« 10月19・20日の注目馬情報 | トップページ | 10月26・27日の注目馬情報 »

2013年10月16日 (水)

武兄弟の冷静さが光った!

先週はGⅠレース、第18回秋華賞が行われました。
牝馬三冠最後のレースを制したのは3番人気、オークス馬メイショウマンボでした。
勝因は絶妙な位置取りから流れにうまく乗れたこと。鞍上・武幸四郎騎手のレース後コメントのとおり「外枠(8枠16番)を気にしすぎて騎乗しないよう心がけた」これに尽きると思います。
京都競馬場2000m内回りコースはスタート直後に1コーナーが設けられている点が特徴的で、外枠に入った場合、いつもと同じ感覚で普通にゲートを出し1~2コーナーに入ってゆくと自然と後方グループになってしまい思い通りの位置を取れません。だからといって意識しすぎてスタートから馬を追っつけ出していくと今度は折り合いがつかなくなり、外枠ゆえ前に壁を作ることもできず馬とケンカし、余計な脚や体力を消耗するだけとなります。
外枠よりも内枠の方が思った通りの競馬をしやすいコースで、外枠ながら行き過ぎず後ろ過ぎない位置で、メイショウマンボの末脚を確実に引き出すことに専念した武幸騎手の好騎乗が光りました。

2着はスマートレイアー
上記の通りこのコースはトリッキーで難しく、内枠であればあるほど楽に乗れる位置を取れるため、枠順が決まりスマートレイアーが最高の1番枠に入ると知った瞬間に勝利を確信しました。ところが痛恨の出遅れを喫し、それにより手綱をとった名手・武豊騎手が考えていたであろうポジションは取れず後方2番手からレースを進めることとなりました。
幸い本命馬のデニムアンドルビーが目前にいて、これをマークするように騎乗したおかげで最後は2着を確保。
出遅れは痛かったと思いますが、その後の判断がさすが武豊騎手です。こういう状況では、焦って追っつけ1コーナーに入る時には折り合いを欠いてガチャガチャになってしまうことも多いのですが、彼にそんな動揺は微塵も感じられず、即座に頭を切りかえて後方からのレースを選択しました。彼でなければ2着には入っていないように思います。レースにおけるあの冷静さは見習いたいところですね。
1番人気デニムアンドルビーは危惧していたとおり、連に絡むことができませんでした。
脚質がいかにもこのコースに不向きで、いくら能力が高くても展開がハマらない限り1着は難しいと思いました。3コーナーあるいはその手前から動いていくと、どうしても馬群の外を回らなければなりませんが、この外を回る行為が馬には大きな負担で、スピードを上げていってもなぜか内側にいる馬を抜くことができません。デニムアンドルビーも脚をどれだけ使ってもなかなか先頭に並べず4着に敗退。内が有利なのは明らかで、外枠で良いのは揉まれないという点だけでしょう。
力は十分にあるので、次走でコースが変わればこのようなことは無いと思います。

|

« 10月19・20日の注目馬情報 | トップページ | 10月26・27日の注目馬情報 »

レース回顧」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1466872/53624739

この記事へのトラックバック一覧です: 武兄弟の冷静さが光った!:

« 10月19・20日の注目馬情報 | トップページ | 10月26・27日の注目馬情報 »