« 2014年1月 | トップページ | 2014年3月 »

2014年2月

2014年2月26日 (水)

完璧な騎乗ながらペースに泣いた

2014年初のGⅠレース、第31回フェブラリーSが先週、東京競馬場で行われました。
まずは1番手に挙げた2番人気馬ホッコータルマエについて。
道中は5番手追走、直線は外に持ち出して上がり35.1秒の脚を使うも届かず2着。ただ敗れたとはいえ鞍上の幸騎手の騎乗には何の落ち度もなく、パーフェクトといえるレース運びができていました。敗因はレースのペースでしょう。
昨年に比べ前半800mの通過は1.5秒、1000m通過では2秒も遅いペースとなり、これだけ流れが落ち着いてしまうと、前々で競馬をする馬にはチャンスが多くなります。普通ペースであればホッコータルマエのポジションは当然勝ちパターンになるところですが、今レースに限ってはあの位置でも後ろ過ぎたのかもしれません。
逃げ馬はエーシントップですが、この馬が逃げることは全ての騎手がわかっているので競りかけることはなく、ましてや古馬でGⅠレースの大舞台ともなれば、これまで築いてきた勝ちパターン=その馬にとって最も良い形というものがあり、現状そのベストなポジションにあれば、思い切った位置取りや普段しない走りをあえてこの場でさせようとは思いません。馬のリズムを崩すようなリスクをわざわざ背負う必要が無いからです。
また逃げ馬が有力馬であれば違ったのですが、12番人気の人気薄だったことも大きく、他の人気馬に跨る騎手たちは完全にノーマークでした。これは、もしもエーシントップを目標にしていたら後続馬に差されてしまうのはわかりきっているので仕方のないこと。その後エーシントップがスローペースに落としても競りかけられず、自分が今いる位置をキープしつつ流れに乗って淡々とレースを進めるしかありませんでした。
幸騎手も、流れが遅いと知りながらも上記の理由で動けなかったのではないでしょうか。それでもあのペースには危険な香りを感じていたようで、直線では追い出しをいつもより早めて前を捕まえに動いていきました。その仕掛けどころも含めて完璧な騎乗でした。
ホッコータルマエもさすがの底力、負けたのは残念ですが強さは十分に見せました。

優勝馬コパノリッキーはシンガリ16番人気での大金星。
スタートから逃げ馬を見る形で2番手を追走し、外から被せられることもなく、見ていてとても気分良く走っていたのがわかりました。スローペースを最大限に生かした田辺騎手乗り方が勝利につながりました。GⅠ初勝利がかかる田辺騎手、直線で早めに先頭に立ったときにはただでさえ長い府中の直線がさらに長く感じ、ゴールはこれまでで最も遠く見えていたことでしょう。デビュー13年目の彼、ゴールしてしばらくは放心状態だったとのこと、GⅠゴールの瞬間の感情は例えようがありませんが、よくわかります。
勝利ジョッキーインタビューでは、ずいぶん落ち着いた雰囲気になっていたのが印象的でした。僕が現役騎手だった頃の彼は20歳そこそこで(少し言葉は悪いのですが)イマドキのチャラッとした感じだったと思いますが、30歳になった現在は若さや甘さが抜けていかにも思慮深い青年に成長しました。だからこの数年、多くの騎乗依頼があり、期待に応える成績をおさめているのでしょう。これから競馬界を支えてゆく彼らの世代の活躍を心より願っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月24日 (月)

3月1・2日の注目馬情報

注目ランクB
橋田 厩舎
メドウラーク
※阪神1-5R・3歳未勝利・芝1800m外に出走予定

先週も勝ち星を量産、毎年のことだが1、2月に好成績を挙げる橋田厩舎。その意味で、月が替わり春競馬となってどこまで好調を維持できるかが今後の焦点になるわけだが、その開幕週はこの馬でキッチリ決めておきたいところだろう。体質が弱くデビューが遅れたが、厩舎でもトップクラスの素質馬ということで、「秘密兵器」という評価もあるらしい。初戦は相手が悪かっただけ。2戦目で順当勝ち濃厚か。

