« 自信に満ちたユタカの騎乗 | トップページ | 12月7・8日の注目馬情報 »

2013年11月27日 (水)

展開を跳ね除けた女王の地力

今年の競馬もいよいよ師走の中山を残すのみとなりました。
先週は今年最後の東京開催を締めくくるレース、第33回ジャパンカップが行われました。
優勝は1番人気ジェンティルドンナ。過去の名馬達もできなかったジャパンカップ連覇を現役最強牝馬が成し遂げました。
短距離はともかく(上位人気を誇るほどの)逃げを持ち味とする馬がパッと思い浮かばない最近のGⅠレースですが、今年の出走メンバーを見渡しても逃げ馬は不在。あえて挙げるならトーセンジョーダンヴィルシーナがレースを引っ張るだろうと思われました。
まさかエイシンフラッシュが逃げるとは、誰もが予想していなかった展開でしょう。
前半の1000m通過62.4秒のかなり遅いペースになったレースは上がり勝負に持ち込まれ、ジェンティルドンナはこの流れの中では理想的な3~4番手の位置につけました。ただ位置取りは文句なしとはいえ鞍上のムーア騎手は超スローペースに苦労していた様子でした。
こういうレースは騎手にとって本当に困ります。
行きたいように行かせては消耗が不安だし、でもペースが遅すぎて馬はかかってしまうし、とにかく我慢してそのポジションを確保しつつ、早く仕掛けどころまで進んでペースが上がるよう願うことしかできません。ジェンティルドンナもそんな感じでしたが、ギリギリのところで我慢できていましたね。
直線に向き進路を内に取り、早めに抜け出して先頭に立ったところで少し仕掛けの早さが気になりましたが案の定、残り50mあたりから後続馬が襲いかかってきました。ところがやはり実力が一枚も二枚も違うのでしょう、ねばり腰で抜かせずハナ差残してゴール。
馬の強さは誰もが認めるところですが、ハナ差を抜かせない勝負根性が何より凄い。
もし今回のレースぶりで負けることになれば、敗因として仕掛けのタイミングを誤った騎手の騎乗が一番に挙げられるはずで、そうさせなかったジェンティルドンナは本当に強い。
女傑、最強牝馬と呼ばれた馬は過去にもいますが、ジェンティルドンナも間違いなく歴史的名牝ですね。脱帽の強さです。

このジャパンカップでは、ジェンティルドンナを負かす馬がいるとすればエイシンフラッシュ。ハマれば無敵の走りを見せるこの馬が1番手と考えていましたが、押し出される形での逃げという意外な展開の上、流れがあまりにも不向きなレースになってしまいました。
こうなると、どれほどペースを落として脚を溜めようとしても持ち味は生きてきません。
スローペースはよいとして、ジェンティルドンナをマークできるような位置で競馬ができていれば理想的でしたが、何があるのかわからないのが競馬。仕方ないでしょう。
ゴールドシップは2番人気で15着、惨敗を喫しました。
まるで競馬をしていない印象で、鞍上がいくら手綱をしごいても反応はなく後方のまま終了。これは馬の精神的な問題でしょうか。実力や体調に全く疑問はありませんが馬の気持ちが乗ってくるまでには少し時間がかかりそうで、有馬記念に間に合うかどうかが鍵です。

|

« 自信に満ちたユタカの騎乗 | トップページ | 12月7・8日の注目馬情報 »

レース回顧」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1466872/54073197

この記事へのトラックバック一覧です: 展開を跳ね除けた女王の地力:

« 自信に満ちたユタカの騎乗 | トップページ | 12月7・8日の注目馬情報 »