« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »

2013年2月

2013年2月28日 (木)

ベテランの手綱に見惚れた中山記念

多数あるJRA重賞、その中でもじつに長い時代の波をくぐりぬけた伝統のレース・GⅡ中山記念が先週行われました。
優勝馬は2番人気ナカヤマナイト。名前のとおり中山競馬場が得意で、今回の勝利で中山コースは7戦して[4-2-0-1]となりました。いまや中距離路線では欠かせない存在ですね。

勝因はズバリ、柴田善騎手の好騎乗でしょう。
中山の芝1800mコースは1コーナーまで距離が短く、出走馬15頭中15番枠に入ったナカヤマナイトにとっては非常に不利な条件です。フライング気味にいち早くスタートを切らない限り、1コーナーをインに位置して回ることはまずできません。当然、外を回されることによる距離ロスは大きく、ゆえに中山芝1800mコースは外枠不利といわれます。
柴田善騎手はスタートこそ普通でしたが、流れが落ち着いたと見るやすかさず馬を上げていきました。ここが最大のポイント。
「出していく」というほど無理に脚を使ったわけではなく、あくまで自然に位置を上げていきました。さすがに大外枠なので1コーナーでは外を回されましたが、おかげで2コーナーではさほど外を走らされずに済み、3番手集団まで上手く誘導することができました。
シルポートの逃げに誰もついていかず、縦長の状態になったからこそできたのでしょうが、大外枠からのスタートでいながら向正面で良いポジションをキープできる状況はそうあることではありません。ベテランらしい判断の的確さ、騎乗技術に見惚れてしまいました。
そしてここまでが騎手ができる最大限のこと。その役目は十分に果たしました。あとは馬が全力を出し切れるかどうか、信じてひたすら追うのみです。
そしてナカヤマナイトは鞍上に応えるように最後の最後、ダイワファルコンとの接戦を制し、見事3つめの重賞勝利を果たしました。
デビューからずっと手綱をとり、性格も走りも知り尽くしている柴田善騎手はこれからもナカヤマナイトの良きパートナーとして、見応えあるレースをしてくれることでしょう。

4連勝中の勢いに注目した4歳馬アンコイルドは11着。
レースは中団につけて、何の不利もなく進めていたようでしたが、4コーナーあたりで早々と手応えがなくなり失速。GⅡレースの骨っぽい出走メンバーに加え、初めて経験する「重賞レースの流れ」がこの馬には少し辛かったのかもしれませんね。それでも500万下→1000万下→1600万下→オープンと次々に勝つことなど、高い能力がなければ難しいと思います。
負けたのは残念ですが、若い馬はこういうレースを経て大人になっていくもの。アンコイルドも1回経験したことで重賞の流れに慣れるでしょうし、この敗戦がさらなる成長へとつながるのは間違いありません。重賞レースの常連として活躍することを期待しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月24日 (日)

3月2・3日の注目馬情報

注目ランクMM
田中清 厩舎
ツクバアラモード
※中山3-9R・黄梅賞・芝1600mに出走予定

◎ダービーフィズから大的中をお届けした前走の若竹賞にて、4番人気10着。ただ、この時は、前週のフェアリーS、前日の菜の花賞(牝馬限定戦)と立て続けに除外を食らい、仕方なく再投票で出走したという経緯があった。「調整が狂ったし、距離が1600mから1800mに延びた事も良くありませんでした。その後は一息入れて立て直しました。調教でも元気があって立ち直った感じなので、改めて期待します」と厩舎サイド。

注目ランクMM
藤岡健 厩舎
ワイドエクセレント
※阪神4-3R・3歳未勝利・ダ1800mに出走予定

入厩当初から厩舎周辺で評判になっていたこの馬。デビュー当週に稽古に乗った藤岡佑も、「これはすぐに勝てる馬」と動きの良さを絶賛してたそうだ。小倉遠征で芝を使った結果切れ負けに終わってしまったが、血統的にも今回のダート替わりは大歓迎のクチ。当時、「2000mは少し長いかも」という話もあり、距離が1ハロン短くなることもプラスに働くことだろう。ガラリ一変に期待。

