« 勝因、敗因、それぞれが本番に繋がる。 | トップページ | まだまだ予断を許さない桜花賞戦線 »

2013年3月10日 (日)

3月16・17日の注目馬情報

注目ランクMM
久保田 厩舎
ドロ
※中山7-8R・4歳上500万下・ダ1200mに出走予定

去勢明けで初ブリンカーの前走だったが、道中難しい面を出してながら内で包まれてしまうという苦しい展開で6着と案外の結果に終わった。しかし、この中間も厩舎サイドにトーン落ちは見られない。「見た目は仕上がっていましたが、中身は久々という感じでしたね。この中間はガラっと良くなり、一度使って見違えるほど。デキさえ戻ればこのクラスでは力が上だし、本来の好位での競馬ができると思います」という話。鞍上は横山典騎手を予定、実力馬の復活もありそうだ。

注目ランクB
新開 厩舎
ソルデマーヨ
※中山8-8R・4歳上500万下・ダ1800mに出走予定

音無厩舎から東の新開厩舎へ。しかも、2年ぶりの休養明けとあっては狙いづらかっただろう前走だったが、厩舎サイドは密かに色気を持っており、本社情報でも本命公開から7万1550円の大的中をお届けした。その当時から「ヒョッとしたらバケるかもしれない」と厩舎サイドは話しており、まだまだ出世が見込める逸材。反動の有無は直前まで見極める必要があるものの、引き続き注目であることは間違いない。

注目ランクB
松田国 厩舎
ブロードソード
※阪神7-7R・3歳500万下・ダ1800mに出走予定

中京で行われた沈丁花賞にも登録していたのだが、「輸送明けの中1週なので、万全を期しました」と回避、スライドしてこのレース出走を決めたそうだ。今回の鞍上はシュタルケを予定しているとのこと。大幅鞍上強化で勝ちに来ている。厩舎サイドでも「コレは大成させたい」と意気込んでいる期待馬。落とせない一戦となりそうだ。

|

« 勝因、敗因、それぞれが本番に繋がる。 | トップページ | まだまだ予断を許さない桜花賞戦線 »

次週注目馬速報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1466872/50692030

この記事へのトラックバック一覧です: 3月16・17日の注目馬情報:

« 勝因、敗因、それぞれが本番に繋がる。 | トップページ | まだまだ予断を許さない桜花賞戦線 »