでも4m~5mは間隔をあけて走り、直線は馬場の真ん中から外を通るのが普通です。ところがデムーロ騎手はコーナーで内から僅か2頭分のところを通って直線で外に出す騎乗。
さすがと思ったのがこのコーナーでのコース取りで、あの馬場状態でその場所を通ると直線で体力が残っていないことが多いのですが、彼が乗ると伸びてくるだけの力を馬は残しているんです。これはどういう技術なのか、他の騎手がなかなか真似できないこと。
これからもデムーロ騎手には要注意です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年3月 | トップページ | 2014年5月 »