注目ランクMM
高柳 厩舎
ヴァンガード
※中山4-10R・上総S・ダ1800mに出走予定

転厩を機にダートを使うようになって見事復活!元々素質の高さは評価していたが、適性がダートにあったということだろう。“高柳再生工場”の力を久々に見た気もする。準オープン緒戦となった前走は7着に敗れたが、レース振りは悪くなく、クラス慣れが見込める今回はもっとパフォーマンスを上げてくることだろう。改めてそのレース振りに注目したい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月20日 (水)

リズムを守ることの大切さ

先週は2013年最初のGⅠレース、フェブラリーSがありました。
優勝馬は3番人気のグレープブランデー
ハナに立ったタイセイレジェンドがレースを引っ張り、速めのペースの中、その中団のインで折り合いながら進んでいきました。ポジションだけ見るとグレープブランデーは少し後ろ過ぎるかもと思いましたが、この速い流れが味方し、結果的にはベストの位置でした。
直線でバテて下がってきた馬を上手にさばきつつ外に持ち出し、末脚を爆発させて完勝。ジャパンダートダービー以来のGⅠレース勝利となりました。
鞍上の浜中騎手は昨年度リーディングジョッキーとしての自信がそつのないレースぶりにあらわれていましたね。インタビューでのしっかりとした受け答えと、幼さが消えて締まった顔つきを見ると、彼が騎手として心・技・体を向上させるべく努力してきたことがわかります。その若さからは考えられないほど冷静な騎乗、この先どれだけ活躍するのか楽しみでたまりません。

1番人気カレンブラックヒルは残念ながら15着と大敗を喫しました。
騎乗した秋山騎手によると「スタートが全て。ゲート内で(後ろに)下がったところでスタートが切られたために好位にとりつくのに脚を使ってしまった。」とのこと。
この馬はスタートが上手く、好位を楽々と取りにいける軽い脚をもっているのが強みです。それが今回、後手を踏んだためにその長所は全く生かされず、馬を押して前へ行かなければならない事態になってしまいました。
好スタートで無理なくとれた3番手と、押しての3番手では、馬にかかる精神的・肉体的負担などを考えても内容と結果はまるで違います。押して行った場合、理想的な位置についた後も「もういいよ」と急ブレーキをかけて馬の行く気やスピードを殺すわけにはいかず、多少アクセルをふかしている状態が続きます。そうなると必然的に折り合いは難しくなり、また上手く折り合うことができたとしても、ハミを噛んで走っていた馬はその分だけ体力が消耗してしまい、最後の直線で使うための脚は残らなくなります。カレンブラックヒルが直線で早々と脱落してしまったのはそのためではないでしょうか。
では今回のようにスタートで後手に回ってしまったときには、無理せず、成りゆき任せで中団、あるいは後方につけていれば良かったのでしょうか。
僕がカレンブラックヒルの騎手だとしたら…そういう騎乗はできませんね。やはり秋山騎手と同じレース運びをしていたと思います。
競走馬が「自分の形」「得意なレースパターン」以外の競馬をするというのは、大敗の可能性が高くなるし、ましてやGⅠレースで1番人気馬に騎乗する騎手としては、少し無理をしても「いつもの自分の形」に持ち込んでレースを進めるのが当然でしょう。結果的には敗れてしまいましたが、秋山騎手はカレンブラックヒルのためにできる限りのことをしたと思います。

最後に、このレース最大のポイントだったカレンブラックヒルのダート適性について。
まだハッキリとしたことはわからないとは秋山騎手。確かにダートがまるで駄目というわけではないでしょうが、本当に適性があるのなら、たとえスタートミスがあったにせよ、あれほどの大敗は無いのでは。これが芝のレースであれば、流れが向かず最後の直線でスピードが落ちたとしても、流れ込むなりしてそれなりの成績をおさめる力がある馬なので、この負け方は衝撃を受けました。
スタートが良ければ好走した可能性はゼロではなく、馬もまだ本調子ではなかったのかもしれませんが、ダート重賞常連の猛者たちはやはり甘くは無かったということでしょうか。
とはいえ、カレンブラックヒルの出走により今年のフェブラリーSが盛り上がったことは間違いありません。陣営の、未知の世界に挑む姿勢に拍手を送りたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月17日 (日)