注目ランクB
中竹 厩舎
ダンスアミーガ
※阪神2-6R・3歳500万下・芝1400mに出走予定

雪による東京競馬の開催中止により、予定していた遠征を断念。改めて地元関西の競馬に目標を切り替えられた。前走が案外な内容だったが、三浦が「この馬でクラシックに行きたい」と惚れ込んでいたほどの素材であり、このまま引き下がるわけにはいかない。繊細な牝馬だけにあくまで最終情報次第も、まともな状態なら勝ち負けに持ち込める。

注目ランクB
国枝 厩舎
アスコルティ
※中山2-7R・3歳500万下・芝1200mに出走予定

厩舎でもかなり素質を評価されている馬で、休み明けの前走も「まず勝ち負けになる」と自信を持って使っていたようだが、キャリアの浅さが響いて伸び切れず。「こんな馬ではないはずです」と、レース後の鞍上も首を捻っていたそうだ。現状、少し前向きすぎる気性だけに中山芝1200mは絶好の条件。持ち前のスピードを活かせばアッサリのシーンまで。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月19日 (水)

敗れても次も狙いたくなる魅力ある1頭

先週、先々週ともに週末は関東では珍しいほどの雪が降り、2週続けて東京競馬が延期となりました。今週の月・火に代替開催されましたが、レース出走馬の中には、降雪による交通事情で輸送時間が大幅に増加し輸送熱を出してしまったり、狙ったレースが延びたことで仕上がりに少し狂いが生じたりと、体調が万全ではない馬が少なくありませんでした。
月曜日に行われた第64回東京新聞杯でも、安田記念やヴィクトリアマイルなど春の大レースを目指して集まった実力馬たちのうち2頭が体調を崩し出走を取り消し、全14頭で行われました。
1番人気はコディーノ。僕も注目していた1頭です。3歳の昨年はクラシック戦線で人気を集め期待されながらも、年間を通じて好走にとどまりGⅠ勝利は果たせませんでした。
この馬のレースぶりから、中長距離よりもマイルが合うとずっと思っていました。
皐月賞・ダービーなどの走りを見るとレースセンスの良さや潜在能力の高さは十分に伝わってくるものの、道中は少し力んでいる雰囲気があり、その僅かな消耗が最後の伸びを欠く理由だったのではないでしょうか。距離が少しでも短縮されれば鞍上にとっては折り合いがついて乗りやすく、馬も楽にレースができるので、最後のゴール前でしっかりと伸びてきてくれるのではないかと考えていました。
そしてスタートが切られた東京新聞杯、中団からレースを進め、鞍上のリスポリ騎手との折り合いもついて良い流れにありましたが、降雪によりボコボコと荒れた馬場に脚を奪われてしまったのか、あるいはプラス8キロの馬体重が切れを鈍らせてしまったのか、残念ながらいまひとつハジけることなく4着に敗れました。なかなかハマる展開にならずもどかしい思いをしますが、それでも次走で狙いたくなる、そんな魅力のある馬ですよね。

優勝は8番人気のホエールキャプチャ
3年前の牝馬クラシック戦線では有力馬の1頭としてシーズンを盛り上げ、昨年も府中牝馬S勝利にGⅠヴィクトリアマイルでの連対など重賞で活躍しました。
レースでは中団に控え、直線で外に出すと一気に伸びて前をとらえ2着馬に1馬身差をつける完勝。ペースは平均的ですが、かなり力のいる重い馬場だったことから前半に無理をさせず体力を温存し、じっくりと脚をためられたのが勝因でしょう。牝馬にとって57キロの負担重量を背負うのは大変なことで、いくら力があろうとも関係者はそれほど自信があったわけではないでしょうが、この斤量も結果的には良かったのかもしれません。様々な条件を頭に入れて「馬に負担をかけないよう大事に乗ること」を第一に考え丁寧な騎乗をした蛯名騎手。ベテランらしい勝ち方が印象的なレースでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月17日 (月)

2月22・23・24日の注目馬情報

注目ランクB
田村 厩舎
ローレンルーナ
※東京7-12R・4歳上1000万下・ダ1400mに出走予定

揉まれ弱い面がある馬だけに、大外枠を引けたことも大きかった前走だが、先行馬総崩れの追い込み決着の中、前受けして唯一踏ん張り掲示板を確保した前走は秀逸な内容。鞍上、厩舎サイドともに「今ならこのクラスでも勝ち負けできる」と手応えを掴んだようだ。今回は500万勝ちの舞台でもある東京ダ1400m。2戦目で決めてくる公算大!

