« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »

2013年5月

2013年5月29日 (水)

最高の舞台で魅せた最高の騎乗。

競馬界の夢、日本ダービー。
春のGⅠレースが続き、聴き慣れたGⅠファンファーレもダービーで流れるものだけは特別に感じられます。何度聴いても鳥肌がたつ思い、今年もしっかりと堪能しました。
第80回日本ダービーを制し、3歳牡馬の頂点に立ったのは1番人気キズナ
鞍上の武豊騎手は5度目のダービー制覇となりますが、これまでで最も素晴らしい騎乗だと思います。彼にしかできない胆の据わった乗り方。ダービーで1番人気馬に跨り、彼のように道中あれだけ落ち着いてじっと乗っていられる騎手はそういません。
勝利の予感は、スタートして1コーナーに入るところ。
距離にしてたった数百メートルの僅かな間に折り合い、楽々と走る姿を見たときでした。
必見なのがスタートしてすぐ、ゴール板を通過する瞬間の武豊騎手の手元です。ぶらぶらとまではいかないものの、手綱をかなり長く持ちハミをかけない騎乗は、馬に対して全くプレッシャーを与えていません。良い位置を取るには、ある程度「馬を出していく」動作、つまり軽くアクセルをふかす状態になりますが、それは馬にハミを噛ませず、リラックスして走らせるための「フワッと乗る」ものとは正反対の乗り方となります。逆の意味を持つこれらの動きを少しの時間で行うのは難しく、それを易々とこなす彼の技術・センスには脱帽です。
ペースがそれほど速くなかったために、仕掛けどころで早めに動き出す判断もさすがです。ここで予感は確信に変わりました。直線で素早く外に出し、十分にたまったキズナの脚を解き放つ。あとはもう存分にその脚を伸ばしてゆくだけです。計ったようにゴール前できっちりと差すあの勝ち方は彼らしくて良いですね。
スタートからゴールまでの全てが完璧でした。
インタビューで「最後に良い脚を使ってくれることはわかっていたので」と話していたとおり、キズナは騎手が上手く乗ってあげれば間違いなく伸びてくる強い馬です。ただ今回、その鬼脚を最大限に引き出せたのは彼だからです。馬の力を信じているとはいえ、あれだけ後方から進めるのは本当に度胸が要ることで、これは武豊という騎手の才能と努力と経験によるものでしょう。大レースで1番人気馬に騎乗し緊張しない騎手はいませんが、その上で冷静にレースを進められる騎手は本当に少数で、たとえば横山典騎手もその一人で、先行グループのインをとることにかけては抜群の上手さを見せます。ただ武豊騎手とは“騎乗スタイル”が違い比べられるものではないのですが、馬の力を出し切るためにこうした秀でた何かを持つことは大きな強みです。勝ちきれない騎手というのは、スタイルというか芯が定まっていないために中途半端な騎乗をしてしまうことが多いような気がします。
スタンド前に上がってくる前に、誰も見ていないところで喜びを噛みしめるように何度も何度もグッと拳を握る武豊騎手は、スマートに手を振るいつもの姿より格好良く見えました。最高のレースです。

そして3番人気2着と、皐月賞に続き勝利を逃したエピファネイア
勝ち馬とは対照的にスタートからハミをがっちりと噛み、鞍上の福永騎手が抑えるのに苦労していて、皐月賞と同じようなレースぶりになってしまいました。馬群に入って壁を作り、馬をなだめるための努力はしたものの、それでも喧嘩を完全におさめることはできませんでした。
3コーナー手前で前の馬と接触しバランスを大きく崩す場面があり、何とか立て直したのはよいのですが、これが結果的にリズムを崩してしまったのではないかと思います。
馬を究極に仕上げると、テンションは普段以上に上がってレースでの折り合いに苦労することがあり、今回のエピファネイアはそれにあたったのかもしれません。ダービーという3歳牡馬にとって大事なレースともなれば、厩舎関係者は最高の出来になるようにギリギリの、いわゆるお釣りがない状態にまで調整してきます。そこまで仕上がってテンションの上がった馬を騎手は乗りこなさなければいけません。
福永騎手には申し訳ないのですが、まだ少し未熟なところがあるように思います。もっと「馬をだます」「スッと抜いてあげる」など意識して感覚を身につけ、自分なりにコツをつかんでいけば、福永騎手らしさが感じられる魅力ある騎乗が見られるのではないでしょうか。ダービージョッキーとなる日を楽しみに待っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年5月26日 (日)

