« これが世界に通用する走りか | トップページ | 敗れはしたが、中身はあった »

2014年1月 6日 (月)

1月11・12・13日の注目馬情報

注目ランクB
武田 厩舎
メイショウチギリ
※京都3-5R・3歳未勝利・芝1800m外に出走予定

前走後にソエで放牧に出されたものの、12月上旬には厩舎に戻り、それからシッカリと乗り込んで態勢を整えてきた。この中間もいい動きを見せており、「厩舎の新年初勝利はこの馬になりそう」と周辺関係者の間ではウワサになっていたそうだ。前走で感触を掴んだ武豊も引き続き乗れそうとのことで、ここは青写真通り勝ち上がり濃厚か。

注目ランクB
鈴木伸 厩舎
ブラックエミオ
※中山3-5R・3歳未勝利・芝1600mに出走予定

秋の中山で3着した後、すぐに勝利を期待されたが、気性の若さがありその後いずれも少差で4着に敗れている。そこで一旦一息入れて立て直して、年明けのこの開催を目標に調整してきた。「調教では良い動きを見せているし、ヤンチャなところもだいぶ解消されました。芝のマイルは一番合っていると思うので、ココは改めて期待します」と陣営。鞍上は引き続き横山典騎手の予定。

注目ランクB
勢司 厩舎
ロンギングダンサー
※中山3-10R・初咲賞・芝2200mに出走予定

以前から石橋脩がその素質に惚れ込み、「これはオープン、重賞まで」とトーンの高い話をしている馬。焦らずジックリが基本スタンスのこの厩舎らしく出世に時間は掛かっているが、前走の勝ちっぷりを見る限りついに本格化の様相。元値の高さからクラスの壁なくポンポンと行きそうだ。聞けば、今回も具合はかなりイイらしく、厩舎スタッフの間では「今までで一番イイんじゃないか」という話も出ているという。

|

« これが世界に通用する走りか | トップページ | 敗れはしたが、中身はあった »

次週注目馬速報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1466872/54512990

この記事へのトラックバック一覧です: 1月11・12・13日の注目馬情報:

« これが世界に通用する走りか | トップページ | 敗れはしたが、中身はあった »