注目ランクB
勢司 厩舎
サンリットレイク
※東京8-6R・4歳上500万下・ダ1400mに出走予定

骨折明けで9か月ぶりの競馬だった前走。+26キロの数字が示す通り太かったことは否めないが、それでも格上の力を示す3着。「叩いた次はもっとイイでしょう」と鞍上も認めていたそうだ。その後、疲れがないか慎重に見極めた上でココ出走を決定。距離短縮がどう出るかだけだが、普通の状態なら勝ち負けになるだろう。

注目ランクMM
奥平 厩舎
ケイボルケーノ
※東京7-5R・3歳未勝利・芝1800mに出走予定

東京の開幕週に柴田善でデビューの予定だったが、同騎手が事故で骨折してしまい、黛に乗り替わって5着。スンナリ先行したが、多少若い面を見せてしまい、最後の踏ん張りが利かなかった。しかし、この中間の様子を見るとひと叩きされた事でだいぶシッカリして良化は歴然。病み上がりとはいえ鞍上強化となる2戦目は更に粘りを見せて上位争いの可能性もありそう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月10日 (月)

2月15・16日の注目馬情報

注目ランクB
勢司 厩舎
ロンギングケイシー
※東京5-5R・3歳未勝利・芝2000mに出走予定

勝負話があった前走だが、明らかに踏み遅れの形で大外を振り回されてしまい、直線で差を詰めるのが精一杯。一言、勿体無い競馬に終わってしまった。しかし、通ったコースを考えれば最強の競馬をしていたことは疑いなく、外に逃げ気味だったところから東京替わりも歓迎と見える。能力は確かだけに、今一度見直したい1頭だ。

注目ランクMM
鹿戸雄 厩舎
レッドボルゲーゼ
※東京6-5R・3歳新馬・芝1800mに出走予定

半兄に函館記念等の重賞勝ちがあるトーセンキャプテン。先週2度目の除外になり、来週はほぼ出走が可能と思われる。スクミ体質だったので時間をかけてじっくりと乗り込んだ甲斐があり、ここにきて厩舎の格上馬相手に調教で良い動きを見せている。「追い出してからの反応が良いし、芝向きのきれいなフォームで走ります。予定が延びましたが、それで余分に乗り込めたし、初戦から楽しみです」と厩舎サイド。

注目ランクMM
松田博 厩舎
アドマイヤバートン
※京都6-4R・障害未勝利・ダ2910mに出走予定

前走が入障初戦。陣営も「最初はどうだろう?」と半信半疑だったらしいが、騎乗した西谷を含め、誰もが口にしていたのが「ひょっとしたら相当な器かもしれない」ということ。障害センス自体はあるらしく、慣れてくれば大きなところも…と狙えるほどのようだ。前走後は何度か除外を食らってしまっているのだが、「大丈夫。影響はない」と厩舎サイド。アッサリまであるだけにレース振りに注目したい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月 5日 (水)

牝馬2頭それぞれの立場

先週の京都メインは第19回シルクロードステークス。GⅠ高松宮記念の前哨戦ともいえる短距離重賞に熱い視線が注がれました。
まずは断然1番人気レディオブオペラについて、この4歳牝馬は昨年夏の函館でデビューし好走を重ね、秋以降の500万下から4連勝で一気にオープン勝ちまで果たしました。2連勝、3連勝まではよくあることですが、4連勝ともなると素質・能力がかなり高くないとできません。デビュー戦以外は全て1番人気と上のクラスに上がっても勝てるとのファンの期待に応えての快進撃はもちろん、京都芝1200mで負け無しの4連勝という実績からも今回の支持の高さは当然でしょう。
次に控えるGⅠレースに向けて弾みをつけたかったこのシルクロードSでしたが、1番枠から好ダッシュでハナに立ちマイペースへと持ち込んだものの、直線で踏ん張りきれず勝ち馬に2馬身半差をつけられ2着に敗れてしまいました。
確かに、人気を背負った逃げ馬は格好の標的となるため騎手にとって重いプレッシャーとなる上、脚質(ハイペースで引っ張り粘るタフなタイプやスローでこそ力を発揮するタイプなど)を考えてその馬に合うペースでレースを進めなければならないのですが、大舞台での経験も豊富なベテランである鞍上・藤田騎手ならそういう不安はなく、今回もそつのない騎乗で上手にレディオブオペラを導いていました。最後に差されてしまったのは馬体重14キロ減がスタミナに影響したからでしょうか。負けはしましたが力は見せたので、評価を下げることなく次走も人気を集めることと思います。

優勝は2番人気ストレイトガール
昨年夏に函館4連勝、年間を通して重賞を含む6戦で全て連対と、この5歳牝馬の実績を見ると今回はじつに納得のいく勝利です。勝因は位置取りと思います。
本命のレディオブオペラが1番枠、ストレイトガールが2番枠。グリグリの本命が逃げ馬のため絶好の枠で、離されずにピタリとついていけば鞍上の岩田騎手にとって最高に乗りやすいパターンとなります。前回「騎手はマークする相手をレース前にすでに決めて臨んでいるわけではない」と書きましたが今回は例外です。騎手100人中100人が、この枠に入った時点で他の選択肢はありえず、ただ1頭の徹底マーク決定でしょう。
そして岩田騎手は理想の位置、レディオブオペラの後ろにつけてレースを進め、最後の直線できっちりと捕らえゴール。4連勝中の評判馬に2馬身半をつけての鮮やかな勝ちっぷりは見るものに強さを感じさせます。枠順・位置取り・仕掛けのタイミングと文句なしの内容でした。

期待したプレイズエターナルは6着に敗れました。
この馬も3歳だった昨年はぐんとパワーアップし、強烈な決め手を武器に1000万下と準オープンを連勝、ここ3戦は勝利がないもののレースぶりが良く、オープンクラスでも上位の力があると思っています。浜中騎手のレース後コメント「メンバーが強かった」との通り、戦う相手がこれまでとは少々違ったということでしょう。野球でも相撲でも、学生時代にどれだけ圧倒的な強さや能力を誇っても、プロ入り直後からエース級・横綱級の貫禄を出せる者がほとんどいないように、やはり経験によって得るものは大きく、競走馬の場合はレースを通じて様々な戦い方を身につけていくわけです。
ただ経験うんぬんはともかく、スローで前残りの展開となった今回のレースは明らかにプレイズエターナルに向かないものだったことを考えると仕方がないと言えそうです。
断トツ人気馬が逃げ馬だったために競りかけるものもなくスローになりましたが、ペースが上がり追い込み有利の流れになれば一気に重賞勝利まで果たす可能性はあります。次走もぜひ狙ってみたい1頭ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月 2日 (日)

2月8・9日の注目馬情報

注目ランクMM
中川 厩舎
ゴールドアクター
※東京3-9R・ゆりかもめ賞・芝2400mに出走予定

前走、Bランク指定レースにて2万9720円的中をお届けした際、その肝となったのがこの馬。鞍上のヘグリで落とした後とあって、厩舎、鞍上ともに「何が何でも勝つ」とかなり意気込んでおり、実際に結果を出したことには大満足だったそうだ。潜在能力は1勝馬同士でも通用するものがあり、引き続き周辺関係者のまなざしはアツい。この厩舎だけに人気の盲点になりそうだが、忘れずに評価したい。

注目ランクMM
木村 厩舎
トーセンミルキー
※東京3-5R・3歳未勝利・芝1800mに出走予定

3ヶ月ぶりとなった前走。一応の仕上がりにはあったが、伸びを欠いてしまい5着。「まだ体の使い方が上手ではないので、広いコースの方が合います。血統的にも芝向きだと思います」との事で、今回は牝馬限定戦の芝を予定している。母ピンクパピヨン、半兄カフナならば芝替わりはむしろ大歓迎。素材的にも未勝利で終わる馬ではないという評価で、それほど人気にならない時が狙い目だろう。

注目ランクB
堀 厩舎
エパティック
※東京3-12R・4歳上1000万下牝・芝1400mに出走予定

昨年12月の中山戦は骨瘤が炎症したため当日朝に取り消すことになってしまったが、「今は収まっているので影響はありません」と周辺関係者はキッパリ。この中間も順調に調整されており、厩舎サイドも「イイ走りができるでしょう」と手応えを掴んでいる様子。500万勝ちの舞台である東京芝1400m、牝馬同士なら無様な競馬は見せられないところだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年1月 | トップページ | 2014年3月 »