« 8月3・4日の注目馬情報 | トップページ | 8月10・11日の注目馬情報 »

2013年7月31日 (水)

狙った通りの結果でしたね。

夏の新潟競馬が始まりました。
1週目のメインは、新潟で最も盛り上がりを見せる直線1000mの重賞レース、第13回アイビスサマーダッシュです。僕が勝ったのが第2回と第4回なので、すでに10年もの年月が過ぎていますが、今観ていても当時とレースの傾向はあまり変わっていませんね。
僕が戦前から注目し本命視していたのは1番人気ハクサンムーンと3番人気フォーエバーマーク。結果はこの2頭の一騎打ちとなりました。

まずは優勝したハクサンムーン、この馬は現役競走馬の中でも一番と言ってよいほどのダッシュ力と二の脚の速さをもっている点がこの直線1000mレースにはうってつけだと考え、注目馬に挙げました。どんなレースでもスタートは大事ですが、特にこの新潟1000mでは出遅れたら巻き返しはほぼ不可能で、ハクサンムーンのような脚はとても大きな武器になります。
また、18頭立て13番と外寄りの枠番も良かったですね。諸々の点からどの枠でも自信を持って本命にするつもりでしたが、この枠順を見てさらに自信は深まりました。
このコースは何度も騎乗しましたが、コーナーがないのでインにこだわる必要が無く、やはり絶対的に外枠が有利です。外ラチにつけることができればさらに良く、馬がヨレたりせずに走りに集中できて騎手も乗りやすくなります。その新潟直線1000mにおいて理想的な位置を取ったハクサンムーンは、前にいる馬の動きやペースに左右されないレースの中で、あとは力どおりの走りをするだけです。
スタートを切った瞬間に全ての騎手が全力で馬を出して追っていくのに対し、酒井学騎手は目いっぱい追うような構えはあまり見せずにあのポジションを取れましたが、それだけ馬のスピードが勝っていたということでしょう。その後、2ハロンを越えたあたりから2着フォーエバーマークと馬体をあわせていたときも、そこでもまだ酒井騎手は手綱をもったまま。追い出しを始めたのは残り100mくらいでしょうか。ダッシュ良くスピード感あふれる走りで手応えも十分と、騎手にとっては安心できる競馬をして完勝。
酒井騎手も、重賞レースで1番人気馬に騎乗するプレッシャーを背負いながらも、じつに落ち着いた騎乗をしていました。昨年ジャパンカップダートでニホンピロアワーズに乗り初のGⅠ制覇を遂げたことが精神的余裕につながっているのか、非常に冷静な手綱さばきでした。

2着フォーエバーマーク。この馬も短距離戦は走りますね。
内側の4番枠に入ったことで、レースでは内から徐々に外に出していかなければなりませんが、外側にいる馬の前に入るためには、かなり気を遣って乗ることになります。ここが勝ったハクサンムーンとの差で、鞍上の村田騎手には少し乗りにくかったかと思います。
枠番が逆であったなら結果は変わっていたかもしれませんね。

そういえば酒井騎手、村田騎手ともに新潟出身ですよね。競馬場にはご家族や親族、友人など多くの方が地元での活躍を期待し応援してくださったと思います。今回のレースは皆さんに楽しんでいただけたのではないでしょうか。
夏のローカル開催は、東京や中山に比べると入場人数は少なくGⅠレースの華やかさもありませんが、毎年こうして楽しみに待っていてくださる各地の人たちの温かい声援が、騎手にとっては何より嬉しいのです。

|

« 8月3・4日の注目馬情報 | トップページ | 8月10・11日の注目馬情報 »

レース回顧」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1466872/52682108

この記事へのトラックバック一覧です: 狙った通りの結果でしたね。:

« 8月3・4日の注目馬情報 | トップページ | 8月10・11日の注目馬情報 »