« 3月9・10日の注目馬情報 | トップページ | 3月16・17日の注目馬情報 »

2013年3月 6日 (水)

勝因、敗因、それぞれが本番に繋がる。

先週の中山メインは第50回弥生賞。このレースの歴代優勝馬を見ると、今も語り継がれる名がずらりと並び圧倒されるほどです。3歳牡馬クラシックに直結するこのトライアル戦は絶対に見逃せません。
1番人気に推された関西馬エピファネイアは単勝2.3倍。名牝シーザリオを母にもち、出世レースと呼ばれるラジオNIKKEI杯を3連勝で制した超良血馬です。対する東のコディーノは単勝2.6倍の2番人気でしたが、こちらも重賞2勝、GⅠの朝日杯FS2着と同世代の中でもトップレベルの実績馬と、今年は東西からそれぞれ大将格が出走し、完全に2強対決の様相を呈していました。
そのレース、エピファネイアは大外枠(12頭中12番枠)だったためか、道中は一度も壁を作れずに掛かりっぱなしで折り合いがつかないまま進み、直線で伸びを欠いていました。結果は4着。主戦である福永騎手が騎乗停止中なので、今回は代打としてビュイック騎手が手綱をとりましたが、やはり乗り慣れていないことが大きかったようです。本番・皐月賞は福永騎手が乗り、枠順も変わるでしょうから、上手く前に壁を作っていつもの強い競馬をしてくれるのではないでしょうか。
コディーノは3着。エピファネイアとは反対に内側の枠(3枠3番)だった上に、鞍上・横山典騎手の絶妙な位置取りにより十分に脚をためることができて、良い雰囲気で進められました。直線でほんの少し窮屈そうな場面も見られましたが、伸びは上々。プラス8キロ(の馬体重増)と、仕上がりにも陣営の先を見据えた余裕を感じます。皐月賞できっちりと仕上げてくれば、今回以上の着順にくるでしょうね。

さて今年の弥生賞の優勝馬、カミノタサハラ
父と比べるとずいぶん大型の510キロを超す馬体ながら、いかにもディープインパクト産駒らしく素質を感じさせる伸びやかな走りを見せました。
また、馬に能力があることはもちろんですが、やはり鞍上の内田騎手の手綱さばきなくしてはこの勝利は掴めなかったのではないでしょうか。
馬がズブイのか又は反応が良くないタイプなのかはわかりませんが、内田騎手は他の騎手よりも早めに仕掛けだして、馬に対し徐々にエンジンをかけていきました。カミノタサハラの走りを見る限り、スパッと切れる脚はあまり持っていないようですが、追い出してから脚を長く使えるタイプなので、この乗り方は、馬の長所を最大限に引き出すものでした。
皐月賞はペースが速くなり前半1000m通過が1分を切ると予想できるので、この馬は楽に追走ができ、余裕をもって追い出すことができるのでは。
1日ごとに変わってゆく伸び盛りの3歳馬、これからの1ヶ月あまりでカミノタサハラがどれだけ成長するのか。当日が待ち遠しいですね。

|

« 3月9・10日の注目馬情報 | トップページ | 3月16・17日の注目馬情報 »

レース回顧」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1466872/50621743

この記事へのトラックバック一覧です: 勝因、敗因、それぞれが本番に繋がる。:

« 3月9・10日の注目馬情報 | トップページ | 3月16・17日の注目馬情報 »