« さらなる飛躍が期待できる新女王 | トップページ | 驚きの結果になった朝日杯FS »

2013年12月15日 (日)

12月21・22・23日の注目馬情報

注目ランクMM
奥平 厩舎
イルポスティーノ
※中山7-7R・3歳上500万下・ダ2500mに出走予定

1番人気に推された前走だったが、最内枠の影響もあって思った程の伸びがなく4着。「東京よりは中山向きだし、来週もうひと追いすれば丁度良く仕上がるでしょう」と厩舎サイド。長距離のダート戦なら実績があり巻返しも十分。約1ヶ月勝ち星から遠ざかっている厩舎としても、最終週に勝って2013年を良い形で締めくくりたいところだろう。

注目ランクB
宮本 厩舎
ホクセツダンス
※阪神8-12R・ギャラクシーS・ダ1400mに出走予定

「この前は僕がブサイクな競馬をした。レースの後に、もう一回乗せてほしいとテキに頭を下げました」とは松山の話。早目に先頭に立ってしまったが、本来は脚を溜める競馬をした方がいい馬。その辺りの個性を把握し切れていなかったようだ。それでも、オープン通用のメドを立てたことは収穫。志願の騎乗となる鞍上、その意気込みを買う手もありそうだ。

注目ランクMM
国枝 厩舎
マンボネフュー
※中山8-11R・ノエル賞・芝1600mに出走予定

デビュー当初は蛯名が「コレでクラシックに行く」と話していたほどの素質馬。春先の重賞戦線は流れや枠に恵まれず結果を出すことができなかったが、それだけの素質馬、そう簡単には見限れない。休養明けとなる今回は、個人的におそらくベストの舞台と見ている中山マイル戦。条件レベルなら潜在能力の差で圧倒するシーンもあるだろう。

|

« さらなる飛躍が期待できる新女王 | トップページ | 驚きの結果になった朝日杯FS »

次週注目馬速報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1466872/54265948

この記事へのトラックバック一覧です: 12月21・22・23日の注目馬情報:

« さらなる飛躍が期待できる新女王 | トップページ | 驚きの結果になった朝日杯FS »