2月23・24日の注目馬情報

注目ランクMM
宮本 厩舎
ナリタパイレーツ
※阪神2-9R・すみれS・芝2200mに出走予定

未勝利を勝った直後、ローカルに遠征して4着。その戦績は決して目立たないのだが、実は、「ジョッキー連中がエラく評価していて、この中間も各方面から厩舎に営業が掛かったそうです」という話がある。一緒のレースに乗ったり、普段から稽古や乗り運動を見ている乗り役が、「アレはイイ馬、乗りたい」と志願するケースは意外に多い。結局、未勝利を勝った高倉で落ち着くようだが、乗り役連中が評価する隠れた好素材、その走りには注目が必要だろう。

注目ランクMM
田中清 厩舎
セコンドピアット
※中山2-9R・富里特別・芝1800mに出走予定
2走前の新潟戦は、ゴール後に倒れてしまうほど重度の熱中症だったが、何とか押し切って勝利。前走はいつもよりやや早めの競馬をした分、流れに乗れなかったことが敗因だろう。「馬はとても良くなっていたし、一度使って更に調子を上げています。このクラスの牡馬相手でも通用する力はあるし、ハンデもそれほど重くならないと思うので、改めて期待します」と陣営。距離短縮も良さそうで見直したい1頭。

注目ランクB
相沢 厩舎
タマブラックホール
※中山2-10R・ブラッドストーンS・ダ1200mに出走予定

負けられない自己条件戦だった前走で本命公開から的中馬券をお届けしたお馴染みの馬。その後は、予定通り東京開催をスキップし、この中山に備えられてきた。「東京と中山では走りが違う」と、2走前に格上挑戦で3着していることもあり、イキナリから期待している様子。厩舎サイドとしては「(カペラSを勝った)シルクフォーチュンのような馬にしたい」と目論んでいるらしい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月13日 (水)

次への課題が見つかった共同通信杯

先週は第47回共同通信杯が行われました。ナリタブライアンなど、後に名馬と呼ばれた馬を多数輩出しているこのレースで好走すれば、今年のクラシック戦線で注目を浴びるのは必至、見逃せない一戦でした。
1番人気に支持されたのは重賞(札幌2歳S)2着の実績を持つラウンドワールドでした。鞍上の岩田騎手の手綱さばきにも期待が寄せられましたが、スタートで出遅れたのが大きく響いて結果は4着。出遅れに関しては「前走から重心が後ろに残るようになっている」そうで、一度こういうクセがついてしまうと、直すのが少し大変です。
また、スタートで後手を踏むことにより必然的に後方からのレースになりますが、その場合、速い流れになって差し馬に向く展開になるか、他馬のペースなど関係ないと言えるほどの鋭い決め手を馬が持っているのでない限り、勝ちきることは難しいです。
ラウンドワールドはこれまでの実績に加え、今回のように、良いとは言えない内容でも4着にくる力があるため、次に出走するときも人気を集めるでしょうが、馬券的にはとても取捨が難しい馬だと思います。

