« 2013年7月 | トップページ | 2013年9月 »

2013年8月

2013年8月28日 (水)

これからが楽しみな逸材

先週は第33回新潟2歳ステークスが行われました。
毎年このレースは出走頭数が多く今回もフルゲートでしたが、新潟でのデビューまたは新馬勝ちの馬が多いこれまでとは傾向が違い、東京や阪神、中京競馬場など他場で勝ち上がってきた馬が目立ちました。
デビューから間もない2歳馬は1戦~せいぜい3戦の実績しかなくただでさえ予想が難しいものだというのに、出走18頭中10頭が新潟コース未経験。小回りの小倉や福島よりも、新潟と同じく直線が長い東京や同じく左回りの中京で好成績をおさめた馬が注目されやすい傾向があったものの、どの馬にもチャンスがあるレースだったように思います。
そんな新潟2歳S、三つ巴や一騎打ちムードとはならずに多くの人がその強さを信じ1番人気に推したのが、出走メンバー中で唯一のディープインパクト産駒、ハープスターでした。
驚異的な瞬発力で最後方から全馬17頭をごぼう抜きし、父を彷彿とさせる末脚を使い一気にゴールを駆け抜ける。その鮮烈な勝ちっぷりが見るものを魅了しました。
鞍上の川田騎手は「前半に全く進んでいかなかったので馬のリズムに合わせていたらあの位置(最後方)になった」と控えめなコメントを残しました。確かに騎手は、馬が気分良く走れるようリズムを大事に考えて乗りますが、勝つためには少々無理をしてでも出していったり逆に抑えたりすることもあります。今回は川田騎手が無理せず馬を信頼し、あの位置で進めたからこそ上がり32.5秒の脚を使えたのでしょうし、マイペースで進んでいとも容易くあの走りができるハープスターも凄いと思います。
ハープスターの強さだけが際立ったレースでしたが、これからが勝負ですね。
現時点で頭ひとつもふたつも抜けていることは明らかですが、成長著しい2歳馬たちに囲まれ、走るたびに相手が強くなってゆく重賞レースを戦っていかなければなりません。父ディープインパクトのように、どんなペース・展開であろうと関係なく鬼脚を使えるのであればよいのですが、どれだけ能力がある馬でも、流れが合わず脚がたまらなかったり、後方に位置して前残りの展開になってしまったり、力を出しきれずに終わることがあります。そんなレース展開にハープスターが直面したとき、どのような競馬ができるのか。
また、どのように乗り越えてゆくのか。楽しみです。

前走、新潟のダリア賞を好走したマイネグラティアにも注目していましたが、結果は7着。
好位の理想的なポジションでレースができたものの、直線に入ってからは前に壁ができて鞍上・柴田大騎手が抜け出すのに苦労していたようでした。ただ決め手を持つ馬であれば少しの隙間を見つけたらそこを突いて抜け出ることができるので、マイネグラティアの脚いろは、もういっぱいいっぱいだったのかもしれません。多頭数でもまれる形になったために力を出し切れなかったように思います。
マイネグラティアの3枠6番という内側の枠は好位置につけやすく脚をためるには絶好ですが、逆にもまれたり挟まれたりするリスクの高いところでもあります。だから騎手としては、いかにして内側にいながら前との距離や横にいる馬との間隔をとるかが重要であり、それができればリラックスして走る馬の脚がたまり、最後の伸びへと繋げられます。今回はそこが上手くいかなかったように思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年8月25日 (日)

8月31・9月1日の注目馬情報

注目ランクMM
斎藤誠 厩舎
プレイ
※函館5-12R・大雪HC・芝2000mに出走予定

1年以上の長期休み明けだった前走。『ブランクはあるけど能力の高さで格好つけてくれる』との話で0.1秒差の3着と地力は示した。「イレ込んでいましたが、太め感はなかったし脚元も大丈夫でした」とレース後の鞍上柴田大知騎手。その後放牧に出され、2週間前に函館に入厩して調整されている。実績からある程度のハンデを背負わされるだろうが、叩き2戦目の上積みと元値の高さを考えれば、当然上位争い可能。

注目ランクB
古賀慎 厩舎
ロジサンデー
※新潟11-10R・弥彦特別・芝1800mに出走予定

勝って同条件だった前走は、休養効果でパワーアップした姿も見せた一戦。着差は僅かだったが、鞍上に言わせれば「まだまだ余裕があった」とのこと。時計も優秀であり、これは昇級即通用と見ていいだろう。

注目ランクMM
松山康 厩舎
クインズセブン
※新潟11-1R・2歳未勝利・ダ1200mに出走予定

2番人気に推された前走は12着と敗れたが、鞍上は「背中はイイ。次は変わる」と話していたそうだ。元々、デビュー前から辛口の助手も「コレは走る」と評価していた1頭。前走大敗で大きく人気を落とすだろうが、ダート替わりも含めてもう一度見直す手がありそうだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年8月21日 (水)

消耗戦の背景に…

気がつけばお盆が過ぎ、夏競馬も残り僅かとなりました。
先週の注目レースは第49回札幌記念。例年、夏競馬を盛り上げてくれた元気いっぱいの馬や休養明けの初戦として出走する実績馬が集まり、レベルが高く見応えがあるレースをしてくれます。秋のGⅠ戦線に向けても見逃せない一戦です。
札幌競馬場改修のため函館で行われた今年の札幌記念、制したのは武豊騎手騎乗のトウケイヘイローでした。同じ舞台、同じ距離で行われた前走の函館記念を快勝したこともあってGⅠ馬たちをおさえての2番人気に支持され、期待以上の結果を出しました。
前走とはまるで違う内容ながら、勝ち方は同じ逃げ切り。鞍上の自信が伝わってくるような素晴らしいスタートから易々と先手を奪うと、1コーナーを回るときには馬が(良い意味で)遊びながら走っているほどのリラックスムード。もう1頭の逃げ馬ネコパンチが予想に反して行かなかったこともあり、武豊騎手にとってはかなり楽なレース運びができたと思います。
ネコパンチの手綱をとった藤田騎手は、逃げ馬に乗ったときには絶対に他馬にハナを譲らず何が何でも逃げることを主張するタイプですから、今回は強気な姿勢を見せずにあっさりと引いたことにまず驚きました。
週末の北海道は雨天、馬場状態は重。開催がだいぶ進んだ馬場に多くの雨が降ると、水はけが悪くなりたっぷりと水分を含んだ芝によって競走馬はスピードが殺され、一歩進むごとに容赦なく体力が奪われていきます。当然これだけ厳しい馬場では先に行ったもの勝ちで、後方で脚を溜める騎乗をしても後ろの馬はほとんどが体力を削られ、勝負どころでゴーサインを出すときにはすでに反応できないくらいバテています。
実際、重賞常連の手ごわいメンバーばかりが集まるこのレースでも、3コーナー手前からGⅠホースを含む何頭かの手応えがあやしく、すでに鞍上の手が動いて(追っつけて)いました。良馬場であれば、まだ早い段階のあの位置で、あれほどの実績馬たちが揃って脚をなくしてしまうことなどありえません。ネコパンチも少し口向きが悪く1コーナーあたりで内側にささっていたように見えましたが、調子が絶好調ではなかったのか、ただ馬場のせいで馬の気分が乗らなかったのか、とにかくスタート後の行きっぷりが悪かったことで藤田騎手は逃げをやめて好位につけたのでしょう。

今回は勝ったトウケイヘイロー以外、とても苦しいレースになりました。
ただ、もし他馬に競りかけられたとしても、好調を維持する現在のトウケイヘイローであれば他馬にハナを譲る隙など与えないスタートダッシュで問題なく先頭に立てたと思います。馬場を味方につけ、馬の力を上手く引き出した武豊騎手ならではの勝利でした。
長期休養明けの今年春から6戦し、重賞4勝を含む5勝目を挙げたトウケイヘイロー。本格化したことに加え、ここ3戦コンビを組んでいる武豊騎手との相性も抜群に良く、少し間は空きますがこのままの調子でいけたら秋の天皇賞でも期待できそうですね。

注目馬のエアソミュールは11着敗退。
中団に位置し、脚を溜める騎乗を心がけていたようですが追走だけで体力と脚を使い果たし見せ場がないレースぶりでした。決して能力が低いから負けたわけではないので、次は力を存分に出せるようなレースになることを願っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年8月18日 (日)

8月24・25日の注目馬情報

注目ランクMM
大久保龍 厩舎
アサクサティアラ
※小倉9-10R・西海賞・芝1800mに出走予定

前走、本社情報にて本命公開から3万3100円の的中馬券をお届けしたお馴染みの馬。デビュー時からかなり高い評価を受けており、一部では重賞級という声も出ているそうだ。ここ待望の復帰戦。厩舎サイドも秋の大舞台を本気で狙っているとのことで、「緒戦から躓けません」と気合の入る鞍。お手並み拝見、結果次第では先々まで本当に楽しみになる。

注目ランクMM
堀 厩舎
サンヴァレリアン
※新潟10-3R・3歳未勝利・芝2400mに出走予定

既走馬相手のデビュー戦となった前走は、初物の恐さで前半の推進力に欠けていた。ほぼノーチャンスの位置での競馬となったわけだが、終いはそれなりに脚を使っており素質の片鱗はチラリ。レース後の石橋脩も「能力は高い。次は変わりそう」と前向きな話をしていたそうだ。その鞍上は今回の距離延長にも好感触を持っているとのこと。優先権がなく出走できるかどうか微妙だが、出てくれば面白い存在になりそうだ。

注目ランクB
国枝 厩舎
レヴアップスピン
※新潟9-1R・2歳未勝利牝・芝1600mに出走予定

評判馬が揃った新馬戦で1番人気に推されたこの馬。しかし、厩舎サイドは「間違いなく走ってくる馬だが、初戦は何かにやられるかもしれない」と意外に慎重だったという裏話がある。ハナを切って勝ち馬の決め手に屈した形も、厩舎としてみれば「よく走った」というのがその本音。叩いた上積みも大きい今回はトーンも上がっているという報告。今度はキッチリ決めてくることだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年8月14日 (水)

素質を発揮したのは馬だけでなく…

昨年から導入されたサマーマイルシリーズ。中京記念・関屋記念・京成杯AHの全3戦しかなく距離が変更されているものもありますが、昔から馴染みのあるレース名ばかりです。先週はシリーズ2戦目、第48回関屋記念が行われ、4番人気レッドスパーダが優勝。2010年東京新聞杯以来、じつに3年半ぶりの重賞勝利を挙げました。2012年は一度も出走せず1年間の長期休養となりましたが、復帰後の堅実な走りと調子の良さから、ここにくるまで陣営がいかに努力したかがわかります。
ただ、今回の勝利は本調子に戻ってきた馬の力もそうですが、鞍上の北村騎手が1枠1番の内枠を利して上手く乗ったことにより掴めたのではないかと思います。
好スタートを決めて誰よりも速く先頭に立つと、外からやってくる逃げ馬を待って先に行かせ、自分は好位のインで折り合いをつけていました。このスタートから逃げ馬に譲るまでの間に、北村騎手はレースを「自分のペース」に持ち込みました。もしスタートからあっさりと先頭を譲っていたら、逃げ馬にとって有利なペースになっていたでしょうし、あの絶妙な駆け引きがあったから他馬に多少の脚を使わせることに成功したわけです。そして自らは最も脚が溜まって勝つチャンスが高くなるポジション、好位の内側でじっと我慢に徹していました。ここまでの流れはわずか数秒。サラッとやってのけた北村騎手のレースセンスは、さすが若い頃より多くの勝ち星を挙げているだけあると思いました。
あともうひとつのポイントは、追い出すタイミングです。
新潟競馬場は日本で最も直線が長いコースで、4コーナーを回り直線に入ってもゴールまでまだ600m以上もあり、すぐに仕掛けては絶対にゴールまで脚がもちません。ペースと現在いるポジションを把握できているか、どこで追い出すか。これが勝利への鍵となります。
当然のことながら、前めに位置している騎手にしてみれば馬の脚を少しでも多く溜めておきたいので、追い出すタイミングは遅ければ遅い方が良く、その点、北村騎手はかなり我慢していましたね。直線で先頭に立つと、騎手はゴールすることだけを考えてどうしても早く追い出し始めます。逸る気持ちを抑え、勝利のためにタイミングを冷静に計ることができるのは北村騎手の優れた騎乗センスゆえでしょう。
レッドスパーダに騎乗した数回全てで着順が人気を上回るという馬との相性の良さや、重賞勝利経験が何度もある乗り慣れた新潟競馬場が舞台ということもあるのでしょうが、ベテラン騎手になった現在、もともと持っていた才能や度胸が期待の若手騎手時代からの経験により磨かれ、レースで存分に発揮されているように思います。GⅠ戦線など大舞台で活躍するにふさわしい騎手で、秋のシーズンには魅せる騎乗をしてくれることを期待しています。
2着は1番人気のジャスタウェイ
末脚が良い馬で長い直線をもつ新潟競馬場向きではあるものの、長いからといって必ずしも後方の馬が差し切れるわけではありません。前でレースを進めている騎手たちも前残りを図ろうとペースを落としてくるため、後方待機の馬は相当の脚をもっていないことには差し切るのは難しい。だから北村騎手のようにペースと位置取りを読むことが重要なのですが、ジャスタウェイは後ろすぎるかなと思いました。勝つためにはもう少し前で競馬をしたほうが良かったかもしれません。
ジャスタウェイの鞍上・福永騎手は、競馬に対する真摯な姿勢やクリーンでスマートな騎乗、レース経験など騎手として最高のレベルだと僕は思いますが、スパッと勝ち切るレースがあまり見られないのはなぜでしょうか。どんな有力馬に騎乗しても決め手に欠ける乗り方になってしまう印象を受けます。性格が穏やかなのかもしれませんが、勝つことにもっと貪欲になってもよいのではないかと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年8月11日 (日)

8月17・18日の注目馬情報

注目ランクMM
平田 厩舎
イースターパレード
※函館2-12R・羊蹄山特別・ダ1700mに出走予定

2連勝の勢いを買われ1番人気に推された前走だったが、スタートして間もなく鞍ズレを起してしまい、1角から制御不能に。3角過ぎからは他の馬の邪魔にならずにゴールまでたどり着く事だけを考えての走りで、全く競馬にならなかった。「僕のミスで馬にも関係者にも迷惑をかけてしまい申し訳なかったです」とレース後に鞍上は猛省していたそうだ。少し間隔が空いたが、調教で迫力のある動きを見せて、デキは申し分ない様子。荻野騎手はクビになっても文句の言えないところ、もう一度チャンスをもらい、汚名返上に躍起になっているとの事。

注目ランクMM
田村 厩舎
ライアンセンス
※新潟8-5R・2歳新馬・芝1800mに出走予定

「まだ多少緩い」という話ではあるものの、厩舎スタッフも乗り味の良さを評価している1頭で、今回のみならず次走以降も大いに注目できる素質馬と見ておきたい。紛れの少ないこの条件に使ってくるあたりも、厩舎が将来性を買っている証拠と言えよう。鞍上に石橋脩騎手を予定。この新潟では活躍が目立っているだけに、その意味でも軽視できない存在になりそうだ。

注目ランクMM
国枝 厩舎
マイネルスパイアー
※新潟8-1R・2歳未勝利・芝1600mに出走予定

デビュー前、松岡がこの馬をエラく絶賛。近しい関係者には「今まで乗った馬の中でもトップクラス」という評価を伝えていたらしい。それを考えれば伸び切れずのレース内容は案外だが、走る馬の背中を知る男がそれだけ言う以上、一度で見限るのは早計というものだろう。一部では「ダート馬なんじゃないか?」という声も出ているらしいが、今回は再び芝マイル戦。このあたりにも期待のほどが窺い知れる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年8月 7日 (水)

素晴らしかった大野騎手の手綱捌き

先週の新潟競馬メイン、第5回レパードS。
まだ歴史が浅いレースですが過去の勝ち馬であるトランセンドミラクルレジェンドホッコータルマエなどがその後にGⅠを含むダート重賞を制覇していることから、ダート戦線を行く3歳馬たちのいわゆる出世レースとして認知されつつあるようですね。
僕が本命視して挙げた2頭のうちジェベルムーサは残念ながら4着でしたが、もう1頭のインカンテーションが見事優勝。この勝利はインカンテーションの鞍上、大野騎手のレース運びに因るところが大きいと思います。
レースはまず好スタートを切り、好位につけようと馬を押していきました。しかしあまり弾みがつかないままに、何が何でもハナを奪うという意志を見せてサトノプリンシパルが外から逃げを打ち、内側からはオメガインベガスも出していって、インカンテーションは少し置いていかれるような形で3番手。7番枠の逃げ馬がいて、3番枠のオメガインベガスが内から2番手を取ったことから、本来、5番枠のインカンテーションは前の2頭を見ながらいつでも動ける態勢で競馬ができる場所、つまりオメガインベガスの外側にピタリとつけて追走するのが理想的です。1番人気馬に騎乗しているならなおさらで、その騎手にとっては楽なレース運びができる場所。
流れに任せていれば自然とその位置で落ち着いたでしょうが、そこで大野騎手は敢えて動いていき、内のオメガインベガスを先に行かせた後、最内にスッと入りこむと逃げ馬の後ろにつけて折り合いを第一に考える騎乗をしました。これには驚きましたが、1~2コーナーの力強い手応えを見るに、多少かかりやすいところがあるのかなと思いました。それで内ラチ沿いにつけて外からも壁を作り、馬に我慢をさせたのかもしれません。
ダートは芝とは違い、内が荒れているとか伸びないとかは考えずにすむため、この徹底してインを貫き通す騎乗によって距離やスタミナのロスなく十分に脚を溜めることができ、それが直線の鮮やかな走りを生みだしたのではないでしょうか。
1番人気馬に乗る騎手は、内にいて揉まれたり進路が阻まれてしまい馬の力を出せなくなる展開を最も恐れているので、外に出して余裕をもって追走することが多いのですが、今回はそれとは逆に大野騎手が内側で上手く我慢させたことが勝利を引き寄せました。
インカンテーションの力が一枚も二枚も上で、何も考えずに跨っているだけで勝てるほど強い馬だとしても、自分でレースの流れを読み即座に判断し動いていく、そんな今回の騎乗は大野騎手にとって大きな意味をもっていました。これから先の、さらなる成長を予感させる勝利でした。

穴馬として注目していた7番人気ハイパーチャージ
今回が4戦目となりますが、鞍上の横山典騎手は初騎乗です。もちろん初めて乗る馬とはいえ、以前騎乗したことのある騎手にどんな感じか聞くこともあるし、前走までの走りを見たり、調教師の指示も頭に入れつつ自分なりにイメージをしておきます。あとはパドックや返し馬での背中の感触、そしてゲートを出てからの手応えなどで瞬時にレースを組み立て、馬の力が引き出せるよう全力で騎乗します。
今回ハイパーチャージはどう考えたのかよくわかりませんが、これまでの3戦とは違うレースぶりで、中団で追走し直線に向いたときにはアラアラいっぱい。外枠だったので外を回らされたのも影響したのでしょうが、良いところを出せずに終わってしまった感じです。
自分の形にもっていけないと脆い面が出てしまうタイプかもしれません。騎乗技術が確かで、安心して馬を任せられる騎手だけに、もっと見せ場たっぷりの競馬をしてもらいたかったですね。JRA全10競馬場重賞勝利がかかっているので、この夏の新潟競馬にぜひまた参戦してほしいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年8月 4日 (日)

8月10・11日の注目馬情報

注目ランクB
大竹 厩舎
リターンラルク
※函館5-10R・コスモス賞・芝1800mに出走予定

デビュー戦はゲート内で馬っ気を出すなど集中力を欠いており、まともに出遅れ後方からの競馬。それでも直線だけで前を行く馬達をまとめて交わすと、ゴール前では余裕さえ窺わせる楽勝ぶりだった。その後は放牧に出して7/15に函館に入厩した。先週の調教に騎乗した松田騎手は「まだ子供っぽいところはありますが、かなりの能力を感じます」と褒めていたとの事。小回り、洋芝と課題はあるが、スケールの大きさを感じる素質馬で、陣営は勝って札幌2歳Sへという青写真を描いているそうだ。

注目ランクB
笹田 厩舎
レネットグルーヴ
※小倉5-6R・3歳未勝利・芝1800mに出走予定

休養前は馬体の維持に苦労していたようだが、休養を挟んでだいぶ成長してきた様子。前走でそれは見て取れた。馬群を割る勝負根性も目を引くものであり、一度使った良化もあるという今回は、さらにイイ走りが期待できそうだ。軽い芝の小倉はさらに合う手応えがあり、混戦になりやすい小回りも大歓迎。このままでは終われない良血馬、牡馬相手でも真価を問う一戦。

注目ランクMM
木村 厩舎
パラドーロ
※新潟6-5R・2歳新馬牝・芝1600mに出走予定

5月末に一度入厩したのだが、環境の変化に馴染めず馬体が減ってしまい再放牧へ。7月中旬にまた美浦へ戻ってきた。「精神的に大人になってきました」と、今回はデビューに向けて上手く調整ができているようだ。小柄な牝馬で仕上がりは早いタイプ。個性を考えれば一発目で走るかどうかではないだろうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年7月 | トップページ | 2013年9月 »