« その手綱捌きは“さすが”のひと言 | トップページ | 8月3・4日の注目馬情報 »

2013年7月24日 (水)

距離が延びる次走こそ試金石

先週は函館競馬場で今年初めての2歳馬重賞レース・第45回函館2歳ステークスが行われ、1番人気クリスマスが期待に応え優勝し、重賞ウィナー一番乗りとなりました。

このレースでは僕も最有力馬としてクリスマスを挙げました。
理由はやはりデビュー戦の勝ち時計。通常の2歳戦に比べ1秒ほど速く、今の段階ではスピードが他馬を圧倒しています。レースでも、ハナさえ奪うことができればデビュー戦と同じようにそのまま押し切って勝つ可能性がかなり高いと考えました。
2歳馬がデビュー戦を勝利するときは逃げ切りが多く、道中で馬群にもまれたり間を割って抜け出してくるような馬はほとんどいません。2歳馬にとっては生まれて初めての「本物の競馬」が、いつもの調教とは違い、馬にとっていかに窮屈な行いを強いられるものであるか。まだ子供である2歳馬がわけもわからずに、どんなに怖い思いをすることか。どれほど高い素質をもっていようとも、能力の全てを出し切ることは非常に難しく、ゆえに2歳馬のデビュー戦では、先頭で自分のやりやすいように走りゴールまで脚がもつかどうかというレースになりやすいのです。

逃げられれば強い。
しかしクリスマスの枠順は16頭立ての15番枠と決まりました。
この枠では、内側に“行き脚”が速い馬がいた場合にとても不利になります。そして危惧していた通り、スムーズにゲートから出たもののクリスマスよりも内にいた12番テルミドールがハナを主張し、譲る気配が全くなかったため、攻めるのは諦めて2番手での追走となりました。 騎手は枠順が決定したときからレースでどのように騎乗するか考えます。内・中・外枠それぞれに入った場合のレースの進め方、ハナをとるにはどうしたらよいか、もしも出遅れたらどう行動するかなど何通りも想定しますが、クリスマスの鞍上・丸山騎手も当然このような状況は予想のうちで、理想的とは言えないけれど逃げられなかったら無理せずに2、3番手につけるレースをしようと頭を切り替え、折り合うことに集中したのではないかと思います。先頭に立つつもりで出していき勢いづいてしまったクリスマスを丸山騎手がどうにか折り合いをつけてレースを進め、最後は直線で早めに仕掛けて抜け出すと2着馬に2馬身差をつけてゴール。期待どおりの脚を使い、圧勝といえる内容でした。
ただ、今回のレースぶりからは少々の不安も残りました。
1200m戦だから脚がもった印象が強く、折り合いはあれが本当にギリギリだったと思います。あの折り合いでゴールまで粘れたのは、やはり短距離だったことと、現時点で他馬を圧倒するスピードが備わっていたことが大きいのではないでしょうか。
距離が延びたときにどんな競馬をするのか、そのときにこの馬の能力が試されると思います。それには毎日の地道な調教、そして実戦において騎手がどのように競馬というものを教えてゆくかが重要になってきます。そうした積み重ねにより馬はグンと成長したり伸び悩んだりするので、まだ若い丸山騎手も、若馬にレースを教えるのも騎手の仕事という意識を強くもってぜひ一緒に成長していってほしいと思います。

|

« その手綱捌きは“さすが”のひと言 | トップページ | 8月3・4日の注目馬情報 »

レース回顧」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1466872/52586510

この記事へのトラックバック一覧です: 距離が延びる次走こそ試金石:

« その手綱捌きは“さすが”のひと言 | トップページ | 8月3・4日の注目馬情報 »