優勝馬は4番人気メイケイペガスター
この馬は気性的に折り合いが難しく、こういうタイプはゲートをそっと出し、なるべく刺激しないよう、馬を怒らせることがないように神経を遣い騎乗します。それでも中には、レースの流れを嫌い、我慢できずに行ってしまう馬もいます。
メイケイペガスターはその点、鞍上の横山典騎手がとても上手になだめていましたね。
ただレースを観ていると、横山典騎手が細心の注意を払ってゲートを静かに出ても、馬がハミを噛んで行きたがる素振りはありました。この手の馬は、落ち着いて競馬ができる後方に位置するのが良く、おそらく横山典騎手はもう少し後ろから行く予定だったのではないかと思います。スタート直後は中団あたりで折り合おうかという流れでしたが、そこから気負った感じになり3番手まで上がってしまいました。
しかし、抵抗はそこまで。
あの位置でしっかり馬をなだめられたのは、確実に横山典騎手の腕であり、こういうのが上手にできない騎手だと、抑えきれずに一気にハナまで行ってしまうこともあります。
また上手下手関係なく、馬がかかってしまったときは、鞍上と馬があまり喧嘩しすぎると「引っ張り殺してしまう」恐れがあり、限界だと判断した騎手が折れて手綱をゆるしハナまで行くパターンもよく見られます。
パワーがある証とも言えますが、やはり最後の伸びにつなげるためには、行きたがる馬をジッと抑えて脚を溜めておかなければなりません。騎手は自分の持つ技術を駆使して馬の能力を生かすのが仕事。横山典騎手は、きっちりとプロの仕事をしました。

とても強い勝ち方だったメイケイペガスターですが、今後フルゲートでもまれてしまったときに、出走頭数が10頭と手頃だった今回のように良い感じでレースを進められるかどうか、そこが騎手の腕の見せどころ。どんなレースを見せてくれるのか楽しみにしています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月10日 (日)

2月16・17日の注目馬情報

注目ランクMM
久保田 厩舎
ロードシュプリーム
※東京8-3R・3歳500万下・ダ1400mに出走予定

約2ヶ月レース間が開いてやや余裕残しだった前走、初の1200mという事もあり前半は戸惑いながらの追走となってしまった。しかし、終いは良く差を詰めて4着とはいえ勝ち馬とは0.2秒差なら合格点の内容。「太めの割には最後まで息切れしないで頑張りました。一度使って多少は絞れているし、馬格とパワーがあるのでダートは合いそうです」と厩舎サイド。鞍上福永騎手との初コンビを予定、ダートでの大変身を目論んでいる。

注目ランクMM
角田 厩舎
ヴァンヌーヴォー
※東京8-12R・金蹄S・ダ2100mに出走予定

まさにブリンカー効果覿面といった競馬だった前走。4走前に情報筋I氏が本命公開から的中馬券をお届けしたように、以前から素質は評価されていた馬だが、前走で一皮剥けた印象。あの内容なら昇級を苦にすることはあるまい。息の長い末脚が自慢の馬であり、東京の長い直線と2100mの距離はいかにもピッタリの感。休み明けでも仕上がりはイイと聞いており、ここイキナリから注目できる。

注目ランクB
相沢 厩舎
アイスフォーリス
※東京8-10R・アメジストS・芝2000mに出走予定

昨年のオークス3着以降、やや低迷状態が続いていたが、前走の愛知杯に復調の手応え。その後はこのレースを目標にしていたらしく、放牧でリフレッシュして帰ってきてからの気配も良好とのこと。鞍上・松岡はこの馬にかなり期待しているようで、「今年はこの馬で…」という話を近しい人間にはしているそうだ。今年緒戦、キッチリ決めたい思いは強いと見る。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月 6日 (水)