6月1・2日の注目馬情報

注目ランクMM
田島俊 厩舎
ダンシングミッシー
※東京1-7R・3歳上500万下牝・ダ1400mに出走予定

5ヶ月半ぶりの前走は、実績が評価されて人気に推されるも伸びを欠いてしまい4着。しかし、この馬で未勝利・500万と連勝している吉田豊騎手は、「あんな馬ではありません。今日は久々が全てです」と、敗因が明らかだったこともあり落胆の様子はなかったそうだ。調教の動きが目に見えて良くなって来た今回は、デキ上昇に加えて500万に降級。人気を集めるだろうが、休み明け2戦目で期待に応えてくれるはずだ。

注目ランクB
鹿戸明 厩舎
ヤマイチパートナー
※阪神1-6R・3歳未勝利・芝2200mに出走予定

確勝級と一部で評判になっていた期待の新馬が故障してしまうなど、ココに来てムードが悪くなっているこの厩舎にあって、「コレが勝てなきゃ当分厳しい」と、まさに最後の砦がこの馬。前々からイイ話を聞いていた馬で、ココに来て連続2着と完全に初勝利に王手の段階。「前走も馬場が悪い中で好時計2着。本当に何とかしてほしい」と、マイナー厩舎ゆえにこの1勝は何とか手にしたい様子。

注目ランクB
鮫島 厩舎
ブライトライン
※東京1-11R・麦秋S・ダ1400mに出走予定

初ダートだった前走でも西からヤリ話が届いていたこの馬。結果は惜しくも3着だったが、適性を感じさせるには十分な好内容、先が楽しみになる走りを見せてくれた。クラス編成の恩恵を受け、今回は準オープンに降級。左回りにも問題はなく、今度はさらに前進してくることだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年5月22日 (水)

決してフロックではない勝利

先週は牝馬クラシック2つめのレース、第74回オークスが行われました。
優勝は9番人気のメイショウマンボ。鞍上の武幸四郎騎手はじつに6年半ぶりのGⅠ勝利です。桜花賞では4番人気に支持されながらも10着に敗れ、そこから巻き返して見事、樫の女王の称号を手にしました。
この馬は前々走に桜花賞トライアルのフィリーズレビューを快勝し、それまでも1400mと1600mのレースに出走、好成績をおさめてきましたが、暮れの阪神JFでは10着、そして前走の桜花賞でも10着とGⅠレースでは大敗しています。
そのため「1400、1600mでは好走している(ゆえに適距離と思われる)が、そのベストであるはずの距離でも、GⅠとなると力が足らないのではないか」「適性のある1600mのGⅠレースで二桁着順になるのだから、2400mもの距離を走るオークスでは勝負にならないのでは」メイショウマンボをそう判断した人が多かったのではないでしょうか。それが今回支持を得られなかった理由だと思います。かくいう僕もこの馬を本命に挙げることはできませんでしたが、それでもオークスでの穴馬としてスポーツ紙で推していました。
なぜなら、フィリーズレビューを勝った時の脚がいかにも長距離向きに感じられたから。
牝馬は一瞬の切れる脚を使うタイプがわりと多いのですが、メイショウマンボは溜めて解き放つようなレース運びをせずに、1400m戦にもかかわらず早めに動き出すと、良い脚を長く使って前を差しきりました。このパワーとスタミナあふれる勝ちっぷりから、距離など関係なくオークスでも好勝負できると思ったわけです。そして結果はその通り、力強い走りを見せてくれました。
武幸四郎騎手も2枠3番の内枠を利した良い騎乗でしたね。
とりわけ感心したのが、4コーナーを回ってすぐに進路を外に切りかえたところです。前が空くことを待つのも悪くない手ですが、空かずに脚を残して負ける可能性も低くありません。このレースの流れを読んで瞬時に行動に移した、その素晴らしい判断力。最近の成績には昔ほど勢いがありませんが、こういう大レースで決めてくれるところはさすがです。

1番人気で3着に敗れたデニムアンドルビーは、スタートで出脚がつかずに最後方からの競馬になりました。オークストライアルのフローラSでも差しきり勝ちだったので、手綱をとる内田騎手はそれほど慌てる様子はなくじっくりとレースを進めていました。けれどトライアル戦とGⅠでは出走メンバーも違う上に、開催を重ねて悪くなってゆく馬場で前走と同じような脚が使えるとは限りません。
GⅠレースで1番人気馬ならば中団あたりの位置で競馬をしてほしかったと思います。最後は鋭く伸びてきたことから、もう少し前の位置取りをしたならば好勝負になったのではと思わせる内容でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年5月19日 (日)

5月25・26日の注目馬情報

注目ランクMM
藤沢和 厩舎
アンアヴェンジド
※東京11-10R・薫風S・ダ1600mに出走予定

大型馬の長欠明けと決して楽な条件ではなかった前走だったが、終わってみれば後方から1頭だけ違う脚を繰り出しての差し切り勝ち。鞍上も「やはり力が違いましたね」と満足そうに話していたそうだ。ここ昇級となるが、使った上積みもあるとのことならヒケを取ることはなさそう。どんな競馬でもできる自在性も強み。ポンポン行っても驚けない。

注目ランクB
久保田 厩舎
メテオーラビアンカ
※東京12-3R・3歳未勝利・ダ1400mに出走予定

前走、本命シュガーパインの相手一番手に取り上げて的中をお届けしたこの馬。その前走は、勝ち馬にこそ完敗だったが3着以下には3馬身以上の差をつけており、『初勝利は時間の問題』と思わせる内容だった。使いこんで上積みのない馬が多い中、この馬は今年デビューで今回がまだ5戦目。母ペディクラリスも未勝利勝ちするまでに相当時間を要したが、勝った途端に3勝と勢いに乗るとポンポンと行くタイプ。今後も含めて注目したい存在。

注目ランクB
堀 厩舎
プレミアムテースト
※東京12-9R・復刻ダービースタリオンズS・芝2400mに出走予定

「まず負けない」と聞いていた前走の新潟戦でキッチリ勝利を飾り、その後は短期放牧へ。最近入厩したばかりだそうだが、当初からこのレースを目標にしていたため、調整に抜かりはないようだ。今回は昇級戦となるが、「東京の直線でイイ脚を長く使う個性を生かせれば面白い」と厩舎サイドも期待している様子。鞍上は福永を予定しているとのこと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年5月16日 (木)

ヴィルシーナの可能性。

春の牝馬限定GⅠレース、第8回ヴィクトリアマイルが東京競馬場で行われました。
優勝は1番人気ヴィルシーナ
昨年の牝馬3冠レース全てジェンティルドンナに敗れ、そのジェンティルドンナが不在のエリザベス女王杯でもレインボーダリアの2着と、関係者やファンにとっては本当に悔しい1年でしたが、ここで悲願のGⅠ初制覇となりました。
2400mのオークス、2000mの秋華賞での走りは“かかる”とまではいきませんが、ハミを噛んで少し力みが出ていたように見えます。鞍上の内田騎手が上手くなだめて乗ったこと、そして何よりヴィルシーナの能力が高いために3冠レースとエリザベス女王杯、様々な条件で行われた4つのGⅠレースで好走しましたが、以前よりこの馬にはマイル戦が合うと思っていました。素直でレースに対して前向きなので、今回のように上手くスタートが決まれば逃げ馬のような脚でレースを進められるのが強みです。反面、あの勢いのまま行ってしまうと、最後には脚が止まってしまうおそれもあるため、鞍上の腕は大事です。
このヴィクトリアマイルの勝因は2番手でしっかり折り合いをつけられたこと、そして直線で並ばれてから抜かせないヴィルシーナの勝負根性でしょう。
昨年に続いて今年も、エリザベス女王杯を含むマイル以上の距離のGⅠレースに照準を合わせてゆくでしょうから、短距離レースに出てくる可能性はかなり低いのですが、マイルより短い距離のレースでもこの馬は好走すると思います。極端ですが夏の新潟直線レース、アイビスサマーダッシュに出走したとしても、スタートダッシュが決まればあっさりと勝ってしまってもおかしくありません。
それだけ、そつがないというか能力が全体的にバランスよく高いため、距離の幅もそうですが、ペースが速くても遅くても、また前から行っても後方で脚をためても、どんな展開のレースでもこなせそうな気がします。次走は安田記念とのことですが、鞍上を内田騎手からウィリアムズ騎手に替えて、どんな競馬をしてくれるのでしょう。注目です。

2番人気に支持されながら6着に沈んだハナズゴール
終始馬群にもまれ、直線に入っても前にできた壁を抜け出すのに苦労していました。
2枠4番に入ったので内々でレースを進めたのは正解と思いますが、4コーナーから直線入り口までの間に、行くべきスペースを早く探しておいてほしかったですね。
3着のマイネイサベルは良いレースをしました。鞍上の柴田大騎手は1番枠を最大限に生かした最高の騎乗。前週にGⅠ初勝利を挙げたことが自信につながったのか本当に落ち着いて乗っていて、道中は無駄な動きが全くありませんでした。騎乗技術だけでなく雰囲気にもベテランらしい余裕を感じるようになり、この先の活躍が楽しみです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年5月12日 (日)

5月18・19日の注目馬情報

注目ランクMM
松山将 厩舎
マイネジュリエッタ
※東京10-4R・3歳未勝利・芝1600mに出走予定

前走で3着した後に骨折が判明したため長期休養を余儀なくされたが、5/1にようやく美浦に戻ってきてから急ピッチで乗り込まれている。「本数は少ないですが、牧場でも体力をつけるトレーニングをしてきました。来週もう1本追えば整うでしょう」と厩舎サイド。母はオークス3着の良血馬で、馬主・厩舎としても期待している1頭。当然「出たトコ勝負」を狙って仕上げている。

注目ランクMM
堀 厩舎
プリームス
※東京9-12R・4歳上1000万下・ダ1600mに出走予定

前走時、本社情報にて本命公開から9万5420円の大的中を届けてくれたお馴染みの1頭。脚元が万全ではないとあってまだ攻め切れていない印象こそあるものの、それでも他の馬より早く厩舎へ戻して丁寧にやっている点には好感が持てる。馬もまだ底を見せておらず、昇級戦から目が離せない存在となりそうだ。

注目ランクB
松田博 厩舎
アドマイヤツバサ
※東京9-4R・障害オープン・ダ3100mに出走予定

障害戦に出走する楽しみな馬を1頭挙げておく。初障害の前走が圧巻の走り。厩舎に近い筋から聞いた話では、「陣営が思っていた以上に飛越が上手かったですね。かなり手応えを掴んだようですよ」とのこと。鞍上も「昇級のペースは合うと思う。1~2歩目を無事に飛んでくれれば今回もやれる」と、連勝を狙っているらしい。調教師は相変わらず慎重な話をしているようだが、これはどんなジャンプを見せるか注目しておきたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年5月 9日 (木)

柴田大知、おめでとう!

晴天に恵まれた今年のゴールデン・ウィーク。5月5日には東京競馬場で、3歳馬のマイルGⅠ・NHKマイルCが行われました。

優勝したのは10番人気馬のマイネルホウオウ
人気馬が先行争いをしたためにペースに緩みはなく、速い流れのまま進んだこのレースは中団もしくは後方待機の馬が上位を独占する結果となりました。
マイネルホウオウは後方2~3番手の追走でしたが、これは流れを読んでいたわけではなく、スタート直後にハミがかからなかったため仕方なくその位置でレースを進めたようです。このことが幸いし、脚を十分にためられたマイネルホウオウは、直線に向いてから仕掛けだすと外から鋭い脚で一気に前を捕らえました。流れが向いた幸運もあったでしょうが、やはり馬に力がなければできません。次の走りも楽しみです。

桜花賞からこのNHKマイルCまで関東馬がGⅠを4連勝、長らく西高東低が続き寂しく思っていた美浦の競馬関係者の意気はいっそう上がることでしょう。
マイネルホウオウ鞍上の柴田大知騎手は、初めてのGⅠレース勝利です。
また通算勝利数200も同時に達成し、一生忘れられない日となったはず。35歳での200勝は、2~3年もあれば軽く100勝を超えてしまうような“乗れる騎手”からしたら遅く感じられるでしょうが、そこに至る前に引退を決意してしまう騎手がどれほど多いことか。僕もダービーを勝った35歳の時は200勝そこそこでした。成績に悩みながら騎手を続ける苦しさはとてもよくわかります。
だから彼のような騎手がGⅠレースを勝って本当に良かった。勝利騎手インタビューでの柴田大騎手は、おさえきれない感情が涙とともにあふれて、その言葉一つ一つが本心からのものということが伝わってきました。レースのことはよく覚えていない・わからないという言葉も、夢中で追っていたのであれば頷けます。冷静にレースを分析し理性的な受け答えをする騎手はカッコいいと僕は思うし、またプロとしては当然の姿勢だとも言えますが、柴田大騎手の人間味あふれるインタビューは聞いていた誰もが祝福し、これからも応援したくなりますよね。こういう騎手の想いも含めて、やっぱり競馬は面白いのだと思います。

このNHKマイルCで、最も上手く乗ったと思ったのは、8番人気で3着に好走したフラムドグロワールの鞍上・横山典騎手です。
6枠12番に入りながら、スタートして2F目にはすでに3・4番手のインにつけていました。前に数頭いて、それを見る形でじっと我慢しながら追走できるあのポジションは、競馬において一番勝つ確率が高いところ。また馬にも、騎手にとってもラクにレースが出来る理想的なポジションです。
その位置をあの枠番から難なく取ることができるのはさすがで(ごく自然に取っているように見えますがそう簡単にはできません)観ていて「勝つのはノリだな」と確信するほど完璧な騎乗でした。たとえ人気があまり高くない馬でも、彼が騎乗することで、何かやってくれるのではないかと期待してしまう。それだけの腕を持つ素晴らしい騎手だと思います。今回は流れが向かなかったために勝利は逃したものの、馬の能力が生かされる良いレースでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年5月 5日 (日)

5月11・12日の注目馬情報

注目ランクB
勢司 厩舎
ユールシンギング
※東京8-5R・3歳未勝利・芝1800mに出走予定

「負けられない!」と鞍上、陣営ともに星勘定で臨んだ前走だったが、直線、さあこれからというところで前が詰まる痛恨の不利。脚を余す形で悔しい敗戦を喫してしまった。しかし、あの一戦が力負けでないことは確かであり、前々から「東京向き」という話があったことを考えれば、ココが巻き返しの舞台になる公算大。まだ上を狙える素質馬、初勝利のチャンスは馬券的にも狙い目となりそうだ。

注目ランクB
相沢 厩舎
ネロディアマンテ
※東京8-6R・3歳500万下・芝1400mに出走予定

2週前の芝の1400m戦を除外になり予定が延びたが、先週津村騎手を背にウッドチップコースで抜群の動きを披露して調子落ちはなさそう。折り合い等の問題で出世が遅れているが、桜花賞に間に合わなかった事でクラシックのしがらみを捨て、最も適性の高い短距離路線を歩める事になったことは好都合と言えるだろう。しかも今回は鞍上にウィリアムズ騎手を予定。名手の手綱がキッカケで、秘めた素質が一気に開花する可能性があるかもしれない。

注目ランクMM
宮 厩舎
ラーストチカ
※京都7-7R・3歳500万下・芝1400内mに出走予定

以前からMK氏が注目しており、その話を度々お伝えしていることでお馴染みの馬。前走でようやく未勝利を脱出したのだが、やはり以前から聞いている素質馬、騎乗した藤岡佑は「馬自身が使われつつどんどん競馬を覚えてきている。折り合いも楽についたし、昇級でもすぐに勝ち負けできると思う」と近しい関係者に伝えていたそうだ。昇級で相手も強くなる今回だが、即勝ち負けというシーンもありそうだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年5月 1日 (水)

いつもと同じに見えて…

先週行われた第147回天皇賞。
結果だけ見ると2、3番人気馬のワンツー決着は順当ともいえますが、単勝1.3倍の圧倒的1番人気に支持されたゴールドシップが5着に敗れたことに多くのファンは衝撃を受けたのではないでしょうか。
管理する須貝調教師によると“ゴールドシップは高速馬場の経験がなく、おそらくそれが敗因”とのこと。確かにこの馬は、速い時計の決着よりも力でねじ伏せるタイプです。
一瞬の切れ味を武器としているのではなく、まくり・追い込みの脚質で長く良い脚が使えるこういう馬にとって高速馬場はベストな条件ではありません。それでも今回は、馬場だけがレースの敗因ではないように思います。
スタートしてから1周目、ホームストレッチを走っているところで、いつものゴールドシップと違うと感じました。これまでのレースでは、指定席のように最後方に位置し、後ろからフワフワ・のんびりと散歩しているかのような追走をしています。ところが今回はほんの僅かですがハミを噛み、位置取りも完全な最後方ではなく、1コーナーにさしかかる頃には何頭か抜いて上がっていってました。
ゴールドシップ最大の長所は、残り1000mから仕掛けていきゴールまでもってしまう脚です。これはいかに前半、馬が遊びながら走っていられるか、つまり余裕をもって走れているかが鍵となります。いつものレース運びを振り返れば、乗っている騎手も観ているファンも本当に大丈夫なのかと心配するほど、言い方は悪いのですがやる気がなさそうにも見える追走をしていました。そして「そこで仕掛けだすのか」と驚くところで追い出すと、ぐんぐんと伸びてきて他馬をねじ伏せていく、そんな競馬でした。
それが今回に限っては上記のような“遊び”が見られず、初めからレースに参加していました。そのために気力・体力を消耗してしまい、現役トップクラスのマクリが不発に終わったのだと思います。いつもとは少し違う戦法をとったこともあるかもしれませんが、おそらく馬のテンションが影響したのでしょう。次走はゴールドシップらしい落ち着いたレースぶりが見られることを期待します。

優勝はフェノーメノ
昨年のクラシックロードを、鞍上の蛯名騎手はどれほど悔しい想いをしながら歩んできたのでしょう。手綱や背中を通して伝わってくる馬の強さ。それを知りながらも掴めなかったGⅠタイトルを今ようやく手にすることができました。
道中は自分のポジションでレースを進めることに徹し、4コーナーからは強気の早め先頭。ゴールドシップに対し、来るなら来いと正々堂々と勝負を挑んだ度胸のあるレース運びでした。
ただ1つだけ残念に思ったのが直線での蛯名騎手の騎乗フォームです。GⅠで先頭に立ちゴールまであと少し、勝利はもう手の届くところにあるという地点で、平常心でいられないのはわかりますが、内側のオーロラビジョンを見たり、外側にいる武豊騎手騎乗のトーセンラーの脚いろを確認したりと左右に頭が動いているのは見栄えの良いものではありません。最後まで綺麗なフォームで追ってほしかったです。彼ほどのベテラン騎手には、どんな時でも冷静に対処し、若い騎手が憧れ目標とするような格好良さを見せつけてもらいたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »