« 完勝は馬の力だけではできなかったこと。 | トップページ | 独特の感性が呼び込んだ勝利 »

2013年3月31日 (日)

4月6・7日の注目馬情報

注目ランクB
萩原 厩舎
ビーフィットウォー
※中山5-5R・3歳未勝利・芝1600mに出走予定

半兄に重賞で活躍したプリサイスマシーンがいる厩舎縁の血統馬だが、前走のデビュー時は『まだ非力なのでどうか?』という評価。420キロの小柄という事もあり、7番人気と評価は高くなかった。しかし、内々で窮屈になりながらも2着と素質の片鱗は見せて、『次は良いだろう』と思わせる競馬だった。テンションが高く調整が難しい上に、脚元に不安が出て一旦放牧。更に帰厩した時にもアクシデントがありココまで延びてしまったが、3月に入りようやく順調に調教ができる様になり態勢は整った。今の未勝利では能力上位、無事に輸送をクリアして競馬場にたどり着ければ、好勝負になりそうだ。

注目ランクB
音無 厩舎
クリソライト
※阪神5-6R・3歳500万下・ダ1800mに出走予定

本来であれば、オープン特別の伏竜Sに使っていなくてはならない馬。昨年暮れの時点では『交流GⅠを獲る』という話だったことを思い起こせば、いまだ500万でウロついている現状は正直情けないところ。しかし、どの競馬も内容的には勝ちに等しいものであり、一言、勝ち運がないだけ。ジックリ立て直して臨む今回は、鞍上シュタルケで必勝態勢という話。そのシュタルケもチョッとしたワケあってコレは落とせないと思っているらしい。

注目ランクMM
田中清 厩舎
セコンドピアット
※中山5-9R・野島崎特別・芝1800mに出走予定

大外枠から勝ちに動いた前走は、完全に展開のアヤによる敗戦。後続の目標にされてしまった感は強く、間違いなく最強の競馬をしたのはこの馬だった。その前走で手応えを掴んだ石橋脩も、今回の騎乗を楽しみにしているとのこと。牝馬限定戦ならいつでも勝てるレベルの馬。今度こそ決めたいところだろう。

|

« 完勝は馬の力だけではできなかったこと。 | トップページ | 独特の感性が呼び込んだ勝利 »

レース回顧」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1466872/51037645

この記事へのトラックバック一覧です: 4月6・7日の注目馬情報:

« 完勝は馬の力だけではできなかったこと。 | トップページ | 独特の感性が呼び込んだ勝利 »