« 4月27・28日の注目馬情報 | トップページ | いつもと同じに見えて… »

2013年4月24日 (水)

なかなかできない芸当でした。

先週メインは3歳牝馬のレース、フローラステークス。
上位3着までにオークスの優先出走権が与えられるこのレースを制したのは、ディープインパクト産駒デニムアンドルビーでした。2着にも同じくディープインパクト産駒のエバーブロッサムが入り、1、2番人気馬のワンツーという結果に終わりました。本当にディープインパクトの仔は走りますね。当然、現役時の成績が良いからこそ種牡馬としての需要が高いわけですが、しっかりと期待に応えているのが凄い。優秀な牝馬と配合されることが多いとはいえ、産駒には間違いなくその優れた能力が伝わっています。この先どれだけの活躍馬が出てくるのか楽しみです。

さて優勝したデニムアンドルビー。
道中は最後方で追走し、残り半マイルから仕掛けだして4コーナー入り口では先頭集団に取りつき、直線で父譲りの末脚を披露して鮮やかな差し切り勝ちを決めました。レース後、鞍上の内田騎手は位置取りについて質問されていましたが「距離が長いレースなので(道中の位置は)あまり気にしなかった」とのこと。サラッと答えていますが、こういう騎乗ができる騎手はそう多くないと思います。
重賞レースで1番人気馬に騎乗、それもクラシックレースの優先出走権が得られるかどうかというときに道中の位置が最後方では、騎手の心と騎乗に焦りが表れてもおかしくありません。昨年ゴールドシップに騎乗したときもそうでしたが、いくら馬の強さを信じていたとしても、あれだけ後方にいて全く焦りや不安が感じられないのは珍しい。いつでも彼は、馬が行かないのであればその位置で構わないという雰囲気で乗っています。ただし、ここが仕掛けるポイントだと思ったところでは、一気に加速し勝負に出ます。前半はレースに参加していないような空気が漂っているのに、後半は主導権を握ってしまう競馬。
後方で動かないこと、そして自力で動き出す(仕掛けだす)こと、ともにかなり度胸が要りますが、それができる内田騎手はさすがだと思います。
騎手が慌てずに落ち着いて騎乗し、馬に無駄な動きをさせない。そうして気負わずラクに走れた馬は、直線でしっかりと伸びてゆけるのです。デニムアンドルビーの力を上手に引き出す良い騎乗でした。

期待したイリュミナンス
道中は武豊騎手が上手く中団のインで我慢し、良い感じで進められていたと思いますが、追い出してからがいまひとつで、さっぱり伸びませんでした。多少もまれたことが響いたのかもしれません。力を出し切れずに終わったように見えて残念です。次走はこの馬らしいレースができることを願っています。

オークスはこのフローラSで1~3着に入った馬に期待したいところ。いずれも中団より後ろでレースをし、直線は素晴らしい脚を使いました。こういう脚は府中に合っているのでオークスでも好走してくれるのではないかと思います。

|

« 4月27・28日の注目馬情報 | トップページ | いつもと同じに見えて… »

レース回顧」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1466872/51355949

この記事へのトラックバック一覧です: なかなかできない芸当でした。:

« 4月27・28日の注目馬情報 | トップページ | いつもと同じに見えて… »