東京新聞杯、勝ち馬以上に目を引いたのはアノ馬でしょう。

先週のメインは第63回東京新聞杯。
レッドスパーダの単騎逃げにより流れはスローへと傾き、前半の半マイル通過タイムが47.6秒と古馬の重賞レースとしてはかなり遅い流れとなりました。
こうなると前方に位置する馬の騎手にとっては、しめたもの。脚を十分に残したまま最後の直線へ向かうことができます。反対に中団および後方グループにいる馬にはとても不利な展開です。「ペースが遅すぎるこの展開ではハマらない」「こちらがどんなに脚を使っても届かず、前残りの展開になってしまう」レースのそんな流れを肌で感じとり、半ば諦めの気持ちを抱いて騎乗を続ける騎手もいるでしょう。
ただし、たとえ流れが向かなくとも、決め手のある馬であれば上位入着する時もあります。
2着に好走したダイワマッジョーレはその良い例ですね。
後方に位置しながらも最速の上がり32.7秒の脚で勝ち馬に半馬身差まで迫りゴール。これだけの鋭い脚を持つ馬ならば、理想的な流れになったときには一気に突き抜ける見事な勝ちっぷりが期待できます。とはいえ速くなったらなったで、必ず伸びてくると言い切れないのが難しいところで、その場合は後方グループも少なからず脚を使わされてしまい、最後の直線で思うように末脚が発揮できないことがあるので楽観はできません。
流れやペースに左右されやすい差し馬ですが、前走まで約1年間ずっと1800~2000m戦に出走しながら、今回の1600m戦でもきっちりと力を見せることができるダイワマッジョーレは、これからのマイル戦線で軽視できない存在となりそうです。

優勝は2番人気クラレント
スローな流れの中を内側の5番手で折り合いをつけ、直線に向いて上手くスペースを見つけてそこから突き抜けゴール。これで重賞3勝目、過去の重賞勝利も全てが1600m戦ということからも、この馬にとってベストの距離であることがわかります。
今回の東京新聞杯のようなスローな流れというのは、騎手にとっては折り合いが難しく、上手くコンタクトをとらないと馬と喧嘩をしてしまい、結果的に最後の伸びを欠いてしまうことになりかねません。クラレントは、鞍上の岩田騎手がしっかり折り合いをつけて騎乗していたために力を発揮させることができたのだと思います。
1番人気に支持され10着惨敗ドナウブルーについては、はっきりとした敗因はわかりません。勝ち馬のクラレントと同じようなところにいたのでポジションに問題は無いし、手応えも決して悪くなさそうでした。直線に向いた後も不利を受けることなく、全体的にスムーズに競馬が進められましたが、そのわりに全然伸びていきませんでしたね。
これほどの馬であれば、たとえ負けても見せ場が無い負け方はしないはずで、多分、身体がまだ本調子ではなかったのでは。春になり少し暖かくなれば調子が上がってくるでしょう。力がある馬なので、この一戦だけでは見限ることはできません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月 3日 (日)

2月9・10日の注目馬情報

注目ランクMM
奥平 厩舎
オメガスパーキング
※東京6-8R・4歳上500万下・ダ1600mに出走予定

スタートが安定しないため、後方からの競馬になるのはいつもの事だが、前走は仕掛けてからの行きっぷりが一息。コーナーではひどくモタれて、直線でもまともに追えず力を出せなかった。「器用さを要求される競馬は厳しかったようなので、中山は見送り、この東京開催を目標に調整してきました。調教で右側だけブリンカーを着けたらスムーズでした。巻き返す力はあるので改めて期待します」と陣営。好走と凡走を繰り返すアテにならないタイプだが、現級で好走実績があり東京なら怖い1頭。

注目ランクB
松元茂 厩舎
タイキガラハッド
※京都6-8R・4歳上500万下・ダ1200mに出走予定

もどかしいほど勝ち切れないこの馬だが、その力が現級最上位であることは紛れもない事実。いつ勝ってもおかしくない存在である。今回は休み明けになるが、西のブレーンからの報告によると、稽古に乗った藤岡佑が「超抜の動きでした!!」と大絶賛していたとのこと。「当週にキッチリ仕上げます」と、厩舎サイドもイキナリから勝負態勢。西では「アッサリまである」と、既に話題になっているそうだ。

注目ランクB
橋田 厩舎
スズカセクレターボ
※東京5-12R・4歳上1000万下・ダ1600mに出走予定

前回の中京戦も注目していたが、やはり左回りでは走りが違う。今回も左回りを求めて東京遠征が決まったそうだ。この中間も福永が稽古に乗っており、「やっぱり絶対左回りの方がイイ」と改めて話していたそうだ。今回はマイルへの距離延長となるが、フワフワしながら走るところがある馬であり、条件好転と言っていいだろう。ソロソロ決め時と見る。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »