« 東京新聞杯、勝ち馬以上に目を引いたのはアノ馬でしょう。 | トップページ | 次への課題が見つかった共同通信杯 »

2013年2月10日 (日)

2月16・17日の注目馬情報

注目ランクMM
久保田 厩舎
ロードシュプリーム
※東京8-3R・3歳500万下・ダ1400mに出走予定

約2ヶ月レース間が開いてやや余裕残しだった前走、初の1200mという事もあり前半は戸惑いながらの追走となってしまった。しかし、終いは良く差を詰めて4着とはいえ勝ち馬とは0.2秒差なら合格点の内容。「太めの割には最後まで息切れしないで頑張りました。一度使って多少は絞れているし、馬格とパワーがあるのでダートは合いそうです」と厩舎サイド。鞍上福永騎手との初コンビを予定、ダートでの大変身を目論んでいる。

注目ランクMM
角田 厩舎
ヴァンヌーヴォー
※東京8-12R・金蹄S・ダ2100mに出走予定

まさにブリンカー効果覿面といった競馬だった前走。4走前に情報筋I氏が本命公開から的中馬券をお届けしたように、以前から素質は評価されていた馬だが、前走で一皮剥けた印象。あの内容なら昇級を苦にすることはあるまい。息の長い末脚が自慢の馬であり、東京の長い直線と2100mの距離はいかにもピッタリの感。休み明けでも仕上がりはイイと聞いており、ここイキナリから注目できる。

注目ランクB
相沢 厩舎
アイスフォーリス
※東京8-10R・アメジストS・芝2000mに出走予定

昨年のオークス3着以降、やや低迷状態が続いていたが、前走の愛知杯に復調の手応え。その後はこのレースを目標にしていたらしく、放牧でリフレッシュして帰ってきてからの気配も良好とのこと。鞍上・松岡はこの馬にかなり期待しているようで、「今年はこの馬で…」という話を近しい人間にはしているそうだ。今年緒戦、キッチリ決めたい思いは強いと見る。

|

« 東京新聞杯、勝ち馬以上に目を引いたのはアノ馬でしょう。 | トップページ | 次への課題が見つかった共同通信杯 »

次週注目馬速報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1466872/49318763

この記事へのトラックバック一覧です: 2月16・17日の注目馬情報:

« 東京新聞杯、勝ち馬以上に目を引いたのはアノ馬でしょう。 | トップページ | 次への課題が見つかった共同通信杯 »