« 牝馬2頭それぞれの立場 | トップページ | 2月22・23・24日の注目馬情報 »

2014年2月10日 (月)

2月15・16日の注目馬情報

注目ランクB
勢司 厩舎
ロンギングケイシー
※東京5-5R・3歳未勝利・芝2000mに出走予定

勝負話があった前走だが、明らかに踏み遅れの形で大外を振り回されてしまい、直線で差を詰めるのが精一杯。一言、勿体無い競馬に終わってしまった。しかし、通ったコースを考えれば最強の競馬をしていたことは疑いなく、外に逃げ気味だったところから東京替わりも歓迎と見える。能力は確かだけに、今一度見直したい1頭だ。

注目ランクMM
鹿戸雄 厩舎
レッドボルゲーゼ
※東京6-5R・3歳新馬・芝1800mに出走予定

半兄に函館記念等の重賞勝ちがあるトーセンキャプテン。先週2度目の除外になり、来週はほぼ出走が可能と思われる。スクミ体質だったので時間をかけてじっくりと乗り込んだ甲斐があり、ここにきて厩舎の格上馬相手に調教で良い動きを見せている。「追い出してからの反応が良いし、芝向きのきれいなフォームで走ります。予定が延びましたが、それで余分に乗り込めたし、初戦から楽しみです」と厩舎サイド。

注目ランクMM
松田博 厩舎
アドマイヤバートン
※京都6-4R・障害未勝利・ダ2910mに出走予定

前走が入障初戦。陣営も「最初はどうだろう?」と半信半疑だったらしいが、騎乗した西谷を含め、誰もが口にしていたのが「ひょっとしたら相当な器かもしれない」ということ。障害センス自体はあるらしく、慣れてくれば大きなところも…と狙えるほどのようだ。前走後は何度か除外を食らってしまっているのだが、「大丈夫。影響はない」と厩舎サイド。アッサリまであるだけにレース振りに注目したい。

|

« 牝馬2頭それぞれの立場 | トップページ | 2月22・23・24日の注目馬情報 »

次週注目馬速報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1466872/54961508

この記事へのトラックバック一覧です: 2月15・16日の注目馬情報:

« 牝馬2頭それぞれの立場 | トップページ | 2月22・23・24日の注目馬情報 »